1
   2
   3
   4
   5
   6
   7
   8
   9
  10
  11
  12
  13
  14
  15
  16
  17
  18
  19
  20
  21
  22
  23
  24
  25
  26
  27
  28
  29
  30
  31
  32
  33
  34
  35
  36
  37
  38
  39
  40
  41
  42
  43
  44
  45
  46
  47
  48
  49
  50
  51
  52
  53
  54
  55
  56
  57
  58
  59
  60
  61
  62
  63
  64
  65
  66
  67
  68
  69
  70
  71
  72
  73
  74
  75
  76
  77
  78
  79
  80
  81
  82
  83
  84
  85
  86
  87
  88
  89
  90
  91
  92
  93
  94
  95
  96
  97
  98
  99
 100
 101
 102
 103
 104
 105
 106
 107
 108
 109
 110
 111
 112
 113
 114
 115
 116
 117
 118
 119
 120
 121
 122
 123
 124
 125
 126
 127
 128
 129
 130
 131
 132
 133
 134
 135
 136
 137
 138
 139
 140
 141
 142
 143
 144
 145
 146
 147
 148
 149
 150
 151
 152
 153
 154
 155
 156
 157
 158
 159
 160
 161
 162
 163
 164
 165
 166
 167
 168
 169
 170
 171
 172
 173
 174
 175
 176
 177
 178
 179
 180
 181
 182
 183
 184
 185
 186
 187
 188
 189
 190
 191
 192
 193
 194
 195
 196
 197
 198
 199
 200
 201
 202
 203
 204
 205
 206
 207
 208
 209
 210
 211
 212
 213
 214
 215
 216
 217
 218
 219
 220
 221
 222
 223
 224
 225
 226
 227
 228
 229
 230
 231
 232
 233
 234
 235
 236
 237
 238
 239
 240
 241
 242
 243
 244
 245
 246
 247
 248
 249
 250
 251
 252
 253
 254
 255
 256
 257
 258
 259
 260
 261
 262
 263
 264
 265
 266
 267
 268
 269
 270
 271
 272
 273
 274
 275
 276
 277
 278
 279
 280
 281
 282
 283
 284
 285
 286
 287
 288
 289
 290
 291
 292
 293
 294
 295
 296
 297
 298
 299
 300
 301
 302
 303
 304
 305
 306
 307
 308
 309
 310
 311
 312
 313
 314
 315
 316
 317
 318
 319
 320
 321
 322
 323
 324
 325
 326
 327
 328
 329
 330
 331
 332
 333
 334
 335
 336
 337
 338
 339
 340
 341
 342
 343
 344
 345
 346
 347
 348
 349
 350
 351
 352
 353
 354
 355
 356
 357
 358
 359
 360
 361
 362
 363
 364
 365
 366
 367
 368
 369
 370
 371
 372
 373
 374
 375
 376
 377
 378
 379
 380
 381
 382
 383
 384
 385
 386
 387
 388
 389
 390
 391
 392
 393
 394
 395
 396
 397
 398
 399
 400
 401
 402
 403
 404
 405
 406
 407
 408
 409
 410
 411
 412
 413
 414
 415
 416
 417
 418
 419
 420
 421
 422
 423
 424
 425
 426
 427
 428
 429
 430
 431
 432
 433
 434
 435
 436
 437
 438
 439
 440
 441
 442
 443
 444
 445
 446
 447
 448
 449
 450
 451
 452
 453
 454
 455
 456
 457
 458
 459
 460
 461
 462
 463
 464
 465
 466
 467
 468
 469
 470
 471
 472
 473
 474
 475
 476
 477
 478
 479
 480
 481
 482
 483
 484
 485
 486
 487
 488
 489
 490
 491
 492
 493
 494
 495
 496
 497
 498
 499
 500
 501
 502
 503
 504
 505
 506
 507
 508
 509
 510
 511
 512
 513
 514
 515
 516
 517
 518
 519
 520
 521
 522
 523
 524
 525
 526
 527
 528
 529
 530
 531
 532
 533
 534
 535
 536
 537
 538
 539
 540
 541
 542
 543
 544
 545
 546
 547
 548
 549
 550
 551
 552
 553
 554
 555
 556
 557
 558
 559
 560
 561
 562
 563
 564
 565
 566
 567
 568
 569
 570
 571
 572
 573
 574
 575
 576
 577
 578
 579
 580
 581
 582
 583
 584
 585
 586
 587
 588
 589
 590
 591
 592
 593
 594
 595
 596
 597
 598
 599
 600
 601
 602
 603
 604
 605
 606
 607
 608
 609
 610
 611
 612
 613
 614
 615
 616
 617
 618
 619
 620
 621
 622
 623
 624
 625
 626
 627
 628
 629
 630
 631
 632
 633
 634
 635
 636
 637
 638
 639
 640
 641
 642
 643
 644
 645
 646
 647
 648
 649
 650
 651
 652
 653
 654
 655
 656
 657
 658
 659
 660
 661
 662
 663
 664
 665
 666
 667
 668
 669
 670
 671
 672
 673
 674
 675
 676
 677
 678
 679
 680
 681
 682
 683
 684
 685
 686
 687
 688
 689
 690
 691
 692
 693
 694
 695
 696
 697
 698
 699
 700
 701
 702
 703
 704
 705
 706
 707
 708
 709
 710
 711
 712
 713
 714
 715
 716
 717
 718
 719
 720
 721
 722
 723
 724
 725
 726
 727
 728
 729
 730
 731
 732
 733
 734
 735
 736
 737
 738
 739
 740
 741
 742
 743
 744
 745
 746
 747
 748
 749
 750
 751
 752
 753
 754
 755
 756
 757
 758
 759
 760
 761
 762
 763
 764
 765
 766
 767
 768
 769
 770
 771
 772
 773
 774
 775
 776
 777
 778
 779
 780
 781
 782
 783
 784
 785
 786
 787
 788
 789
 790
 791
 792
 793
 794
 795
 796
 797
 798
 799
 800
 801
 802
 803
 804
 805
 806
 807
 808
 809
 810
 811
 812
 813
 814
 815
 816
 817
 818
 819
 820
 821
 822
 823
 824
 825
 826
 827
 828
 829
 830
 831
 832
 833
 834
 835
 836
 837
 838
 839
 840
 841
 842
 843
 844
 845
 846
 847
 848
 849
 850
 851
 852
 853
 854
 855
 856
 857
 858
 859
 860
 861
 862
 863
 864
 865
 866
 867
 868
 869
 870
 871
 872
 873
 874
 875
 876
 877
 878
 879
 880
 881
 882
 883
 884
 885
 886
 887
 888
 889
 890
 891
 892
 893
 894
 895
 896
 897
 898
 899
 900
 901
 902
 903
 904
 905
 906
 907
 908
 909
 910
 911
 912
 913
 914
 915
 916
 917
 918
 919
 920
 921
 922
 923
 924
 925
 926
 927
 928
 929
 930
 931
 932
 933
 934
 935
 936
 937
 938
 939
 940
 941
 942
 943
 944
 945
 946
 947
 948
 949
 950
 951
 952
 953
 954
 955
 956
 957
 958
 959
 960
 961
 962
 963
 964
 965
 966
 967
 968
 969
 970
 971
 972
 973
 974
 975
 976
 977
 978
 979
 980
 981
 982
 983
 984
 985
 986
 987
 988
 989
 990
 991
 992
 993
 994
 995
 996
 997
 998
 999
1000
1001
1002
1003
1004
1005
1006
1007
1008
1009
1010
1011
1012
1013
1014
1015
1016
1017
1018
1019
1020
1021
1022
1023
1024
1025
1026
1027
1028
1029
1030
1031
1032
1033
1034
1035
1036
1037
1038
1039
1040
1041
1042
1043
1044
1045
1046
1047
1048
1049
1050
1051
1052
1053
1054
1055
1056
1057
1058
1059
1060
1061
1062
1063
1064
1065
1066
1067
1068
1069
1070
1071
1072
1073
1074
1075
1076
1077
1078
1079
1080
1081
1082
1083
1084
1085
1086
1087
1088
1089
1090
1091
1092
1093
1094
1095
1096
1097
1098
1099
1100
1101
1102
1103
1104
1105
1106
1107
1108
1109
1110
1111
1112
1113
1114
1115
1116
1117
1118
1119
1120
1121
1122
1123
1124
1125
1126
1127
1128
1129
1130
1131
1132
1133
1134
1135
1136
1137
1138
1139
1140
1141
1142
1143
1144
1145
1146
1147
1148
1149
1150
1151
1152
1153
1154
1155
1156
1157
1158
1159
1160
1161
1162
1163
1164
1165
1166
1167
1168
1169
1170
1171
1172
1173
1174
1175
1176
1177
1178
1179
1180
1181
1182
1183
1184
1185
1186
1187
1188
1189
1190
1191
1192
1193
1194
1195
1196
1197
1198
1199
1200
1201
1202
1203
1204
1205
1206
1207
1208
1209
1210
1211
1212
1213
1214
1215
1216
1217
1218
1219
1220
1221
1222
1223
1224
1225
1226
1227
1228
1229
1230
1231
1232
1233
1234
1235
1236
1237
1238
1239
1240
1241
1242
1243
1244
1245
1246
1247
1248
1249
1250
1251
1252
1253
1254
1255
1256
1257
1258
1259
1260
1261
1262
1263
1264
1265
1266
1267
1268
1269
1270
1271
1272
1273
1274
1275
1276
1277
1278
1279
1280
1281
1282
1283
1284
1285
1286
1287
1288
1289
1290
1291
1292
1293
1294
1295
1296
1297
1298
1299
1300
1301
1302
1303
1304
1305
1306
1307
1308
1309
1310
1311
1312
1313
1314
1315
1316
1317
1318
1319
1320
1321
1322
1323
1324
1325
1326
1327
1328
1329
1330
1331
1332
1333
1334
1335
1336
1337
1338
1339
1340
1341
1342
1343
1344
1345
1346
1347
1348
1349
1350
1351
1352
1353
1354
1355
1356
1357
1358
1359
1360
1361
1362
1363
1364
1365
1366
1367
1368
1369
1370
1371
1372
1373
1374
1375
1376
1377
1378
1379
1380
1381
1382
1383
1384
1385
1386
1387
1388
1389
1390
1391
1392
1393
1394
1395
1396
1397
1398
1399
1400
1401
1402
1403
1404
1405
1406
1407
1408
1409
1410
1411
1412
1413
1414
1415
1416
1417
1418
1419
1420
1421
1422
1423
1424
1425
1426
1427
1428
1429
1430
1431
1432
1433
1434
1435
1436
1437
1438
1439
1440
1441
1442
1443
1444
1445
1446
1447
1448
1449
1450
1451
1452
1453
1454
1455
1456
1457
1458
1459
1460
1461
1462
1463
1464
1465
1466
1467
1468
1469
1470
1471
1472
1473
1474
1475
1476
1477
1478
1479
1480
1481
1482
1483
1484
1485
1486
1487
1488
1489
1490
1491
1492
1493
1494
1495
1496
1497
1498
1499
1500
1501
1502
1503
1504
1505
1506
1507
1508
1509
1510
1511
1512
1513
1514
1515
1516
1517
1518
1519
1520
1521
1522
1523
1524
1525
1526
1527
1528
1529
1530
1531
1532
1533
1534
1535
1536
1537
1538
1539
1540
1541
1542
1543
1544
1545
1546
1547
1548
1549
1550
1551
1552
1553
1554
1555
1556
1557
1558
1559
1560
1561
1562
1563
1564
1565
1566
1567
1568
1569
1570
1571
1572
1573
1574
1575
1576
1577
1578
1579
1580
1581
1582
1583
1584
1585
1586
1587
1588
1589
1590
1591
1592
1593
1594
1595
1596
1597
1598
1599
1600
1601
1602
1603
1604
1605
1606
1607
1608
1609
1610
1611
1612
1613
1614
1615
1616
1617
1618
1619
1620
1621
1622
1623
1624
1625
1626
1627
1628
1629
1630
1631
1632
1633
1634
1635
1636
1637
1638
1639
1640
1641
1642
1643
1644
1645
1646
1647
1648
1649
1650
1651
1652
1653
1654
1655
1656
1657
1658
1659
1660
1661
1662
1663
1664
1665
1666
1667
1668
1669
1670
1671
1672
1673
1674
1675
1676
1677
1678
1679
1680
1681
1682
1683
1684
1685
1686
1687
1688
1689
1690
1691
1692
1693
1694
1695
1696
1697
1698
1699
1700
1701
1702
1703
1704
1705
1706
1707
1708
1709
1710
1711
1712
1713
1714
1715
1716
1717
1718
1719
1720
1721
1722
1723
1724
1725
1726
1727
1728
1729
1730
1731
1732
1733
1734
1735
1736
1737
1738
1739
1740
1741
1742
1743
1744
1745
1746
1747
1748
1749
1750
1751
1752
1753
1754
1755
1756
1757
1758
1759
1760
1761
1762
1763
1764
1765
1766
1767
1768
1769
1770
1771
1772
1773
1774
1775
1776
1777
1778
1779
1780
1781
1782
1783
1784
1785
1786
1787
1788
1789
1790
1791
1792
1793
1794
1795
1796
1797
1798
1799
1800
1801
1802
1803
1804
1805
1806
1807
1808
1809
1810
1811
1812
1813
1814
1815
1816
1817
1818
1819
1820
1821
1822
1823
1824
1825
1826
1827
1828
1829
1830
1831
1832
1833
1834
1835
1836
1837
1838
1839
1840
1841
1842
1843
1844
1845
1846
1847
1848
1849
1850
1851
1852
1853
1854
1855
1856
1857
1858
1859
1860
1861
1862
1863
1864
1865
1866
1867
1868
1869
1870
1871
1872
1873
1874
1875
1876
1877
1878
1879
1880
1881
1882
1883
1884
1885
1886
1887
1888
1889
1890
1891
1892
1893
1894
1895
1896
1897
1898
1899
1900
1901
1902
1903
1904
1905
1906
1907
1908
1909
1910
1911
1912
1913
1914
1915
1916
1917
1918
1919
1920
1921
1922
1923
1924
1925
1926
1927
1928
1929
1930
1931
1932
1933
1934
1935
1936
1937
1938
1939
1940
1941
1942
1943
1944
1945
1946
1947
1948
1949
1950
1951
1952
1953
1954
1955
1956
1957
1958
1959
1960
1961
1962
1963
1964
1965
1966
1967
1968
1969
1970
1971
1972
1973
1974
1975
1976
1977
1978
1979
1980
1981
1982
1983
1984
1985
1986
1987
1988
1989
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022
2023
2024
2025
2026
2027
2028
2029
2030
2031
2032
2033
2034
2035
2036
2037
2038
2039
2040
2041
2042
2043
2044
2045
2046
2047
2048
2049
2050
2051
2052
2053
2054
2055
2056
2057
2058
2059
2060
2061
2062
2063
2064
2065
2066
2067
2068
2069
2070
2071
2072
2073
2074
2075
2076
2077
2078
2079
2080
2081
2082
2083
2084
2085
2086
2087
2088
2089
2090
2091
2092
2093
2094
2095
2096
2097
2098
2099
2100
2101
2102
2103
2104
2105
2106
2107
2108
2109
2110
2111
2112
2113
2114
2115
2116
2117
2118
2119
2120
2121
2122
2123
2124
2125
2126
2127
2128
2129
2130
2131
2132
2133
2134
2135
2136
2137
2138
2139
2140
2141
2142
2143
2144
2145
2146
2147
2148
2149
2150
2151
2152
2153
2154
2155
2156
2157
2158
2159
2160
2161
2162
2163
2164
2165
2166
2167
2168
2169
2170
2171
2172
2173
2174
2175
2176
2177
2178
2179
2180
2181
2182
2183
2184
2185
2186
2187
2188
2189
2190
2191
2192
2193
2194
2195
2196
2197
2198
2199
2200
2201
2202
2203
2204
2205
2206
2207
2208
2209
2210
2211
2212
2213
2214
2215
2216
2217
2218
2219
2220
2221
2222
2223
2224
2225
2226
2227
2228
2229
2230
2231
2232
2233
2234
2235
2236
2237
2238
2239
2240
2241
2242
2243
2244
2245
2246
2247
2248
2249
2250
2251
2252
2253
2254
2255
2256
2257
2258
2259
2260
2261
2262
2263
2264
2265
2266
2267
2268
2269
2270
2271
2272
2273
2274
2275
2276
2277
2278
2279
2280
2281
2282
2283
2284
2285
2286
2287
2288
2289
2290
2291
2292
2293
2294
2295
2296
2297
2298
2299
2300
2301
2302
2303
2304
2305
2306
2307
2308
2309
2310
2311
2312
2313
2314
2315
2316
2317
2318
2319
2320
2321
2322
2323
2324
2325
2326
2327
2328
2329
2330
2331
2332
2333
2334
2335
2336
2337
2338
2339
2340
2341
2342
2343
2344
2345
2346
2347
2348
2349
2350
2351
2352
2353
2354
2355
2356
2357
2358
2359
2360
2361
2362
2363
2364
2365
2366
2367
2368
2369
2370
2371
2372
2373
2374
2375
2376
2377
2378
2379
2380
2381
2382
2383
2384
2385
2386
2387
2388
2389
2390
2391
2392
2393
2394
2395
2396
2397
2398
2399
2400
2401
2402
2403
2404
2405
2406
2407
2408
2409
2410
2411
2412
2413
2414
2415
2416
2417
2418
2419
2420
2421
2422
2423
2424
2425
2426
2427
2428
2429
2430
2431
2432
2433
2434
2435
2436
2437
2438
2439
2440
2441
2442
2443
2444
2445
2446
2447
2448
2449
2450
2451
2452
2453
2454
2455
2456
2457
2458
2459
2460
2461
2462
2463
2464
2465
2466
2467
2468
2469
2470
2471
2472
2473
2474
2475
2476
2477
2478
2479
2480
2481
2482
2483
2484
2485
2486
2487
2488
2489
2490
2491
2492
2493
2494
2495
2496
2497
2498
2499
2500
2501
2502
2503
2504
2505
2506
2507
2508
2509
2510
2511
2512
2513
2514
2515
2516
2517
2518
2519
2520
2521
2522
2523
2524
2525
2526
2527
2528
2529
2530
2531
2532
2533
2534
2535
2536
2537
2538
2539
2540
2541
2542
2543
2544
2545
2546
2547
2548
2549
2550
2551
2552
2553
2554
2555
2556
2557
2558
2559
2560
2561
2562
2563
2564
2565
2566
2567
2568
2569
2570
2571
2572
2573
2574
2575
2576
2577
2578
2579
2580
2581
2582
2583
2584
2585
2586
2587
2588
2589
2590
2591
2592
2593
2594
2595
2596
2597
2598
2599
2600
2601
2602
2603
2604
2605
2606
2607
2608
2609
2610
2611
2612
2613
2614
2615
2616
2617
2618
2619
2620
2621
2622
2623
2624
2625
2626
2627
2628
2629
2630
2631
2632
2633
2634
2635
2636
2637
2638
2639
2640
2641
2642
2643
2644
2645
2646
2647
2648
2649
2650
2651
2652
2653
2654
2655
2656
2657
2658
2659
2660
2661
2662
2663
2664
2665
2666
2667
2668
2669
2670
2671
2672
2673
2674
2675
2676
2677
2678
2679
2680
2681
2682
2683
2684
2685
2686
2687
2688
2689
2690
2691
2692
2693
2694
2695
2696
2697
2698
2699
2700
2701
2702
2703
2704
2705
2706
2707
2708
2709
2710
2711
2712
2713
2714
2715
2716
2717
2718
2719
2720
2721
2722
2723
2724
2725
2726
2727
2728
2729
2730
2731
2732
2733
2734
2735
2736
2737
2738
2739
2740
2741
2742
2743
2744
2745
2746
2747
2748
2749
2750
2751
2752
2753
2754
2755
2756
2757
2758
2759
2760
2761
2762
2763
2764
2765
2766
2767
2768
2769
2770
2771
2772
2773
2774
2775
2776
2777
2778
2779
2780
2781
2782
2783
2784
2785
2786
2787
2788
2789
2790
2791
2792
2793
2794
2795
2796
2797
2798
2799
2800
2801
2802
2803
2804
2805
2806
2807
2808
2809
2810
2811
2812
2813
2814
2815
2816
2817
2818
2819
2820
2821
2822
2823
2824
2825
2826
2827
2828
2829
2830
2831
2832
2833
2834
2835
2836
2837
2838
2839
2840
2841
2842
2843
2844
2845
2846
2847
2848
2849
2850
2851
2852
2853
2854
2855
2856
2857
2858
2859
2860
2861
2862
2863
2864
2865
2866
2867
2868
2869
2870
2871
2872
2873
2874
2875
2876
2877
2878
2879
2880
2881
2882
2883
2884
2885
2886
2887
2888
2889
2890
2891
2892
2893
2894
2895
2896
2897
2898
2899
2900
2901
2902
2903
2904
2905
2906
2907
2908
2909
2910
2911
2912
2913
2914
2915
2916
2917
2918
2919
2920
2921
2922
2923
2924
2925
2926
2927
2928
2929
2930
2931
2932
2933
2934
2935
2936
2937
2938
2939
2940
2941
2942
2943
2944
2945
2946
2947
2948
2949
2950
2951
2952
2953
2954
2955
2956
2957
2958
2959
2960
2961
2962
2963
2964
2965
2966
2967
2968
2969
2970
2971
2972
2973
2974
2975
2976
2977
2978
2979
2980
2981
2982
2983
2984
2985
2986
2987
2988
2989
2990
2991
2992
2993
2994
2995
2996
2997
2998
2999
3000
3001
3002
3003
3004
3005
3006
3007
3008
3009
3010
3011
3012
3013
3014
3015
3016
3017
3018
3019
3020
3021
3022
3023
3024
3025
3026
3027
3028
3029
3030
3031
3032
3033
3034
3035
3036
3037
3038
3039
3040
3041
3042
3043
3044
3045
3046
3047
3048
3049
3050
3051
3052
3053
3054
3055
3056
3057
3058
3059
3060
3061
3062
3063
3064
3065
3066
3067
3068
3069
3070
3071
3072
3073
3074
3075
3076
3077
3078
3079
3080
3081
3082
3083
3084
3085
3086
3087
3088
3089
3090
3091
3092
3093
3094
3095
3096
3097
3098
3099
3100
3101
3102
3103
3104
3105
3106
3107
3108
3109
3110
3111
3112
3113
3114
3115
3116
3117
3118
3119
3120
3121
3122
3123
3124
3125
3126
3127
3128
3129
3130
3131
3132
3133
3134
3135
3136
3137
3138
3139
3140
3141
3142
3143
3144
3145
3146
3147
3148
3149
3150
3151
3152
3153
3154
3155
3156
3157
3158
3159
3160
3161
3162
3163
3164
3165
3166
3167
3168
3169
3170
3171
3172
3173
3174
3175
3176
3177
3178
3179
3180
3181
3182
3183
3184
3185
3186
3187
3188
3189
3190
3191
3192
3193
3194
3195
3196
3197
3198
3199
3200
3201
3202
3203
3204
3205
3206
3207
3208
3209
3210
3211
3212
3213
3214
3215
3216
3217
3218
3219
3220
3221
3222
3223
3224
3225
3226
3227
3228
3229
3230
3231
3232
3233
3234
3235
3236
3237
3238
3239
3240
3241
3242
3243
3244
3245
3246
3247
3248
3249
3250
3251
3252
3253
3254
3255
3256
3257
3258
3259
3260
3261
3262
3263
3264
3265
3266
3267
3268
3269
3270
3271
3272
3273
3274
3275
3276
3277
3278
3279
3280
3281
3282
3283
3284
3285
3286
3287
3288
3289
3290
3291
3292
3293
3294
3295
3296
3297
3298
3299
3300
3301
3302
3303
3304
3305
3306
3307
3308
3309
3310
3311
3312
3313
3314
3315
3316
3317
3318
3319
3320
3321
3322
3323
3324
3325
3326
3327
3328
3329
3330
3331
3332
3333
3334
3335
3336
3337
3338
3339
3340
3341
3342
3343
3344
3345
3346
3347
3348
3349
3350
3351
3352
3353
3354
3355
3356
3357
3358
3359
3360
3361
3362
3363
3364
3365
3366
3367
3368
3369
3370
3371
3372
3373
3374
3375
3376
3377
3378
3379
3380
3381
3382
3383
3384
3385
3386
3387
3388
3389
3390
3391
3392
3393
3394
3395
3396
3397
3398
3399
3400
3401
3402
3403
3404
3405
3406
3407
3408
3409
3410
3411
3412
3413
3414
3415
3416
3417
3418
3419
3420
3421
3422
3423
3424
3425
3426
3427
3428
3429
3430
3431
3432
3433
3434
3435
3436
3437
3438
3439
3440
3441
3442
3443
3444
3445
3446
3447
3448
3449
3450
3451
3452
3453
3454
3455
3456
3457
3458
3459
3460
3461
3462
3463
3464
3465
3466
3467
3468
3469
3470
3471
3472
3473
3474
3475
3476
3477
3478
3479
3480
3481
3482
3483
3484
3485
3486
3487
3488
3489
3490
3491
3492
3493
3494
3495
3496
3497
3498
3499
3500
3501
3502
3503
3504
3505
3506
3507
3508
3509
3510
3511
3512
3513
3514
3515
3516
3517
3518
3519
3520
3521
3522
3523
3524
3525
3526
3527
3528
3529
3530
3531
3532
3533
3534
3535
3536
3537
3538
3539
3540
3541
3542
3543
3544
3545
3546
3547
3548
3549
3550
3551
3552
3553
3554
3555
3556
3557
3558
3559
3560
3561
3562
3563
3564
3565
3566
3567
3568
3569
3570
3571
3572
3573
3574
3575
3576
3577
3578
3579
3580
3581
3582
3583
3584
3585
3586
3587
3588
3589
3590
3591
3592
3593
3594
3595
3596
3597
3598
3599
3600
3601
3602
3603
3604
3605
3606
3607
3608
3609
3610
3611
3612
3613
3614
3615
3616
3617
3618
3619
3620
3621
3622
3623
3624
3625
3626
3627
3628
3629
3630
3631
3632
3633
3634
3635
3636
3637
3638
3639
3640
3641
3642
3643
3644
3645
3646
3647
3648
3649
3650
3651
3652
3653
3654
3655
3656
3657
3658
3659
3660
3661
3662
3663
3664
3665
3666
3667
3668
3669
3670
3671
3672
3673
3674
3675
3676
3677
3678
3679
3680
3681
3682
3683
3684
3685
3686
3687
3688
3689
3690
3691
3692
3693
3694
3695
3696
3697
3698
3699
3700
3701
3702
3703
3704
3705
3706
3707
3708
3709
3710
3711
3712
3713
3714
3715
3716
3717
3718
3719
3720
3721
3722
3723
3724
3725
3726
3727
3728
3729
3730
3731
3732
3733
3734
3735
3736
3737
3738
3739
3740
3741
3742
3743
3744
3745
3746
3747
3748
3749
3750
3751
3752
3753
3754
3755
3756
3757
3758
3759
3760
3761
3762
3763
3764
3765
3766
3767
3768
3769
3770
3771
3772
3773
3774
3775
3776
3777
3778
3779
3780
3781
3782
3783
3784
3785
3786
3787
3788
3789
3790
3791
3792
3793
3794
3795
3796
3797
3798
3799
3800
3801
3802
3803
3804
3805
3806
3807
3808
3809
3810
3811
3812
3813
3814
3815
3816
3817
3818
3819
3820
3821
3822
3823
3824
3825
3826
3827
3828
3829
3830
3831
3832
3833
3834
3835
3836
3837
3838
3839
3840
3841
3842
3843
3844
3845
3846
3847
3848
3849
3850
3851
3852
3853
3854
3855
3856
3857
3858
3859
3860
3861
3862
3863
3864
3865
3866
3867
3868
3869
3870
3871
3872
3873
3874
3875
3876
3877
3878
3879
3880
3881
3882
3883
3884
3885
3886
3887
3888
3889
3890
3891
3892
3893
3894
3895
3896
3897
3898
3899
3900
3901
3902
3903
3904
3905
3906
3907
3908
3909
3910
3911
3912
3913
3914
3915
3916
3917
3918
3919
3920
3921
3922
3923
3924
3925
3926
3927
3928
3929
3930
3931
3932
3933
3934
3935
3936
3937
3938
3939
3940
3941
3942
3943
3944
3945
3946
3947
3948
3949
3950
3951
3952
3953
3954
3955
3956
3957
3958
3959
3960
3961
3962
3963
3964
3965
3966
3967
3968
3969
3970
3971
3972
3973
3974
3975
3976
3977
3978
3979
3980
3981
3982
3983
3984
3985
3986
3987
3988
3989
3990
3991
3992
3993
3994
3995
3996
3997
3998
3999
4000
4001
4002
4003
4004
4005
4006
4007
4008
4009
4010
4011
4012
4013
4014
4015
4016
4017
4018
4019
4020
4021
4022
4023
4024
4025
4026
4027
4028
4029
4030
4031
4032
4033
4034
4035
4036
4037
4038
4039
4040
4041
4042
4043
4044
4045
4046
4047
4048
4049
4050
4051
4052
4053
4054
4055
4056
4057
4058
4059
4060
4061
4062
4063
4064
4065
4066
4067
4068
4069
4070
4071
4072
4073
4074
4075
4076
4077
4078
4079
4080
4081
4082
4083
4084
4085
4086
4087
4088
4089
4090
4091
4092
4093
4094
4095
4096
4097
4098
4099
4100
4101
4102
4103
4104
4105
4106
4107
4108
4109
4110
4111
4112
4113
4114
4115
4116
4117
4118
4119
4120
4121
4122
4123
4124
4125
4126
4127
4128
4129
4130
4131
4132
4133
4134
4135
4136
4137
4138
4139
4140
4141
4142
4143
4144
4145
4146
4147
4148
4149
4150
4151
4152
4153
4154
4155
4156
4157
4158
4159
4160
4161
4162
4163
4164
4165
4166
4167
4168
4169
4170
4171
4172
4173
4174
4175
4176
4177
4178
4179
4180
4181
4182
4183
4184
4185
4186
4187
4188
4189
4190
4191
4192
4193
4194
4195
4196
4197
4198
4199
4200
4201
4202
4203
4204
4205
4206
4207
4208
4209
4210
4211
4212
4213
4214
4215
4216
4217
4218
4219
4220
4221
4222
4223
4224
4225
4226
4227
4228
4229
4230
4231
4232
4233
4234
4235
4236
4237
4238
4239
4240
4241
4242
4243
4244
4245
4246
4247
4248
4249
4250
4251
4252
4253
4254
4255
4256
4257
4258
4259
4260
4261
4262
4263
4264
4265
4266
4267
4268
4269
4270
4271
4272
4273
4274
4275
4276
4277
4278
4279
4280
4281
4282
4283
4284
4285
4286
4287
4288
4289
4290
4291
4292
4293
4294
4295
4296
4297
4298
4299
4300
4301
4302
4303
4304
4305
4306
4307
4308
4309
4310
4311
4312
4313
4314
4315
4316
4317
4318
4319
4320
4321
4322
4323
4324
4325
4326
4327
4328
4329
4330
4331
4332
4333
4334
4335
4336
4337
4338
4339
4340
4341
4342
4343
4344
4345
4346
4347
4348
4349
4350
4351
4352
4353
4354
4355
4356
4357
4358
4359
4360
4361
4362
4363
4364
4365
4366
4367
4368
4369
4370
4371
4372
4373
4374
4375
4376
4377
4378
4379
4380
4381
4382
4383
4384
4385
4386
4387
4388
4389
4390
4391
4392
4393
4394
4395
4396
4397
4398
4399
4400
4401
4402
4403
4404
4405
4406
4407
4408
4409
4410
4411
4412
4413
4414
4415
4416
4417
4418
4419
4420
4421
4422
4423
4424
4425
4426
4427
4428
4429
4430
4431
4432
4433
4434
4435
4436
4437
4438
4439
4440
4441
4442
4443
4444
4445
4446
4447
4448
4449
4450
4451
4452
4453
4454
4455
4456
4457
4458
4459
4460
4461
4462
4463
4464
4465
4466
4467
4468
4469
4470
4471
4472
4473
4474
4475
4476
4477
4478
4479
4480
4481
4482
4483
4484
4485
4486
4487
4488
4489
4490
4491
4492
4493
4494
4495
4496
4497
4498
4499
4500
4501
4502
4503
4504
4505
4506
4507
4508
4509
4510
4511
4512
4513
4514
4515
4516
4517
4518
4519
4520
4521
4522
4523
4524
4525
4526
4527
4528
4529
4530
4531
4532
4533
4534
4535
4536
4537
4538
4539
4540
4541
4542
4543
4544
4545
4546
4547
4548
4549
4550
4551
4552
4553
4554
4555
4556
4557
4558
4559
4560
4561
4562
4563
4564
4565
4566
4567
4568
4569
4570
4571
4572
4573
4574
4575
4576
4577
4578
4579
4580
4581
4582
4583
4584
4585
4586
4587
4588
4589
4590
4591
4592
4593
4594
4595
4596
4597
4598
4599
4600
4601
4602
4603
4604
4605
4606
4607
4608
4609
4610
4611
4612
4613
4614
4615
4616
4617
4618
4619
4620
4621
4622
4623
4624
4625
4626
4627
4628
4629
4630
4631
4632
4633
4634
4635
4636
4637
4638
4639
4640
4641
4642
4643
4644
4645
4646
4647
4648
4649
4650
4651
4652
4653
4654
4655
4656
4657
4658
4659
4660
4661
4662
4663
4664
4665
4666
4667
4668
4669
4670
4671
4672
4673
4674
4675
4676
4677
4678
4679
4680
4681
4682
4683
4684
4685
4686
4687
4688
4689
4690
4691
4692
4693
4694
4695
4696
4697
4698
4699
4700
4701
4702
4703
4704
4705
4706
4707
4708
4709
4710
4711
4712
4713
4714
4715
4716
4717
4718
4719
4720
4721
4722
4723
4724
4725
4726
4727
4728
4729
4730
4731
4732
4733
4734
4735
4736
4737
4738
4739
4740
4741
4742
4743
4744
4745
4746
4747
4748
4749
4750
4751
4752
4753
4754
4755
4756
4757
4758
4759
4760
4761
4762
4763
4764
4765
4766
4767
4768
4769
4770
4771
4772
4773
4774
4775
4776
4777
4778
4779
4780
4781
4782
4783
4784
4785
4786
4787
4788
4789
4790
4791
4792
4793
4794
4795
4796
4797
4798
4799
4800
4801
4802
4803
4804
4805
4806
4807
4808
4809
4810
4811
4812
4813
4814
4815
4816
4817
4818
4819
4820
4821
4822
4823
4824
4825
4826
4827
4828
4829
4830
4831
4832
4833
4834
4835
4836
4837
4838
4839
4840
4841
4842
4843
4844
4845
4846
4847
4848
4849
4850
4851
4852
4853
4854
4855
4856
4857
4858
4859
4860
4861
4862
4863
4864
4865
4866
4867
4868
4869
4870
4871
4872
4873
4874
1
00:00:00,000 --> 00:00:00,940

2
00:00:00,940 --> 00:00:05,440
>> [音楽再生]

3
00:00:05,440 --> 00:00:11,577

4
00:00:11,577 --> 00:00:12,660
DAVID J.マラン:すべての権利。

5
00:00:12,660 --> 00:00:15,590
これはCS50であり、この
週2の開始である。

6
00:00:15,590 --> 00:00:19,120
だから、私たちはバグで今日から始めましょう。

7
00:00:19,120 --> 00:00:20,974
バグは、もちろん、aは
プログラムの誤り、

8
00:00:20,974 --> 00:00:22,890
そしてあなたは非常に買ってあげる
この概念に精通している

9
00:00:22,890 --> 00:00:26,050
あなたがプログラムされたことがない場合は、
前。 PSET0そして今PSET1。

10
00:00:26,050 --> 00:00:29,280
しかし、ここで何かを考えてみましょう
最初は少しシンプル。

11
00:00:29,280 --> 00:00:32,189
ここで、このプログラムはそのI
事前に一緒に投げた、

12
00:00:32,189 --> 00:00:37,280
そして私は、これは印刷する必要があると主張
printfのを使用して画面上の10星、

13
00:00:37,280 --> 00:00:41,020
それは、明らかに何らかの方法でバギーだ。

14
00:00:41,020 --> 00:00:45,370
>> その仕様を考えると、その
それは10星を印刷する必要があり、

15
00:00:45,370 --> 00:00:50,230
それは何を、明らかにしません
バグは、あなたが主張するだろうか?

16
00:00:50,230 --> 00:00:52,004
うん?

17
00:00:52,004 --> 00:00:54,420
だから、1のエラーではオフですが、
そしてあなたはそのことで何を意味するのですか?

18
00:00:54,420 --> 00:01:00,991

19
00:01:00,991 --> 00:01:01,490
[OK]をクリックします。

20
00:01:01,490 --> 00:01:09,820

21
00:01:09,820 --> 00:01:10,410
優秀。

22
00:01:10,410 --> 00:01:13,930
そこで、指定した
私のためにゼロの値を開始し、

23
00:01:13,930 --> 00:01:18,399
私たちは、10のnの値を指定した
私たちは以下に等しいを使用しました。

24
00:01:18,399 --> 00:01:21,190
このことの理由は2である
文字だけではなく、一つのシンボル、

25
00:01:21,190 --> 00:01:22,630
数学の本と同様に、
あなたが持っていないということです

26
00:01:22,630 --> 00:01:24,880
表現する手段
1文字に相当。

27
00:01:24,880 --> 00:01:28,450
>> だから、より少ないことを意味するが、
あなたはゼロからカウントを開始した場合、

28
00:01:28,450 --> 00:01:31,690
しかし、あなたはすべての道を数える
10に至るまでと同じ、

29
00:01:31,690 --> 00:01:34,170
あなたがしようとして当然のことだ
全部で11ものを数える。

30
00:01:34,170 --> 00:01:35,900
だからあなたは11つ星を印刷しようとしている。

31
00:01:35,900 --> 00:01:37,990
それでは、このための修正でしょうか?

32
00:01:37,990 --> 00:01:39,970
うん?

33
00:01:39,970 --> 00:01:43,980
>> だから未満に調整
または単に未満であると等しく、

34
00:01:43,980 --> 00:01:46,250
そしておそらく、私が主張する、あります
あまりにも別のソリューション、。

35
00:01:46,250 --> 00:01:47,210
他には何をするのでしょうか?

36
00:01:47,210 --> 00:01:48,590
うん?

37
00:01:48,590 --> 00:01:53,660
>> だから、これを1に等しい開始し、
以下に等しいままにしておきます。

38
00:01:53,660 --> 00:01:56,187
そして、率直に言って、私は主張だろう
その、典型的な人間のために、

39
00:01:56,187 --> 00:01:57,770
これはおそらく、より簡単です。

40
00:01:57,770 --> 00:02:00,280
1からカウントを開始し、
10をカウントアップ。

41
00:02:00,280 --> 00:02:01,690
基本的に何を意味いたします。

42
00:02:01,690 --> 00:02:04,010
>> しかし、現実はである
プログラミング、私たちが見てきたように、

43
00:02:04,010 --> 00:02:07,598
コンピュータ科学者やプログラマー
一般的にはゼロからカウントを開始します。

44
00:02:07,598 --> 00:02:09,389
だからそれは、かつていいのよ
あなたはそれに慣れる。

45
00:02:09,389 --> 00:02:12,640
あなたの条件は一般的になります
未満のようなものになる。

46
00:02:12,640 --> 00:02:14,910
だから、単に論理的
エラー私たちが今できること

47
00:02:14,910 --> 00:02:17,990
修正し、最終的には再コンパイル
このわずか10を得る。

48
00:02:17,990 --> 00:02:19,610
>> さてどのようにここでは、このバグはどうですか?

49
00:02:19,610 --> 00:02:24,200
ここで、再び、私は私が持っていると主張している
10 stars--を印刷することを目標

50
00:02:24,200 --> 00:02:28,140
1行に1つずつ、今回が、それはしません。

51
00:02:28,140 --> 00:02:30,940
私たちは何を提案する前に、
修正は、これを何、である

52
00:02:30,940 --> 00:02:34,640
私がコンパイルした場合、視覚的に印刷する
あなたがこのプログラムを実行すると思いますか?

53
00:02:34,640 --> 00:02:35,140
うん?

54
00:02:35,140 --> 00:02:38,360

55
00:02:38,360 --> 00:02:38,860
>> スター。

56
00:02:38,860 --> 00:02:41,690
上のだからすべての星
同じ行は、私が聞いたものである、

57
00:02:41,690 --> 00:02:43,391
した後、改行文字。

58
00:02:43,391 --> 00:02:44,140
それでは、それを試してみましょう。

59
00:02:44,140 --> 00:02:48,710
だからバギー-1は、入射させる、
と私は打ち鳴らすコマンドを参照してください

60
00:02:48,710 --> 00:02:50,090
私たちは前回の話という。

61
00:02:50,090 --> 00:02:55,180
./buggy-1、そして実際に私はすべての10星を見る
私が主張するにもかかわらず、同じ行に

62
00:02:55,180 --> 00:02:58,690
私の仕様では単にコメント頂上
私は1つあたりを行うことを意図したコード

63
00:02:58,690 --> 00:02:59,230
ライン。

64
00:02:59,230 --> 00:03:00,580
しかし、これは右に見えます。

65
00:03:00,580 --> 00:03:04,620
>> 私はのように今、15行目に見える
スターを印刷し、その後、16行目

66
00:03:04,620 --> 00:03:06,620
私は印刷だように見えます
改行文字、

67
00:03:06,620 --> 00:03:09,560
彼らは両方ともそのように字下げしています
私ははっきりループの内側にね。

68
00:03:09,560 --> 00:03:13,610
だから私は、新しい星を、やってはいけません
ライン、スター、新ライン、スター、新ライン?

69
00:03:13,610 --> 00:03:14,110
はい?

70
00:03:14,110 --> 00:03:18,430

71
00:03:18,430 --> 00:03:21,240
>> のような言語とは異なり、うん
Pythonで、あなたが精通している場合には、

72
00:03:21,240 --> 00:03:23,540
インデントにはありません
コンピュータには関係。

73
00:03:23,540 --> 00:03:25,280
それは、人間だけに問題になります。

74
00:03:25,280 --> 00:03:29,860
だからここのに対し、私はラインを発明しました
15と美しく見える16--、

75
00:03:29,860 --> 00:03:31,330
しかしコンピュータは気にしません。

76
00:03:31,330 --> 00:03:34,640
コンピュータが気に
実際に中括弧を持つ

77
00:03:34,640 --> 00:03:36,310
これらのコード行の周り。

78
00:03:36,310 --> 00:03:39,520
>> ように、それだけのようclear--だ
Scratch--コードの2行、その

79
00:03:39,520 --> 00:03:40,450
実行する必要があります。

80
00:03:40,450 --> 00:03:44,390
これらの黄色のスクラッチパズルのような
ピース何度も何度も何度も。

81
00:03:44,390 --> 00:03:50,920
>> 私があればだから今、これを再実行
program-- ./buggy-2  - フム。

82
00:03:50,920 --> 00:03:51,770
私は今、エラーが発生している。

83
00:03:51,770 --> 00:03:54,212
私は何をするのを忘れたのか?

84
00:03:54,212 --> 00:03:55,420
ええ、私はそれをコンパイルしませんでした。

85
00:03:55,420 --> 00:03:56,740
だからバギー-2にする。

86
00:03:56,740 --> 00:03:59,840
そのようなファイル私はしませんでしたので、
実際に第二のバージョンをコンパイル。

87
00:03:59,840 --> 00:04:04,860
だから今面白い
宣言されていないvariable--ません2。

88
00:04:04,860 --> 00:04:05,510
私たちは、1をやっている。

89
00:04:05,510 --> 00:04:11,050
今バギー-1-- ./buggy-1--を作成し、
それらのそれぞれが同一線上にある。

90
00:04:11,050 --> 00:04:13,880
>> 今は例外があります
私のこの想定主張

91
00:04:13,880 --> 00:04:15,520
というあなたは、これらの中括弧が必要です。

92
00:04:15,520 --> 00:04:20,160
ときにあなたがしている場合は、それが実際にOK--です
セクションまたはtextbooks--に気づいた

93
00:04:20,160 --> 00:04:22,130
中括弧を省略するには?

94
00:04:22,130 --> 00:04:22,630
うん?

95
00:04:22,630 --> 00:04:26,290

96
00:04:26,290 --> 00:04:26,870
>> その通り。

97
00:04:26,870 --> 00:04:28,940
一つだけがあるとき
そのあなたのコード行

98
00:04:28,940 --> 00:04:32,830
に関連付ける
私たちの最初の例のようにループ。

99
00:04:32,830 --> 00:04:36,380
それは完全に正当なものである
中括弧を省略すること

100
00:04:36,380 --> 00:04:40,310
単に利便性の一種である
コンパイラからあなたに。

101
00:04:40,310 --> 00:04:40,810
うん?

102
00:04:40,810 --> 00:04:43,347

103
00:04:43,347 --> 00:04:43,930
良い質問。

104
00:04:43,930 --> 00:04:45,500
それは風の誤差と考えられるであろう?

105
00:04:45,500 --> 00:04:49,340
私たちは、CS50のようpromote--う
スタイルガイド、のURL

106
00:04:49,340 --> 00:04:51,926
その常にpset1--にあり
中括弧を使用しています。

107
00:04:51,926 --> 00:04:53,550
確かにあなたがプログラミングに新しいしている場合。

108
00:04:53,550 --> 00:04:56,800
現実は私たちがわからないです
あなたを禁止しようとして

109
00:04:56,800 --> 00:04:58,680
これらの便利さをしているから。

110
00:04:58,680 --> 00:05:00,846
しかし、あなたはただ取得している場合は、
物事のスイングに、

111
00:05:00,846 --> 00:05:04,020
絶対にただいつもカーリーを使用
あなたはそれのこつを得るまで、ブレース。

112
00:05:04,020 --> 00:05:04,640
良い質問。

113
00:05:04,640 --> 00:05:05,320
>> かしこまりました。

114
00:05:05,320 --> 00:05:07,660
だから、次にバグがあった。

115
00:05:07,660 --> 00:05:09,190
かなり単純なものでは少なくとも。

116
00:05:09,190 --> 00:05:11,260
それなのにあなたはこれを考えるかもしれない
右、かなり初歩的なのですか?

117
00:05:11,260 --> 00:05:13,635
これは最初の週のようなものです
言語を見ての

118
00:05:13,635 --> 00:05:14,890
のような、その中にあなたのバグを参照してください。

119
00:05:14,890 --> 00:05:17,250
しかし、現実には、これらは、
実際に代表

120
00:05:17,250 --> 00:05:20,310
いくつかの非常に恐ろしい問題に
それは現実の世界で発生する可能性があります。

121
00:05:20,310 --> 00:05:23,530
>> だから、あなたのいくつかは思い出すかもしれません
あなたはハイテクのニュースに従うならば、

122
00:05:23,530 --> 00:05:25,740
または多分キャッチ
月にこれの風

123
00:05:25,740 --> 00:05:29,434
Appleは持っていたこの一年の
、両方のiOSでのミスを少し​​行っ

124
00:05:29,434 --> 00:05:31,350
オペレーティングシステム上
また、それらの電話、

125
00:05:31,350 --> 00:05:34,220
Mac OSでは、オペレーティングシステム
自分のデスクトップやラップトップ上で。

126
00:05:34,220 --> 00:05:36,480
そして、あなたはこのような見出しを見た。

127
00:05:36,480 --> 00:05:41,120
その後、アップル
このバグを修正することを約束し、

128
00:05:41,120 --> 00:05:45,950
非常に迅速に、iOSの中でそれを修正しました
しかし、最終的には、Mac OSでそれを固定

129
00:05:45,950 --> 00:05:46,810
同様に。

130
00:05:46,810 --> 00:05:50,370
>> 今、これらの見出しのいずれも単独で本当に
根本的な問題が何であったか明らかにし、

131
00:05:50,370 --> 00:05:55,640
しかしバグが最終的にまで減少した
SSL、セキュア·ソケット·レイヤーのバグ。

132
00:05:55,640 --> 00:05:57,390
そして、長い話を短く、
これはソフトウェアである

133
00:05:57,390 --> 00:06:01,030
その私たちのブラウザや他の
ソフトウェアは何をするために使用?

134
00:06:01,030 --> 00:06:04,090

135
00:06:04,090 --> 00:06:06,860
>> 私は、SSLであると言った場合には
関与、たび

136
00:06:06,860 --> 00:06:13,920
、HTTPSで始まるURLにアクセスしてください
その後何SSLはに関連しているのでしょうか?

137
00:06:13,920 --> 00:06:14,580
暗号化。

138
00:06:14,580 --> 00:06:16,470
だから私たちはについて話します
今後数日間は、この。

139
00:06:16,470 --> 00:06:18,750
暗号化、の芸術
情報をスクランブル。

140
00:06:18,750 --> 00:06:22,200
>> しかし、長い話を短く、アップル
いつか前にミスを犯していた

141
00:06:22,200 --> 00:06:25,970
SSLの彼らの実装では、
最終的に実現するソフトウェア

142
00:06:25,970 --> 00:06:30,120
HTTPSまたは最大のようなURL
あまりにもそこに接続が。

143
00:06:30,120 --> 00:06:32,850
の結果はということで、あなたの
接続は、潜在的可能性

144
00:06:32,850 --> 00:06:33,920
インターセプトされる。

145
00:06:33,920 --> 00:06:37,130
そして、あなたの接続があった
必ずしも暗号化されていません

146
00:06:37,130 --> 00:06:40,350
あなたは、間にいくつかの悪いやつがあったら
あなたと送信先のウェブサイト

147
00:06:40,350 --> 00:06:42,170
これを利用する方法を知っていた。

148
00:06:42,170 --> 00:06:45,090
>> 今、Appleは最終的に掲示
このための修正、最後に、

149
00:06:45,090 --> 00:06:46,920
と説明
その修正のこれだった。

150
00:06:46,920 --> 00:06:49,878
セキュアトランスポートは、検証に失敗しました。
接続の真偽。

151
00:06:49,878 --> 00:06:52,920
問題が取り上げられた
欠落した検証ステップを復元する。

152
00:06:52,920 --> 00:06:57,250
>> だから、これは非常に手の波状説明です
単に私たちはめちゃくちゃと言っている。

153
00:06:57,250 --> 00:07:00,920
文字通り1あり
バギーたコード行

154
00:07:00,920 --> 00:07:05,130
彼らのSSLの実装、および中
あなたがオンラインに行くと、この検索した場合

155
00:07:05,130 --> 00:07:07,210
あなたが実際に見つけることができます
元のソースコード。

156
00:07:07,210 --> 00:07:11,960
例えば、これはのスクリーンショットである
かなり大規模なファイルの一部だけ、

157
00:07:11,960 --> 00:07:15,965
しかし、これは明らかに呼び出された関数である
SSLは、署名サーバの主要な交換を検証します。

158
00:07:15,965 --> 00:07:17,840
そしてそれはの束を取り
引数と入力。

159
00:07:17,840 --> 00:07:20,298
そして、私たちは集中するつもりはない
そこに特徴点にあまりにも多く、

160
00:07:20,298 --> 00:07:24,390
しかし、あなたは内のコードに焦点を当てた場合
してみましょうfunction--その一番上の

161
00:07:24,390 --> 00:07:25,590
その上でズームイン。

162
00:07:25,590 --> 00:07:28,140
あなたは既に疑うかもしれません
どのようなエラーがかもしれない

163
00:07:28,140 --> 00:07:31,230
あなたは見当がつかない場合でもなる
最終的にはあなたが見ているものを。

164
00:07:31,230 --> 00:07:35,924
異常の種類があります
ここで、これは何ですか?

165
00:07:35,924 --> 00:07:38,940
>> ええ、私は本当に好きではない
2後藤の​​外観は失敗します。

166
00:07:38,940 --> 00:07:42,060
率直に言って、私は本当に知らないこと後藤
手段は失敗するが、それらのうちの2つを有する

167
00:07:42,060 --> 00:07:42,810
背中合わせに。

168
00:07:42,810 --> 00:07:45,290
それはちょうど一種の私をこすり
知的に間違った方法、

169
00:07:45,290 --> 00:07:48,910
私たちは上ズームイン確かにあれば
ただ、それらの行は、これはCである。

170
00:07:48,910 --> 00:07:52,220
>> だから、Appleのコードの多く
自体は、C言語で書かれている、

171
00:07:52,220 --> 00:07:55,780
この明らかに
本当にequivalent--です

172
00:07:55,780 --> 00:07:59,060
ていないことをきれいに字下げする
バージョンが、あなたは事実を認識している場合

173
00:07:59,060 --> 00:08:02,560
ない中括弧、ありませんことを何
アップルは本当にようなコードだった書いた

174
00:08:02,560 --> 00:08:03,540
このように。

175
00:08:03,540 --> 00:08:07,080
だから私は、ズームアウトしたし、ちょうど私
意味でのインデントを修正

176
00:08:07,080 --> 00:08:10,690
何中括弧がない場合は、そのこと
第二後藤はそれが黄色での失敗

177
00:08:10,690 --> 00:08:12,500
何に関係なく実行しようとしている。

178
00:08:12,500 --> 00:08:15,540
それに関連付けられていないだ
その上if条件。

179
00:08:15,540 --> 00:08:19,590
>> そうであっても、もう一度、あなたがしなければなく、かなり
これは、おそらく可能性を理解する

180
00:08:19,590 --> 00:08:23,230
これらの各ことを知って、やっている
これらの行のそれぞれをconditions--

181
00:08:23,230 --> 00:08:26,180
非常に重要なステップです
チェックの過程で

182
00:08:26,180 --> 00:08:28,350
あなたのデータは、実際には暗号化されている場合。

183
00:08:28,350 --> 00:08:31,710
したがって、これらのいずれかをスキップする
手順ではなく、最高のアイデア。

184
00:08:31,710 --> 00:08:34,840
>> しかし、私たちはこれを持っているので、
第二後藤、黄色で失敗する

185
00:08:34,840 --> 00:08:36,840
そしてなぜなら、私たちに一度
審美的に、一種の

186
00:08:36,840 --> 00:08:40,480
それを左に移動します
論理的にどのような瞬間になる

187
00:08:40,480 --> 00:08:43,230
これは、ラインのために意味があるの
その第二の後藤以下のコードの

188
00:08:43,230 --> 00:08:46,480
あなたが思うだろうが失敗?

189
00:08:46,480 --> 00:08:48,860
それは、常にスキップさになるだろう。

190
00:08:48,860 --> 00:08:52,100
だからgotoが、一般的には眉をひそめている
理由のために私たちは本当にに行くことはありません、

191
00:08:52,100 --> 00:08:54,940
実際CS50年にはない傾向がある
この文後藤を教えるために、

192
00:08:54,940 --> 00:08:58,130
しかし、あなたは後藤と考えることができます
意味行くジャンプとして失敗

193
00:08:58,130 --> 00:08:59,600
コー​​ドの他の部分へ。

194
00:08:59,600 --> 00:09:03,120
>> 言い換えれば飛び越える
完全にこの最後の行、

195
00:09:03,120 --> 00:09:07,420
ので、この愚かな結果
ただ単純なミスだった

196
00:09:07,420 --> 00:09:10,330
おそらく誰かの結果
コピーとあまりにも1を貼り付ける

197
00:09:10,330 --> 00:09:14,150
何度も全体のことであった
iOSとMac OSのセキュリティ

198
00:09:14,150 --> 00:09:18,240
盗聴に対して脆弱だった
かなりの時間のために悪者による。

199
00:09:18,240 --> 00:09:19,940
アップルまでは最終的にこれを修正しました。

200
00:09:19,940 --> 00:09:23,100
>> 今、あなたのいくつかは実際にある場合
iOSのまたはMac OSの古いバージョンを実行している、

201
00:09:23,100 --> 00:09:27,250
あなたはgotofail.comに行くことができている
誰かが設定されていることをウェブサイトがある

202
00:09:27,250 --> 00:09:29,190
本質的に決定する
プログラムで

203
00:09:29,190 --> 00:09:30,980
お使いのコンピュータは依然として脆弱であるか。

204
00:09:30,980 --> 00:09:33,600
そして、率直に言って、それであれば、
それはおそらく良いアイデアです

205
00:09:33,600 --> 00:09:36,870
お使いの携帯電話を更新するか、
この時点で、お使いのMac。

206
00:09:36,870 --> 00:09:40,120
しかし、そこにどれだけわずか証
これらの下位レベルの鑑賞

207
00:09:40,120 --> 00:09:42,400
かなり詳細と
シンプルなアイデアが本当に缶

208
00:09:42,400 --> 00:09:44,590
意思決定につながる
問題その

209
00:09:44,590 --> 00:09:47,320
このcase--にaffected--
何百万人もの人。

210
00:09:47,320 --> 00:09:49,107
>> 今行政上の言葉。

211
00:09:49,107 --> 00:09:50,690
セクションは、今度の日曜日に開始されます。

212
00:09:50,690 --> 00:09:53,360
次の方法でメールが届きます
セクションの週末、ポイントで

213
00:09:53,360 --> 00:09:55,290
切除プロセス
あなたがしている場合は開始されます

214
00:09:55,290 --> 00:09:56,998
あなたが今持って実現
いくつかの新しい競合しています。

215
00:09:56,998 --> 00:10:00,180
だから、これは毎年発生し、私たち
来る日で対応します。

216
00:10:00,180 --> 00:10:02,430
>> オフィスhours--キープください
ここで、このスケジュールに目。

217
00:10:02,430 --> 00:10:05,100
今週の少し変更し、
特に開始時間

218
00:10:05,100 --> 00:10:08,180
と場所は、とてもご相談ください
その営業時間に向かう前に、

219
00:10:08,180 --> 00:10:09,520
次の4泊のいずれか。

220
00:10:09,520 --> 00:10:12,680
そして今、評価に関する言葉、
特に問題に飛び込むように

221
00:10:12,680 --> 00:10:14,350
1以降に設定します。

222
00:10:14,350 --> 00:10:17,070
>> 仕様ではそう、
これらは、一般に

223
00:10:17,070 --> 00:10:20,360
に沿って、軸
私たちはあなたの仕事を評価します。

224
00:10:20,360 --> 00:10:23,170
適用範囲は何を意味し
ある程度のコードを実装

225
00:10:23,170 --> 00:10:25,690
特徴は、必要
当社指定による。

226
00:10:25,690 --> 00:10:28,290
換言すれば、どのくらいの
点セットを使用すると、オフにかましました。

227
00:10:28,290 --> 00:10:30,440
あなたはそれの3分の1を実行しましたか、
その半分、それを100%。

228
00:10:30,440 --> 00:10:33,000
それが正しいではないとしても、
あなたはどのくらいを試みたのですか?

229
00:10:33,000 --> 00:10:35,290
だからレベルを取り込み
努力と金額の

230
00:10:35,290 --> 00:10:38,260
これまであなたがオフビット
問題セットの問題。

231
00:10:38,260 --> 00:10:40,690
>> この1 Correctness--へ
どの程度、あなたのコードである

232
00:10:40,690 --> 00:10:43,150
私たちと一致して
仕様とバグ無料。

233
00:10:43,150 --> 00:10:44,770
だから、正しく動作しますか?

234
00:10:44,770 --> 00:10:48,700
私たちはそれにいくつかの入力を与えると、それはありません
私たちが期待する出力を与えるか?

235
00:10:48,700 --> 00:10:52,570
Design--は今これが最初である
特に質的なもの、

236
00:10:52,570 --> 00:10:56,180
または人間の判断を必要とするもの。

237
00:10:56,180 --> 00:10:59,690
私たちはスタッフを持っている理由そして実際、これは
非常に多くの指導の仲間とコース

238
00:10:59,690 --> 00:11:00,350
アシスタント。

239
00:11:00,350 --> 00:11:03,480
どの程度あなたです
コー​​ドがよく書かれて?

240
00:11:03,480 --> 00:11:05,810
>> そして再び、これは非常にある
定性的評価

241
00:11:05,810 --> 00:11:09,100
それが上のために動作します
今後数週間で双方向に。

242
00:11:09,100 --> 00:11:12,060
そのだからではない取得するとき
数字だけのスコアだけでなく、

243
00:11:12,060 --> 00:11:16,682
書かれたスコア、または型指定されたフィードバック、
または英語の言葉で意見を書か。

244
00:11:16,682 --> 00:11:19,640
つまり、私たちはあなたを駆動するために使用します何
実際に、より良いコードを書くに向けて。

245
00:11:19,640 --> 00:11:23,320
そして、講義とセクションで、私たちは試してみます
できるだけ頻繁に私達がcan--としてゆうパック指すように

246
00:11:23,320 --> 00:11:26,420
どのようなプログラムを作るだけでなく、
正しいと機能的に優れた、

247
00:11:26,420 --> 00:11:28,200
だけでなく、うまく設計された。

248
00:11:28,200 --> 00:11:31,850
それができる最も効率的な、または
それができるも、最も美しい。

249
00:11:31,850 --> 00:11:33,100
>> どのスタイルに私たちをリードしています。

250
00:11:33,100 --> 00:11:36,876
スタイルは、最終的にはある
美的判断。

251
00:11:36,876 --> 00:11:38,750
あなたは良い選択しましたか
あなたの変数の名前?

252
00:11:38,750 --> 00:11:40,330
あなたが適切にあなたのコードをインデントしたことがありますか?

253
00:11:40,330 --> 00:11:44,010
それはよく見るので、ん、
それは別の人間のために簡単です。

254
00:11:44,010 --> 00:11:46,550
あなたのそれぞれを読み取る
その正しさ。

255
00:11:46,550 --> 00:11:50,300
>> さて、一般的にシラバスあたり、私たちは得点
5点満点でこれらの事。

256
00:11:50,300 --> 00:11:53,640
そして、私が家にポイントをハンマーしましょう
3という確かに良いです。

257
00:11:53,640 --> 00:11:55,550
皆さんを非常に迅速に行う
算術を始める。

258
00:11:55,550 --> 00:11:58,133
彼らは外に3を取得すると
いくつかのpset用正しさの5つの

259
00:11:58,133 --> 00:12:02,040
彼らはいまいましいと思う、私は60%に行く
本質的にDまたはEである。

260
00:12:02,040 --> 00:12:03,980
>> それは方法ではない私たち
これらの数を考える。

261
00:12:03,980 --> 00:12:06,880
3は確かに良好であり、私たち
一般的に先頭に期待

262
00:12:06,880 --> 00:12:09,820
言葉のあなたが取得している場合は、ということです
多分three's--の束カップル

263
00:12:09,820 --> 00:12:12,540
フェア、fours--のカップルや
カップル補数、fours--のカップル

264
00:12:12,540 --> 00:12:13,748
それは開始するには良い場所だ。

265
00:12:13,748 --> 00:12:16,320
そして、私たちは限り見るように
時間をかけて上向きの軌道、

266
00:12:16,320 --> 00:12:18,540
あなたが特に良い場所にいる。

267
00:12:18,540 --> 00:12:20,752
>> 私たちが使用して式
重量のものは、本質的である

268
00:12:20,752 --> 00:12:22,710
シラバスあたりこの、
これだけで、私たちことを意味します

269
00:12:22,710 --> 00:12:24,750
正確さに多くの重量を与える。

270
00:12:24,750 --> 00:12:27,930
それは非常に多くの場合、正当なので
それは、ほとんどの時間がかかります。

271
00:12:27,930 --> 00:12:28,760
今私を信頼します。

272
00:12:28,760 --> 00:12:31,190
あなたは、少なくともfind--ます
そのお1 pset--中

273
00:12:31,190 --> 00:12:36,790
あなたの時間の90%を費やす
問題の10%に取り組んで。

274
00:12:36,790 --> 00:12:39,320
>> 作品の、すべての並べ替え
1つまたは2つのバグを除いて、

275
00:12:39,320 --> 00:12:41,570
それらはバグがあること
夜遅くあなたを保つ。

276
00:12:41,570 --> 00:12:43,380
業者は、ものです
一種のあなたを逃れる。

277
00:12:43,380 --> 00:12:45,560
しかし、それで寝た後、
または営業時間に出席

278
00:12:45,560 --> 00:12:48,844
または、オンラインの質問がされている尋ねる
あなたがその100%の目標に到達するとき、

279
00:12:48,844 --> 00:12:50,760
それはなぜ体重だ
ほとんどの正しさ。

280
00:12:50,760 --> 00:12:54,102
少し少なめに設計し、
それより少し少なめのスタイル。

281
00:12:54,102 --> 00:12:56,060
しかしmind--スタイルを保つ
おそらく最も簡単です

282
00:12:56,060 --> 00:12:58,890
かみ切るために、これらの
スタイルガイドに従って。

283
00:12:58,890 --> 00:13:01,580
>> そして今、より深刻
学術正直に注意してください。

284
00:13:01,580 --> 00:13:05,000
CS50は不幸な区別を持って
広告ボードの最大の生産国であること

285
00:13:05,000 --> 00:13:07,330
ほぼ毎年、歴史的に例。

286
00:13:07,330 --> 00:13:11,012
学生がでカンニングするためではありません
CS50もはやので、任意の他のクラスよりも、

287
00:13:11,012 --> 00:13:13,720
しかしので仕事の性質上、
それは電子だという事実は、

288
00:13:13,720 --> 00:13:16,636
私たちはそれを見ているという事実、および
実は私たちはコンピュータ科学者であり、

289
00:13:16,636 --> 00:13:20,570
私たちは、残念ながらと言うことができます
それを検出するのに非常に良い。

290
00:13:20,570 --> 00:13:22,710
>> だから、これは実質ベースで何を意味するのでしょうか?

291
00:13:22,710 --> 00:13:24,820
それだから、シラバスあたり、
もちろんの哲学

292
00:13:24,820 --> 00:13:28,090
本当に合理的であると煮詰めるん。

293
00:13:28,090 --> 00:13:31,684
この行の間があります
自分で自分の仕事をして

294
00:13:31,684 --> 00:13:34,100
との少しを取得
友人から合理的な援助、

295
00:13:34,100 --> 00:13:38,020
そしてあからさまなあなたのためにその仕事をしている
友人、または彼または彼女あなたのコードを送信

296
00:13:38,020 --> 00:13:41,080
彼または彼女が単にできるように
右のそれを取るか、借りる。

297
00:13:41,080 --> 00:13:43,580
そして、それは線を越える
私たちは、クラスで描かれていること。

298
00:13:43,580 --> 00:13:45,410
>> 、シラバスを参照してください
最終的にはライン用

299
00:13:45,410 --> 00:13:48,209
私たちは、合理的なものとして描くこと
不合理な行動、

300
00:13:48,209 --> 00:13:50,000
それは本当に沸騰を行います
本質にダウン

301
00:13:50,000 --> 00:13:53,980
あなたの仕事はする必要の
最終的には自分自身である。

302
00:13:53,980 --> 00:13:56,230
今、そうは言って、
ヒューリスティックが存在する。

303
00:13:56,230 --> 00:13:58,980
あなたがimagine--可能性があるためため、
営業時間とビジュアルから

304
00:13:58,980 --> 00:14:01,060
そして、私たちがした動画は
こうしてfar-- CS50示す

305
00:14:01,060 --> 00:14:04,530
確かに協力的なようであることを意味する
として協同組合や社会的など

306
00:14:04,530 --> 00:14:06,450
可能な限り。

307
00:14:06,450 --> 00:14:08,570
コラボレーティブとして、それは厳しいからである。

308
00:14:08,570 --> 00:14:11,314
>> しかし、これは言って、ヒューリスティック、
あなたはシラバスに表示されますように、

309
00:14:11,314 --> 00:14:12,980
あなたには、いくつかの問題を抱えているときということです。

310
00:14:12,980 --> 00:14:16,470
あなたのコード内のいくつかのバグを持っていることを
それはあなたのために合理的で、解決することはできません

311
00:14:16,470 --> 00:14:18,039
他の誰かにあなたのコードを表示します。

312
00:14:18,039 --> 00:14:21,080
でも、クラスの友人、友人
営業時間であなたの隣に座って、

313
00:14:21,080 --> 00:14:22,680
やスタッフの一員。

314
00:14:22,680 --> 00:14:25,810
しかし、彼らはあなたに自分のコードが表示されない場合があります。

315
00:14:25,810 --> 00:14:27,710
>> 換言すれば、
あなたのquestion--に答える

316
00:14:27,710 --> 00:14:29,940
私はhelp--ああ、ここに私のコードですされていませんが必要です。

317
00:14:29,940 --> 00:14:32,440
これを見てくださいと
何をでしょう、そこから推測する。

318
00:14:32,440 --> 00:14:34,580
さて、もちろん、あります
道を明確にゲームに

319
00:14:34,580 --> 00:14:37,760
私はあなたを紹介することにより、このシステム
を持ってご質問の前に私のコード。

320
00:14:37,760 --> 00:14:40,150
あなたは私に私のあなたのコードを表示
を持ってご質問の前に。

321
00:14:40,150 --> 00:14:45,870
しかし、再びシラバスを参照してください
このラインがどこにあるの細かい詳細。

322
00:14:45,870 --> 00:14:50,606
>> ちょうど今絵を描くようにして
として透過的に可能な限り共有する

323
00:14:50,606 --> 00:14:53,480
私たちは、近年にある場合に、
これは、広告ボードケースの数です。

324
00:14:53,480 --> 00:14:56,260
そのCS50は終わってきた
過去7年間。

325
00:14:56,260 --> 00:14:58,717
14例、この最新の秋と。

326
00:14:58,717 --> 00:15:01,300
関連する学生の面では、
それは20いくつかの奇妙な学生だった

327
00:15:01,300 --> 00:15:02,490
この過去の秋。

328
00:15:02,490 --> 00:15:05,670
33のピークがあった
数年前の学生。

329
00:15:05,670 --> 00:15:08,830
人の多くは、残念ながらあり
もはやここキャンパスで。

330
00:15:08,830 --> 00:15:13,100
>> の割合として関与学生
クラスは、歴史的に0%の範囲であっています

331
00:15:13,100 --> 00:15:17,300
言うことだけである5.3%に
これは毎年の課題です。

332
00:15:17,300 --> 00:15:20,390
そして、その端部に向かって、どのような
私たちは何をしたいかを伝えるです

333
00:15:20,390 --> 00:15:24,310
私たちはFYI--で比較dd--こと
人の学生に公平性

334
00:15:24,310 --> 00:15:26,520
それに応じて行を以下の通りです。

335
00:15:26,520 --> 00:15:29,620
私たちは、現在のすべての比較を行う
過去のすべてのミッションに対して提出

336
00:15:29,620 --> 00:15:30,840
過去何年もの。

337
00:15:30,840 --> 00:15:33,620
>> 私たちは、周りにGoogleにすぎ方法を知っている
とコードのリポジトリを検索する

338
00:15:33,620 --> 00:15:36,360
オンラインディスカッションフォーラム
オンラインオンライン、求人サイト。

339
00:15:36,360 --> 00:15:41,580
学生はそれを見つけることができれば、私たちは確かにすることができます
それは同じくらい私たちは残念そうであるように見つける。

340
00:15:41,580 --> 00:15:45,330
だから、何をシラバスに表示されます
しかし、この後悔節がある。

341
00:15:45,330 --> 00:15:47,500
私は確かにすることができます
感謝し、私たちは皆持って

342
00:15:47,500 --> 00:15:50,870
スタッフは次のようにコースを行った
時間をかけてこのか、この1自体、

343
00:15:50,870 --> 00:15:53,997
確かにそれは時にどのようなものか知っている
人生はあなたが持って邪魔になる

344
00:15:53,997 --> 00:15:56,080
いくつかの夜遅くdeadline--
このクラスだけでなく、

345
00:15:56,080 --> 00:15:58,660
しかし、あなたはanother--いるとき
完全に疲れ、ストレスがたまって、

346
00:15:58,660 --> 00:16:00,659
法外な番号を持っている
他のことをすることができません。

347
00:16:00,659 --> 00:16:03,660
あなたは、どこかの時点で行います
確かに悪い、おそらく晩年

348
00:16:03,660 --> 00:16:04,620
夜の決定。

349
00:16:04,620 --> 00:16:06,520
>> シラバスあたりだから、
この句があり、

350
00:16:06,520 --> 00:16:10,629
作るようであれば72時間以内
いくつかの貧弱な決定は、あなたはそれまで所有している

351
00:16:10,629 --> 00:16:12,670
私に手を差し伸べ、
もちろんの頭の一つ

352
00:16:12,670 --> 00:16:14,300
私たちは会話を持つことになります。

353
00:16:14,300 --> 00:16:16,220
私たちは、物事を処理します
内部的に期待して

354
00:16:16,220 --> 00:16:18,770
それはより多くなることを
瞬間や人生の教訓を教え、

355
00:16:18,770 --> 00:16:22,120
ではない何か
特に大幅な波及効果

356
00:16:22,120 --> 00:16:24,570
あなたはここでこれらのチャートに表示されることがありますように。

357
00:16:24,570 --> 00:16:26,540
>> だから、非常に深刻な口調だ。

358
00:16:26,540 --> 00:16:29,960
私たちは、わずか数のために一時停止してみましょう
秒緊張を破壊する。

359
00:16:29,960 --> 00:16:34,442
>> [音楽再生]

360
00:16:34,442 --> 00:17:17,768

361
00:17:17,768 --> 00:17:20,250
>> DAVID J.マラン:すべての権利、
ので、どのようにセグエのためにということでした?

362
00:17:20,250 --> 00:17:22,059
今日の主なトピックへ。

363
00:17:22,059 --> 00:17:23,859
そのうちの第一は、抽象化したものです。

364
00:17:23,859 --> 00:17:26,900
これのもう一つは、になるだろう
データの表現、率直に

365
00:17:26,900 --> 00:17:31,640
どのように私たちができるというのが本当に乾燥方法である
問題を解決すると思ってついて行く

366
00:17:31,640 --> 00:17:33,250
問題を解決するでしょうか?

367
00:17:33,250 --> 00:17:37,285
だから、スクラッチで見てきた、あなたがした
C言語でPSET1におそらくすでに見

368
00:17:37,285 --> 00:17:39,930
あなただけでなく、使用することができます
printfのような関数、

369
00:17:39,930 --> 00:17:42,770
そのほかの人にある
過去数年は、あなたのために書いた。

370
00:17:42,770 --> 00:17:45,340
また、独自の関数を書くことができます。

371
00:17:45,340 --> 00:17:48,440
>> そして、あなたは持っていない可能性があっても、
PSET1に率直にC言語でこれを行って、

372
00:17:48,440 --> 00:17:51,866
あなたは本当にあなたを記述する必要はありません
problem--ため独自の関数

373
00:17:51,866 --> 00:17:53,990
で、おそらく困難ながら
最初に表示されますglance--

374
00:17:53,990 --> 00:17:57,910
最終的に解決することができる
コー​​ドのすべてのその多くはない行。

375
00:17:57,910 --> 00:18:01,140
しかし、それは用語で、言って
独自の関数を書いて、

376
00:18:01,140 --> 00:18:03,570
与えるCがないことを認識
あなたはこの機能。

377
00:18:03,570 --> 00:18:06,940
>> 私は、今日のソースコードに行くつもりです
これは、すでにオンラインで入手できます

378
00:18:06,940 --> 00:18:10,900
と私は先にオープンに行くつもりです
機能0.Cと呼ばれるプログラムまで、

379
00:18:10,900 --> 00:18:14,620
および機能はゼロ
私たちはいくつかのことが表示されます。

380
00:18:14,620 --> 00:18:19,160
最初の行では、18を経て
23は私の主な機能である。

381
00:18:19,160 --> 00:18:22,414
そして今、私たちは読み始めていること
私たちはその場で書いていないコードで、

382
00:18:22,414 --> 00:18:25,080
その代わりに、私は事前に書いた
または問題では、設定されていること

383
00:18:25,080 --> 00:18:27,910
持つ受け取る可能性があります
予め書き込まれて。

384
00:18:27,910 --> 00:18:30,040
開始するには良い方法
誰か他の人のコードを読む

385
00:18:30,040 --> 00:18:31,400
主な機能を探している。

386
00:18:31,400 --> 00:18:34,420
どこでそのエントリを把握
ポイントは、プログラムを実行する場合、

387
00:18:34,420 --> 00:18:36,580
、そこから論理的にそれに従ってください。

388
00:18:36,580 --> 00:18:40,190
>> したがって、このプログラムは、明らかにプリント
あなたの名前はコロンが続く。

389
00:18:40,190 --> 00:18:42,490
私たちは、その後のGetStringを使用
CS50ライブラリから

390
00:18:42,490 --> 00:18:46,050
文字列、または語句を取得する
キーボードでのユーザから。

391
00:18:46,050 --> 00:18:48,390
そして、これがあります
事here-- PrintNameに。

392
00:18:48,390 --> 00:18:51,420
>> 今PrintNameにはありません
C.付属しています機能

393
00:18:51,420 --> 00:18:52,970
これは、標準的なio.h.ではありません

394
00:18:52,970 --> 00:18:55,570
それはCS50.h.ではありません

395
00:18:55,570 --> 00:18:57,880
これは、同じファイル内ではなくです。

396
00:18:57,880 --> 00:19:01,000
私は下にスクロールした場合に注意してください
bit--線25 27--へ

397
00:19:01,000 --> 00:19:05,330
それは、コメントだけのかなりの方法です
星やスラッシュを使用してコード。

398
00:19:05,330 --> 00:19:07,320
これは複数行である
コメント、これはただである

399
00:19:07,320 --> 00:19:10,570
の青の私の記述
この関数は何をするか。

400
00:19:10,570 --> 00:19:14,530
>> 〜31株中28ため、
私は超簡単な関数を書きました

401
00:19:14,530 --> 00:19:16,280
名前がPrintNameにある。

402
00:19:16,280 --> 00:19:19,560
それはどのように多く取り
引数はあなたが言うでしょうか?

403
00:19:19,560 --> 00:19:25,120
したがって、1つargument--つがありますので、
かっこ内の引数リストされている。

404
00:19:25,120 --> 00:19:27,000
の型はStringです。

405
00:19:27,000 --> 00:19:30,240
どちらがPrintNameに言うことです
このブラックボックスのようなものです

406
00:19:30,240 --> 00:19:32,910
取りまたは関数
文字列を入力として。

407
00:19:32,910 --> 00:19:35,730
>> その文字列の名前
便利な名前になります。

408
00:19:35,730 --> 00:19:37,840
じゃない、ではないN、しかし名前。

409
00:19:37,840 --> 00:19:41,090
だからPrintNameには何をするのでしょうか?

410
00:19:41,090 --> 00:19:42,210
それは素敵な簡単です。

411
00:19:42,210 --> 00:19:45,390
ただのためのコードを1行として
printfのが、どうやらそれを

412
00:19:45,390 --> 00:19:47,950
プリントアウト "こんにちは、"そのようにしてそう。

413
00:19:47,950 --> 00:19:50,070
どこでそのようにしてそう
引数から来ている。

414
00:19:50,070 --> 00:19:52,300
>> さて、これはここに巨大な技術革新ではありません。

415
00:19:52,300 --> 00:19:56,710
本当に、私はできたプログラムを撮影した
コー​​ドを1行で書かれている

416
00:19:56,710 --> 00:20:00,190
ここにこれを置くことによって、
とのものに変更すること

417
00:20:00,190 --> 00:20:04,920
それはいくつかの6,7かそこらを伴う
ダウンここにコードの行のすべての方法。

418
00:20:04,920 --> 00:20:08,190
>> しかし、それは練習だ
抽象化として知られている原理。

419
00:20:08,190 --> 00:20:12,550
新しい内部のカプセル化の種類
名前を持つ関数、より良い

420
00:20:12,550 --> 00:20:14,590
文字通りまだその名前
それが何を言う。

421
00:20:14,590 --> 00:20:16,880
私はそれがありませんprintf--意味
特に記述。

422
00:20:16,880 --> 00:20:18,932
私が作成したい場合
パズルピース、またはIの場合

423
00:20:18,932 --> 00:20:21,140
関数を作成したい
それが誰かの名前を出力し、

424
00:20:21,140 --> 00:20:23,230
これを行うための美しさ
私が実際にできることです

425
00:20:23,230 --> 00:20:27,170
その関数に名前を付けて
それはそれが何をするかを説明します。

426
00:20:27,170 --> 00:20:29,844
>> 今では、入力を取り込み、その
私は、任意の名前と呼んでいる、

427
00:20:29,844 --> 00:20:32,760
それはあまりにも素晴らしく記述的である
代わりに、もう少しという

428
00:20:32,760 --> 00:20:36,140
S.とのような一般的
ボイド、今の、ちょうど手段

429
00:20:36,140 --> 00:20:38,330
この関数はないこと
何も私をバック渡す。

430
00:20:38,330 --> 00:20:41,127
それは、ことのGetStringのようではありません
文字通りの文字列を私に戻って手

431
00:20:41,127 --> 00:20:43,960
私たちは、紙の破片で行ったように
先週あなたのクラスメートと、

432
00:20:43,960 --> 00:20:45,990
むしろそれは単に副作用を有している。

433
00:20:45,990 --> 00:20:48,080
これは、画面に何かを出力します。

434
00:20:48,080 --> 00:20:53,880
>> 一日の終わりに、もしそうであれば、私
作るか、機能0、./function-0、

435
00:20:53,880 --> 00:20:55,450
私たちは、それが私の名前を尋ねていることがわかります。

436
00:20:55,450 --> 00:20:58,150
私は私の名前から型をデビッドを入力し、それ。

437
00:20:58,150 --> 00:21:01,080
私はロブで再びそれを行う場合は、
それは言うために起こっている「こんにちは、ロブを。 "

438
00:21:01,080 --> 00:21:04,280
だからシンプルなアイデアが、おそらく
この精神から外挿する

439
00:21:04,280 --> 00:21:06,750
あなたのプログラムが得るようにすること
もう少し複雑、

440
00:21:06,750 --> 00:21:10,290
あなたがのチャンクを書きたい
コー​​ドとコールcode--呼び出し

441
00:21:10,290 --> 00:21:13,270
いくつかの記述によってそのcode--
PrintNameにのような名前、

442
00:21:13,270 --> 00:21:15,600
Cは、私たちに、この機能を与えるん。

443
00:21:15,600 --> 00:21:17,660
>> ここでは別の単純な例です。

444
00:21:17,660 --> 00:21:22,940
例えば、私は開いている場合
本日からファイルをreturn.cと呼ばれる、

445
00:21:22,940 --> 00:21:24,270
私がここで何をやったかがわかります。

446
00:21:24,270 --> 00:21:26,330
この主な機能のほとんどは、printfのです。

447
00:21:26,330 --> 00:21:30,360
私が最初に任意に初期化する
数2にxを呼ばれる変数。

448
00:21:30,360 --> 00:21:34,110
私はその後、xが、今は「プリントアウト
%iは「xの値を渡す。

449
00:21:34,110 --> 00:21:35,500
だから、僕はそれが何であるか言っている。

450
00:21:35,500 --> 00:21:37,208
>> 今、私はちょうど大胆によ
printfのと主張。

451
00:21:37,208 --> 00:21:42,050
私は、その値xを乗する、と私は今
関数を呼び出すことにより、このようにすること

452
00:21:42,050 --> 00:21:45,590
と呼ばれる立方体の受け渡し
引数として、xの、

453
00:21:45,590 --> 00:21:49,300
して出力を保存
変数自体では、x。

454
00:21:49,300 --> 00:21:51,340
だから私は、xの値をつかうんだ。

455
00:21:51,340 --> 00:21:53,380
私はオーバーライドよ
何とxの値

456
00:21:53,380 --> 00:21:56,510
呼び出しの結果
このキューブ関数である。

457
00:21:56,510 --> 00:21:59,530
そして、私はいくつかをプリントアウト
ふわふわのものは、ここで私がやったと言って。

458
00:21:59,530 --> 00:22:01,600
>> それではキューブは何ですか?

459
00:22:01,600 --> 00:22:03,510
基本的に何に注意してください
ここでは異なる。

460
00:22:03,510 --> 00:22:05,540
私は機能を与えてくれた
以前と名前。

461
00:22:05,540 --> 00:22:08,270
私は、引数に名前を変更している。

462
00:22:08,270 --> 00:22:11,650
この時間は、それがn個、名前の代わりに呼ばれて、
私は私が欲しいもの、それを呼び出すことができます。

463
00:22:11,650 --> 00:22:12,650
しかし、これは異なっている。

464
00:22:12,650 --> 00:22:14,080
左のこの事。

465
00:22:14,080 --> 00:22:16,290
以前は、どのようなキーワードがでしたか?

466
00:22:16,290 --> 00:22:16,870
ボーイズ。

467
00:22:16,870 --> 00:22:18,580
今では明らかにint型です。

468
00:22:18,580 --> 00:22:20,630
>> だから奪うおそらく何ですか?

469
00:22:20,630 --> 00:22:24,090
ソートの空隙が意味するのに対し
無、それはそうであった。

470
00:22:24,090 --> 00:22:25,970
PrintNameには何も返されません。

471
00:22:25,970 --> 00:22:27,942
それは何かをしたが、
それは私を渡しませんでした

472
00:22:27,942 --> 00:22:30,650
私は置くことができるもの
等号の左辺

473
00:22:30,650 --> 00:22:32,460
私は22行目でここにやったように。

474
00:22:32,460 --> 00:22:36,780
>> だから私は、ライン30上に言えば、
何は、おそらく暗示していることだ

475
00:22:36,780 --> 00:22:38,610
私のために何をするかキューブはどうですか?

476
00:22:38,610 --> 00:22:41,110
うん?

477
00:22:41,110 --> 00:22:42,310
これは、整数を返します。

478
00:22:42,310 --> 00:22:44,590
だから、のために、私を手
紙のインスタンス、一片

479
00:22:44,590 --> 00:22:46,580
その上に、それは答えを書いています。

480
00:22:46,580 --> 00:22:50,130
2乗または3乗、または4
どんなcubed--私は、渡された

481
00:22:50,130 --> 00:22:51,540
そしてどのように私はこれを実装しましたか?

482
00:22:51,540 --> 00:22:54,810
まあ、ただのn倍のn倍のn
私は値を3乗する方法である。

483
00:22:54,810 --> 00:22:57,110
だからもう一度、超簡単
アイデアが実証

484
00:22:57,110 --> 00:23:00,100
今、私たちは、関数を記述できるか
それは実際に私達に戻っていた

485
00:23:00,100 --> 00:23:02,380
興味があるかもしれない値。

486
00:23:02,380 --> 00:23:05,740
>> それでは最後の例を見てみましょう
ここでは関数1と呼ばれる。

487
00:23:05,740 --> 00:23:08,530
この例では、開始
より魅力的な取得します。

488
00:23:08,530 --> 00:23:12,400
これは、関数のいずれかでそう
program--予告最終的に

489
00:23:12,400 --> 00:23:14,920
GetPositiveIntという関数を呼び出します。

490
00:23:14,920 --> 00:23:17,800
GetPositiveIntではありません
CS50ライブラリ内の関数、

491
00:23:17,800 --> 00:23:20,400
私たちは、私たちが決めた
それが存在したいと思います。

492
00:23:20,400 --> 00:23:24,550
>> だから、私たちはそれ以降のファイルに下にスクロールすると、
私が実装を歩き回った様子がわかり

493
00:23:24,550 --> 00:23:26,560
正の整数を取得し、私
それがより魅力的だと言う

494
00:23:26,560 --> 00:23:28,992
これは、まともなので、
コー​​ドの行数。

495
00:23:28,992 --> 00:23:30,700
それはちょうど愚かではありません
小さなおもちゃのプログラム。

496
00:23:30,700 --> 00:23:33,870
これは、実際にいくつかのエラーチェックを持っている
より有益な何かをしている。

497
00:23:33,870 --> 00:23:38,470
>> だから、チュートリアルを見ていないてしまった場合
私たちはPSET1に埋め込まれているビデオ、

498
00:23:38,470 --> 00:23:42,350
これは一種であることを知っている
その精神においては似たCループ、

499
00:23:42,350 --> 00:23:44,270
スクラッチができることの種類の。

500
00:23:44,270 --> 00:23:46,320
そして、これを行うのですかと言います。

501
00:23:46,320 --> 00:23:47,500
これを印刷してください。

502
00:23:47,500 --> 00:23:51,860
その後、先に行くとN--取得
int型を取得し、n個に格納し、

503
00:23:51,860 --> 00:23:55,760
そして何度も何度もこれをやり続けると
再び限り、nが1未満である。

504
00:23:55,760 --> 00:23:58,720
>> だから、nは1未満になるだろう
人間が協力しない場合のみ。

505
00:23:58,720 --> 00:24:01,980
彼または彼女のように入力された場合
0または-1または-50において、

506
00:24:01,980 --> 00:24:04,790
このループは維持しようとしている
何度も何度も実行する。

507
00:24:04,790 --> 00:24:07,549
そして最終的に、I気付く
単に値を返す。

508
00:24:07,549 --> 00:24:09,590
だから今、私たちは、機能を持っている
それは素晴らしいしてきただろう

509
00:24:09,590 --> 00:24:14,040
CS50は内実装した場合
あなたのためのCS50.hとCS50.c、

510
00:24:14,040 --> 00:24:16,520
が、ここではできるようになりまし
この自分自身を実装します。

511
00:24:16,520 --> 00:24:19,230
>> しかし、いくつかの重要な詳細に関する2つのコメント。

512
00:24:19,230 --> 00:24:24,390
私はint型を宣言しなかった理由選ぶ - 
nは、ライン29上で、あなたは思いますか

513
00:24:24,390 --> 00:24:27,139
だけではなく行うための
ここで、これは、これは、

514
00:24:27,139 --> 00:24:28,930
とより一致
私たちは先週やった?

515
00:24:28,930 --> 00:24:29,430
うん?

516
00:24:29,430 --> 00:24:34,485

517
00:24:34,485 --> 00:24:35,110
よくお考え。

518
00:24:35,110 --> 00:24:37,080
だから、私たちはそれを置くした場合
ここで、私たちと同じようにだ

519
00:24:37,080 --> 00:24:39,110
何度も何度もそれを宣言しておく。

520
00:24:39,110 --> 00:24:42,000
それ自体はつまり
問題ではない、それ自体、

521
00:24:42,000 --> 00:24:43,940
私たちが唯一の必要があるため
一度、値

522
00:24:43,940 --> 00:24:45,330
私たちはとにかく新しいものを取得するつもりだ。

523
00:24:45,330 --> 00:24:45,940
しかし、よく考えて。

524
00:24:45,940 --> 00:24:46,440
うん?

525
00:24:46,440 --> 00:24:52,770

526
00:24:52,770 --> 00:24:53,330
>> 閉じる。

527
00:24:53,330 --> 00:24:59,030
だから私は、n上で宣言されたので
ライン29のループの外に、

528
00:24:59,030 --> 00:25:01,390
それは全体でアクセス可能です
この全体の機能。

529
00:25:01,390 --> 00:25:05,400
なぜなら、他の機能はありません
nは、これらの巻き毛の内部に残っている

530
00:25:05,400 --> 00:25:06,470
ここにブレース。

531
00:25:06,470 --> 00:25:07,940
必ずSo--。

532
00:25:07,940 --> 00:25:12,430

533
00:25:12,430 --> 00:25:12,940
>> その通り。

534
00:25:12,940 --> 00:25:14,356
だから、これはさらにポイントまでです。

535
00:25:14,356 --> 00:25:18,600
私たちは代わりに宣言された場合
nは右ここにライン32上の、

536
00:25:18,600 --> 00:25:22,340
推測ので、それは問題だ
他にどこ私はそれにアクセスする必要がありますか?

537
00:25:22,340 --> 00:25:25,620
ライン34、およびオン
親指の簡単なルールがある

538
00:25:25,620 --> 00:25:30,060
あなただけの変数を使用することができます
最も最近の中括弧の内側

539
00:25:30,060 --> 00:25:31,420
これであなたはそれを宣言した。

540
00:25:31,420 --> 00:25:35,230
>> 残念ながら、34行
一行は、遅すぎる

541
00:25:35,230 --> 00:25:38,560
私はすでに閉じられてきたので、
ライン33上の中かっこ

542
00:25:38,560 --> 00:25:41,220
すなわち、に対応
ライン30上の中カッコ。

543
00:25:41,220 --> 00:25:44,180
そして、これは言っての方法です
この変数intは、スコープされていることを、

544
00:25:44,180 --> 00:25:46,970
これだけ内側に、話す
これらの中括弧の。

545
00:25:46,970 --> 00:25:48,910
それはちょうどそれらの外側には存在しません。

546
00:25:48,910 --> 00:25:51,580
>> だから確かに、私はこれを行う場合は、
間違って、私はコードを保存しましょう

547
00:25:51,580 --> 00:25:53,530
それが間違って書かれis--として。

548
00:25:53,530 --> 00:25:57,990
私が先に行くと確認してみましょう
機能1、およびnotice--エラー。

549
00:25:57,990 --> 00:26:03,502
未宣言の識別子nの利用
右ここでライン35、上。

550
00:26:03,502 --> 00:26:05,210
そして、私たちは上にスクロールした場合
さらに、別の1。

551
00:26:05,210 --> 00:26:08,750
未申告の使用
ライン34上の識別子nを。

552
00:26:08,750 --> 00:26:11,200
>> だから、コンパイラ、クラング、
ただそれに気づいていることをされている

553
00:26:11,200 --> 00:26:13,720
にもかかわらず、存在しません
明らかにそれが視覚的にあります。

554
00:26:13,720 --> 00:26:16,090
だから、簡単な修正ではそこに宣言されている。

555
00:26:16,090 --> 00:26:18,790
>> 今、私はにスクロールしてみましょう
ファイルの先頭。

556
00:26:18,790 --> 00:26:21,080
何としてあなたに飛び出す
少し異なっている

557
00:26:21,080 --> 00:26:23,070
スタッフから私たちは、先週見?

558
00:26:23,070 --> 00:26:26,990
私だけではなく、名前を持っているんだけでなく、
私は、いくつかの鋭いがトップアップが含まれている

559
00:26:26,990 --> 00:26:29,340
私は私は何かを持っている
プロトタイプを呼び出す。

560
00:26:29,340 --> 00:26:36,100
今ではと非常に類似して見えるもの
私たちは27行に先ほど見ました。

561
00:26:36,100 --> 00:26:39,230
>> それでは、異なるから推測しましょう
エラーメッセージは、なぜ私はこれをやった。

562
00:26:39,230 --> 00:26:42,050
私は先に行ってみようと
そこにこれらの行を削除してください。

563
00:26:42,050 --> 00:26:44,240
そして、私たちは、プロトタイプについて何も知らない。

564
00:26:44,240 --> 00:26:45,430
このファイルをリメイク。

565
00:26:45,430 --> 00:26:46,890
機能1を加えます。

566
00:26:46,890 --> 00:26:48,090
そして今、いまいましい、4のエラー。

567
00:26:48,090 --> 00:26:50,220
まずは1までスクロールしてみましょう。

568
00:26:50,220 --> 00:26:55,070
>> 関数の暗黙的な宣言
正の整数を取得し、C99には無効です。

569
00:26:55,070 --> 00:26:57,780
C99はちょうど1999年を意味し、
言語のバージョン

570
00:26:57,780 --> 00:26:59,710
私たちが実際に使用しているものは、C、。

571
00:26:59,710 --> 00:27:01,050
だから、これは何を意味するのでしょうか?

572
00:27:01,050 --> 00:27:05,250
さてC--、より具体的には、C
compilers--はかなりダムプログラムです。

573
00:27:05,250 --> 00:27:07,420
彼らはあなたがしたか知っている
彼らに言った、それはだ

574
00:27:07,420 --> 00:27:08,960
先週から、実際のテーマ。

575
00:27:08,960 --> 00:27:12,910
>> 問題があれば私は行くことです
ここに名前を実装について、

576
00:27:12,910 --> 00:27:17,640
と私は呼び出された関数を呼び出す
20行目でここにGetPositiveInt

577
00:27:17,640 --> 00:27:22,520
その機能は、技術的にはしません
コンパイラはライン27を見るまで存在しています。

578
00:27:22,520 --> 00:27:25,450
残念ながら、コンパイラがある
トップ、下、右、左をやって、

579
00:27:25,450 --> 00:27:29,580
それが見ていないので、そのように
GetPositiveIntの実施、

580
00:27:29,580 --> 00:27:32,400
それはあなたがしようとして見ている
ここでそれを使用するには、

581
00:27:32,400 --> 00:27:35,810
それだけで叫ぶbail--になるだろう
エラーのあるあなたは、おそらくmessage--

582
00:27:35,810 --> 00:27:38,440
不可解ではなく、実際に
ファイルをコンパイルします。

583
00:27:38,440 --> 00:27:41,940
>> だから、いわゆるプロトタイプアップ
ここで明らかに冗長である。

584
00:27:41,940 --> 00:27:47,870
文字通り、私はここでダウンしたと私はコピーされた
これを貼り付けた、と私はここでそれを置く。

585
00:27:47,870 --> 00:27:51,020
ボイドがより適切であるように、私たちはよ
文字通りコピーしてこの時間を貼り付けます。

586
00:27:51,020 --> 00:27:52,854
私は文字通りコピーし、それを貼り付けた。

587
00:27:52,854 --> 00:27:54,270
本当にただパン粉など。

588
00:27:54,270 --> 00:27:56,260
>> コンパイラにはほとんど手掛かり。

589
00:27:56,260 --> 00:27:58,860
私はこれが何をするか分からない
まだ、私はあなたに約束しています

590
00:27:58,860 --> 00:28:00,260
それは最終的に存在すること。

591
00:28:00,260 --> 00:28:04,010
これがline--だからこそです
セミコロンで終わる16--ライン。

592
00:28:04,010 --> 00:28:05,486
これは、設計上冗長である。

593
00:28:05,486 --> 00:28:05,986
はい?

594
00:28:05,986 --> 00:28:11,340

595
00:28:11,340 --> 00:28:14,360
>> あなたはあなたのライブラリをリンクしていない場合
ああ、良い質問をthe--する。

596
00:28:14,360 --> 00:28:17,350
シャープは、ヘッダファイルのインクルードが含まれています。

597
00:28:17,350 --> 00:28:20,040
be--する必要がほとんどべき
常に一番上にあること

598
00:28:20,040 --> 00:28:23,270
用similar--用のファイルの
まったく同じ理由で、はい。

599
00:28:23,270 --> 00:28:26,430
規格であるため
io.hは文字通り行です

600
00:28:26,430 --> 00:28:30,560
このように、という言葉のprintfで、かつ
その引数と戻り値の型を持つ。

601
00:28:30,560 --> 00:28:33,310
だから鋭いを行うことによって含まれる
ここで、あなたは、文字通り何をやっている

602
00:28:33,310 --> 00:28:36,380
内容をコピーして貼り付けている
誰か他の人のトップを書きました。

603
00:28:36,380 --> 00:28:39,660
これによりまでにコードをcluing
それらの関数が存在しないという事実。

604
00:28:39,660 --> 00:28:40,160
うん?

605
00:28:40,160 --> 00:28:47,520

606
00:28:47,520 --> 00:28:48,260
>> もちろんです。

607
00:28:48,260 --> 00:28:51,690
だから、非常に巧妙な、正しい
解決策は次のようになり、あなたは何を知っていますか?

608
00:28:51,690 --> 00:28:53,760
私は知らないものをA
試作品ですが、私は知っている

609
00:28:53,760 --> 00:28:56,390
私はCだけであることを理解していれば
ダムと下へrethinks。

610
00:28:56,390 --> 00:28:57,820
さてそれでは、それが何を望んで、それを与えてみましょう。

611
00:28:57,820 --> 00:29:01,650
それを貼り付け、のはそのコードをカットしてみましょう
トップ、そして今ダウン以下の主なプッシュ。

612
00:29:01,650 --> 00:29:03,470
これも、問題を解決するだろう。

613
00:29:03,470 --> 00:29:07,409
>> しかし、あなたは非常に簡単に思い付くことができ
AがBを呼び出す必要がするシナリオ、

614
00:29:07,409 --> 00:29:10,075
多分BはA.これにコールバックします
再帰と呼ばれるものであり、

615
00:29:10,075 --> 00:29:11,370
私たちは戻ってそれに来る。

616
00:29:11,370 --> 00:29:13,911
そしてそれは良いかであってもなくてもよい
事が、あなたは間違いなくできます

617
00:29:13,911 --> 00:29:15,110
このソリューションを破る。

618
00:29:15,110 --> 00:29:17,690
>> しかも、私はだろう
文体主張、

619
00:29:17,690 --> 00:29:20,760
特にあなたのプログラム
これが長いと、この長くなる、

620
00:29:20,760 --> 00:29:23,064
それだけで、超便利です
上部のメイン置くために

621
00:29:23,064 --> 00:29:25,730
なぜならそれは、ほとんどのことだ
プログラマは気にしようとしている。

622
00:29:25,730 --> 00:29:28,150
そしてそれは少しクリーナーですが、
ほぼ間違いなく、それを道を行うには

623
00:29:28,150 --> 00:29:30,380
私はもともとそれをやった
プロトタイプでさえ

624
00:29:30,380 --> 00:29:33,396
それが少し見えますが
一見冗長。

625
00:29:33,396 --> 00:29:33,895
うん?

626
00:29:33,895 --> 00:29:36,472

627
00:29:36,472 --> 00:29:37,680
申し訳ありませんが、あなたはそれを大声で言うことができますか?

628
00:29:37,680 --> 00:29:45,650

629
00:29:45,650 --> 00:29:49,580
>> あなたはの位置を切り替えると
実装とプロトタイプ?

630
00:29:49,580 --> 00:29:51,270
だから、それは良い質問ですね。

631
00:29:51,270 --> 00:29:53,780
もしあれば、このダウンを再宣言
ここで、何が起こるか見てみましょう。

632
00:29:53,780 --> 00:29:55,530
だから私はこのダウンを入れている場合
ここに、あなたが言っている。

633
00:29:55,530 --> 00:29:57,860

634
00:29:57,860 --> 00:29:58,360
あ、ごめん。

635
00:29:58,360 --> 00:29:58,859
大声?

636
00:29:58,859 --> 00:30:02,000

637
00:30:02,000 --> 00:30:04,011
でも大きな声。

638
00:30:04,011 --> 00:30:04,760
ああ、良い質問。

639
00:30:04,760 --> 00:30:05,860
それは機能を無効にするか?

640
00:30:05,860 --> 00:30:08,901
あなたは、私は、これらすべての年後に、知っている
その後、プロトタイプを入れたことがありません。

641
00:30:08,901 --> 00:30:13,810
それでは、関数-1を作るやらせる
それをやった。

642
00:30:13,810 --> 00:30:15,279
>> [つぶやき]

643
00:30:15,279 --> 00:30:16,320
DAVID J.マラン:ああ、待ってください。

644
00:30:16,320 --> 00:30:17,944
私たちはまだトップにすべてを我慢する必要があります。

645
00:30:17,944 --> 00:30:21,400
私がいたらそれでは、ここにこれをやらせる
正しくあなたの質問を理解する。

646
00:30:21,400 --> 00:30:24,700
私には、すべてのものを入れている
主上記の試作品、

647
00:30:24,700 --> 00:30:28,180
しかし、私はプロトタイプを入れている
実装以下に。

648
00:30:28,180 --> 00:30:33,190
>> 私はものを作るのであれば、私が得ている
バックerror--未使用変数n。

649
00:30:33,190 --> 00:30:37,280

650
00:30:37,280 --> 00:30:37,860
ああ、そこ。

651
00:30:37,860 --> 00:30:38,360
ありがとう。

652
00:30:38,360 --> 00:30:39,430
見てみましょう、私たちはこのを取り除く。

653
00:30:39,430 --> 00:30:41,304
つまり、別のバグです
それでは、それを無視してみましょう。

654
00:30:41,304 --> 00:30:43,910
本当にすぐにこれをリメイクしてみましょう。

655
00:30:43,910 --> 00:30:48,100
>> [OK]を、ので、データの引数ではありません
フォーマット文字列で使用される

656
00:30:48,100 --> 00:30:52,310
N--ああ、それはあるためです
私はここで、これらに変更されました。

657
00:30:52,310 --> 00:30:55,885
すべての権利、私たちはどのような答えを知っている
to--大丈夫だろう、ここに私達は行く。

658
00:30:55,885 --> 00:31:00,560
ああ、ポジティブに感謝。

659
00:31:00,560 --> 00:31:03,430
すべての権利、私はこのコードを修正する
after--この特定のバグを無視

660
00:31:03,430 --> 00:31:08,300
これは、それが動作するwas--以来答えです。

661
00:31:08,300 --> 00:31:11,560
>> だから、上書きされることはありません
何あなただけやった。

662
00:31:11,560 --> 00:31:14,800
私は、コンパイラを疑う
そのような方法で書かれている

663
00:31:14,800 --> 00:31:18,420
それはあなたのプロトタイプを無視していること
ボディので、いわば、

664
00:31:18,420 --> 00:31:20,922
機能については既に持って
高アップを実現されて。

665
00:31:20,922 --> 00:31:23,380
私は実際に相談しなければならないでしょう
コンパイラのマニュアル

666
00:31:23,380 --> 00:31:26,171
他のがあるかどう理解する
含意が、一目見ただけで

667
00:31:26,171 --> 00:31:29,290
ちょうどしようと実験することで、
は影響はなさそうです。

668
00:31:29,290 --> 00:31:30,730
良い質問。

669
00:31:30,730 --> 00:31:33,660
>> それでは、今押し進める動いてみましょう
離れた副作用からの

670
00:31:33,660 --> 00:31:36,660
のような何かをする関数です
視覚的にはprintfを使って、画面に、

671
00:31:36,660 --> 00:31:38,090
が、値を返さない。

672
00:31:38,090 --> 00:31:41,550
とリターンを持つ関数
私たちのような値だけをいくつか見ました。

673
00:31:41,550 --> 00:31:45,350
私たちはすでに、スコープのこの概念を見た
私たちは何度も何度も、これを表示されます。

674
00:31:45,350 --> 00:31:47,210
しかし、今のために、再び、
経験則を使用

675
00:31:47,210 --> 00:31:51,410
変数は、使用することができること
最近開いた内部

676
00:31:51,410 --> 00:31:54,350
そして、私たちのように中括弧を閉じた
その特定の例で見た。

677
00:31:54,350 --> 00:31:56,910
>> そして、あなたは、指摘したように
ability--があります

678
00:31:56,910 --> 00:32:00,040
これらの問題のいくつかを解決することができ
グローバル変数を置くことによって、

679
00:32:00,040 --> 00:32:01,290
ファイルの最上部で。

680
00:32:01,290 --> 00:32:03,630
しかし、ほとんどすべての場合において
私たちはその上に難色を示すだろう、

681
00:32:03,630 --> 00:32:06,170
実際にさえ行かない
今のところ、その溶液中に。

682
00:32:06,170 --> 00:32:09,890
だから今のために、お持ち帰りはということです
変数は、スコープのこの概念を持っている。

683
00:32:09,890 --> 00:32:13,430
>> しかし、今のは、別のを見てみましょう
実際に見ての乾燥方法

684
00:32:13,430 --> 00:32:15,810
いくつかの非常に興味深いで
実装の詳細。

685
00:32:15,810 --> 00:32:17,810
どのように情報を表すことがあります。

686
00:32:17,810 --> 00:32:20,370
そして、私たちはすでにこれを見た
クラスの最初の週に。

687
00:32:20,370 --> 00:32:23,320
バイナリを見ると、と
小数の自分を思い出させて。

688
00:32:23,320 --> 00:32:28,310
>> しかし、Cが持っていることを先週からリコール
複数の異なるデータ型と房、

689
00:32:28,310 --> 00:32:30,600
しかし最も有用なもの
今のところこれらの可能性があります。

690
00:32:30,600 --> 00:32:36,030
char型、または文字、どうなる
1バイト、または8ビットの合計であると。

691
00:32:36,030 --> 00:32:40,060
そして、それは大きさと言うことだ
char型のちょうど1バイトです。

692
00:32:40,060 --> 00:32:45,370
バイトは8ビットであるので、これはあることを意味
私たちはどのように多くの文字を表現することができます。

693
00:32:45,370 --> 00:32:47,320
どのように多くの文字や
キーボード上の記号

694
00:32:47,320 --> 00:32:49,210
私たちは1バイトまたは8ビットを持っている場合。

695
00:32:49,210 --> 00:32:51,546
戻っ週ゼロに考えてみてください。

696
00:32:51,546 --> 00:32:53,420
あなたが8ビットを持っている場合は、
どのように多くの合計値

697
00:32:53,420 --> 00:32:55,503
あなたは表すことができます
0と1のパターンは?

698
00:32:55,503 --> 00:32:58,170

699
00:32:58,170 --> 00:33:00,260
それよりひとつ選ぶ。

700
00:33:00,260 --> 00:33:03,490
だから、256総よろしければ
ゼロからカウントを開始。

701
00:33:03,490 --> 00:33:07,120
だから、8 bits--のでもし持っている場合
、再びここに私たちのバイナリ球根を持っていた

702
00:33:07,120 --> 00:33:12,180
私たちは上の電球を回すことができる
256ユニークなパターンのいずれかでのオフ。

703
00:33:12,180 --> 00:33:13,640
>> さて、これは少し問題がある。

704
00:33:13,640 --> 00:33:16,857
英語の場合ほどではないと
ロマンス言語が、確かに

705
00:33:16,857 --> 00:33:19,190
あなたが紹介したときに、用
インスタンス、アジア言語、どの

706
00:33:19,190 --> 00:33:22,580
のようなよりもはるかに多くのシンボルを持っている
アルファベットの26文字。

707
00:33:22,580 --> 00:33:24,390
私たちは、実際に必要になる場合があります
1バイトを超える。

708
00:33:24,390 --> 00:33:28,240
そしてありがたいことにある
近年の社会を持ってい

709
00:33:28,240 --> 00:33:31,040
使用する他の基準を採用し
充電あたり1バイトを超える。

710
00:33:31,040 --> 00:33:34,210
>> しかし、今C言語で、デフォルトは
ちょうど1バイトまたは8ビットである。

711
00:33:34,210 --> 00:33:38,195
整数は、一方、4です
バイトは、それ以外の場合は32ビットとして知られている。

712
00:33:38,195 --> 00:33:41,320
どちらが可能な限り最大何を意味し
私たちはint型で表すことができ数

713
00:33:41,320 --> 00:33:41,820
どうやら?

714
00:33:41,820 --> 00:33:44,426

715
00:33:44,426 --> 00:33:45,050
億。

716
00:33:45,050 --> 00:33:46,760
だから、40億与えるか、または取ることです。

717
00:33:46,760 --> 00:33:49,840
2第32回パワーに、私たちの場合
負の数値を負いません

718
00:33:49,840 --> 00:33:52,530
ちょうどすべての肯定を使用
数字は、それが40億だ

719
00:33:52,530 --> 00:33:53,730
可能性を与えるか、または取る。

720
00:33:53,730 --> 00:33:57,890
フロートは、一方、異なるタイプである
それはまだ多数のC.データ型の、

721
00:33:57,890 --> 00:33:58,990
それは実数です。

722
00:33:58,990 --> 00:34:00,660
小数点を何か。

723
00:34:00,660 --> 00:34:03,000
そして、それはことが判明
Cも4バイトを使用しています

724
00:34:03,000 --> 00:34:05,340
浮動小数点値を表します。

725
00:34:05,340 --> 00:34:09,420
>> 残念ながら、どのように多くの浮動
ポイント値が世界にありますか?

726
00:34:09,420 --> 00:34:11,582
どのように多くの実数がありますか?

727
00:34:11,582 --> 00:34:13,540
無限があります
数、そのことについては

728
00:34:13,540 --> 00:34:15,164
整数の無限の数があります。

729
00:34:15,164 --> 00:34:18,070
だから私たちは一種の既にしている
ここに自分の穴を掘る。

730
00:34:18,070 --> 00:34:21,780
これにより明らかにcomputers--中
them--にC言語で書かれたプログラム以上

731
00:34:21,780 --> 00:34:24,110
のみと高く数えることができます
40億与えるか、または取る、

732
00:34:24,110 --> 00:34:26,260
浮動小数点値
唯一明らかにすることができます

733
00:34:26,260 --> 00:34:28,330
精度のある有限量を持っている。

734
00:34:28,330 --> 00:34:30,810
非常に多くの数字の後にのみ
彼らの小数点以下。

735
00:34:30,810 --> 00:34:32,822
>> もちろん、もし、なぜなら
あなただけの32ビットを有する、

736
00:34:32,822 --> 00:34:36,030
私たちはついて行くつもりだかわからない
おそらく本当numbers--を表す

737
00:34:36,030 --> 00:34:37,409
パターンの異なるタイプ。

738
00:34:37,409 --> 00:34:40,030
しかし、有限のは確かにありま​​す
このようなパターンの数は、

739
00:34:40,030 --> 00:34:41,830
従ってここでも、これは問題がある。

740
00:34:41,830 --> 00:34:43,710
>> 今、私たちは少し問題を回避することができる。

741
00:34:43,710 --> 00:34:45,710
あなたはフロートを使用しない場合は、
あなたは二重を使用することができます

742
00:34:45,710 --> 00:34:50,230
C言語で、これはあなたに8バイトを与える
ゼロのやり方より可能なパターンである

743
00:34:50,230 --> 00:34:50,730
ともの。

744
00:34:50,730 --> 00:34:55,199
しかし、それは起こっている、これはまだ有限だ
あなたがソフトウェアを書く場合には問題があることが

745
00:34:55,199 --> 00:34:57,670
グラフィックスのための、または空想のために
数式。

746
00:34:57,670 --> 00:35:00,410
だから、実際にはお勧めします
それよりも大きなカウントアップします。

747
00:35:00,410 --> 00:35:05,640
長いlong--愚かnamed--
また、8バイト、または64ビットであり、

748
00:35:05,640 --> 00:35:10,260
これは、intとして2倍の長さ
そしてそれは、長い整数値のためです。

749
00:35:10,260 --> 00:35:15,655
>> 楽しいfact-- intは4バイトであるかの
ロングは、一般的にC言語でどのくらいですか?

750
00:35:15,655 --> 00:35:18,290

751
00:35:18,290 --> 00:35:21,560
また、4バイトが、
長い長い、8バイトである

752
00:35:21,560 --> 00:35:23,050
これは歴史的な理由である。

753
00:35:23,050 --> 00:35:26,450
>> しかし、今持ち帰り
ただ、そのデータが持っているである

754
00:35:26,450 --> 00:35:29,625
だcomputer--で表現される
電気と物理デバイス、

755
00:35:29,625 --> 00:35:32,190
それは一般的に運転している
これらの零点とones--

756
00:35:32,190 --> 00:35:34,320
精度の有限量の。

757
00:35:34,320 --> 00:35:35,620
だから問題は、その後何ですか?

758
00:35:35,620 --> 00:35:37,480
>> さて問題があります
整数オーバーフロー。

759
00:35:37,480 --> 00:35:39,780
C言語ではなくだけではなく
一般のコンピュータ。

760
00:35:39,780 --> 00:35:42,590
例えば、この場合
バイトはbit--価値がある

761
00:35:42,590 --> 00:35:45,120
これは、すべての8 bit--ある場合
そのうちのナンバーワンである。

762
00:35:45,120 --> 00:35:47,300
これは何番です
私たちが想定した場合に相当

763
00:35:47,300 --> 00:35:50,730
それは、バイナリ内のすべての正の値ですか?

764
00:35:50,730 --> 00:35:54,410
>> 255、それは256から、ではない
ゼロが最も低い数字です。

765
00:35:54,410 --> 00:35:56,760
だから、255が最も高い
1が、問題

766
00:35:56,760 --> 00:36:00,330
私がしたかったとしている
この変数をインクリメントすること

767
00:36:00,330 --> 00:36:04,030
合計8ビットを使用している
私はそれをインクリメントしたい場合。

768
00:36:04,030 --> 00:36:07,160
>> さて私は追加や否や
これらのもののすべてに1、

769
00:36:07,160 --> 00:36:10,500
あなたはおそらくちょうどvisually--想像することができます
decimals--用いたものを運ぶような

770
00:36:10,500 --> 00:36:12,300
何かが左に流れるようになるだろう。

771
00:36:12,300 --> 00:36:15,590
そして実際、私は番号を追加した場合
バイナリーで何が起こるか、これに1、

772
00:36:15,590 --> 00:36:17,670
それがゼロに戻るオーバーフローするということです。

773
00:36:17,670 --> 00:36:21,730
>> だから、唯一のint型ではないuse--場合、
単一のバイトは整数をカウントする

774
00:36:21,730 --> 00:36:27,170
プログラム中、できるだけ早くdefault--による
あなたは、250に到達する251、252、253、254、

775
00:36:27,170 --> 00:36:32,710
255-- 0は、255の後に来る
おそらく何これはありません

776
00:36:32,710 --> 00:36:34,790
ユーザーが期待するようになるだろう。

777
00:36:34,790 --> 00:36:39,620
>> さて一方の点の世界を浮遊中、
あなたも同じような問題を抱えている。

778
00:36:39,620 --> 00:36:42,670
最大のnumber--とそんなにはありません
が、それはまだ問題です。

779
00:36:42,670 --> 00:36:45,360
しかし、精度の量
あなたが表現することができます。

780
00:36:45,360 --> 00:36:49,490
それでは、この例を見てみましょう
ここにも、今日のソースcode--から

781
00:36:49,490 --> 00:36:52,070
フロート0.c。

782
00:36:52,070 --> 00:36:54,280
>> そして、それはスーパーだ気付く
簡単なプログラムという

783
00:36:54,280 --> 00:36:56,580
明らかにどのような値をプリントアウトする必要があり?

784
00:36:56,580 --> 00:37:00,777

785
00:37:00,777 --> 00:37:04,110
これが印刷しようとしている賭け何をすべきか
新しい構文のビットがありますにもかかわらず、

786
00:37:04,110 --> 00:37:05,540
ここに?

787
00:37:05,540 --> 00:37:06,700
だから、うまくいけば0.1。

788
00:37:06,700 --> 00:37:10,000
したがって、1つの10分に相当
私は10で割った1をやっているので。

789
00:37:10,000 --> 00:37:12,430
私は答えを格納しています
Fと呼ばれる変数に。

790
00:37:12,430 --> 00:37:15,850
この変数は、float型のどちらである
私は提案されたキーワードが存在している。

791
00:37:15,850 --> 00:37:18,910
>> 私たちは前にこれを見たが、いませんでした
これはprintfの中できちんとした方法の一種である

792
00:37:18,910 --> 00:37:22,110
何桁を指定するよう
小数点の後に見てみたい。

793
00:37:22,110 --> 00:37:25,020
だから、この表記はただ意味
そのここにプレースホルダです。

794
00:37:25,020 --> 00:37:27,900
これは、浮動小数点のためだ
値、ああ、ところで、

795
00:37:27,900 --> 00:37:31,389
小数点がでそれを表示
小数点以下1番号。

796
00:37:31,389 --> 00:37:33,180
だから、数だ
有効桁数、

797
00:37:33,180 --> 00:37:34,650
そうしたいかもしれないと、話す。

798
00:37:34,650 --> 00:37:40,450
>> だから私が先に行くとやらせる
./float-0、浮動0にする、

799
00:37:40,450 --> 00:37:46,660
どうやら1 10で除した0.0です。

800
00:37:46,660 --> 00:37:47,760
さて、なぜなのでしょうか?

801
00:37:47,760 --> 00:37:51,380
>> さて、もう一度、コンピュータが取っている
文字通り私、私は書かれている1

802
00:37:51,380 --> 00:37:56,680
と私は10を書き込まれ、どのような推測を取る
これら二つの場合に想定データ型です

803
00:37:56,680 --> 00:37:58,440
値は?

804
00:37:58,440 --> 00:38:00,970
int型は、それが技術的にだ
少し違った。

805
00:38:00,970 --> 00:38:04,150
それは、典型的には長いですが、それはだ
最終的には、積分値。

806
00:38:04,150 --> 00:38:06,030
未浮動小数点値。

807
00:38:06,030 --> 00:38:09,456
>> この場合ということである
int型であり、これはintで、

808
00:38:09,456 --> 00:38:11,830
問題は、コンピュータということです
機能がありません

809
00:38:11,830 --> 00:38:13,680
でも、その小数点を格納する。

810
00:38:13,680 --> 00:38:16,430
だから、あなたは1分けない場合
10で整数を使用

811
00:38:16,430 --> 00:38:20,950
と分母の両方に
分母は、答えは0.1である必要があります。

812
00:38:20,950 --> 00:38:24,930
しかしcomputer--理由
これらはintegers--です

813
00:38:24,930 --> 00:38:27,430
0.1で何をすべきか分かっていない。

814
00:38:27,430 --> 00:38:30,010
>> だから、はっきりと何をしているのですか?

815
00:38:30,010 --> 00:38:33,120
それはちょうど、それを捨てるだ
と私は最終的に何を見ている

816
00:38:33,120 --> 00:38:38,830
私はあることを主張したという理由だけで0.0です
printfのは私の小数点が表示されます。

817
00:38:38,830 --> 00:38:41,740
しかし、問題はもしあなたということです
整数整数を分割、

818
00:38:41,740 --> 00:38:44,347
あなたは定義によりget--ます
の整数をC--。

819
00:38:44,347 --> 00:38:46,680
そして、それは何をするつもりはない
素敵で便利なもの

820
00:38:46,680 --> 00:38:49,040
それラウンドまでの様
1上下に最も近い。

821
00:38:49,040 --> 00:38:51,860
それは、切り捨てるために起こっている
小数点以下はすべて。

822
00:38:51,860 --> 00:38:54,030
>> だから直感的に、
おそらく修正何ですか?

823
00:38:54,030 --> 00:38:55,351
ここで最も簡単な修正は何ですか?

824
00:38:55,351 --> 00:38:55,850
うん?

825
00:38:55,850 --> 00:39:00,570

826
00:39:00,570 --> 00:39:01,100
その通り。

827
00:39:01,100 --> 00:39:04,200
なぜ私たちは、これらを扱わない
効果的に浮動小数点値

828
00:39:04,200 --> 00:39:05,860
山車やダブルスにしてしまう。

829
00:39:05,860 --> 00:39:10,500
そして今、私が作る行うと山車-0、
または私は山車-1をコンパイルした場合、

830
00:39:10,500 --> 00:39:12,570
と同一である
だけで何を提案した。

831
00:39:12,570 --> 00:39:16,400
そして今、私は今、私は私の0.1を取得し、山車-0を実行します。

832
00:39:16,400 --> 00:39:17,234
>> さて、これは素晴らしいです。

833
00:39:17,234 --> 00:39:19,441
しかし、今私は何をするつもりです
少し違った。

834
00:39:19,441 --> 00:39:22,280
私は実際に何を見て興味
ボンネットの下に起こって、

835
00:39:22,280 --> 00:39:26,050
そして私はこれを印刷するつもりです
アウト28小数点以下の桁。

836
00:39:26,050 --> 00:39:29,730
私は実際に見てみたい
0.1000-- infinite--

837
00:39:29,730 --> 00:39:32,710
その0.1の後に[聞こえない] 27ゼロ。

838
00:39:32,710 --> 00:39:34,740
>> まあそれはだかどうかを見てみましょう
私は実際に何を得る。

839
00:39:34,740 --> 00:39:39,430
山車-0、同じファイルを作成します。

840
00:39:39,430 --> 00:39:41,150
./floats-0。

841
00:39:41,150 --> 00:39:44,380
それでは劇的な答えをズームインしてみましょう。

842
00:39:44,380 --> 00:39:49,980
すべてのこの時間は、あなたが考えてきた
10で割って1は10%、または0.1である。

843
00:39:49,980 --> 00:39:50,810
そうではありません。

844
00:39:50,810 --> 00:39:53,210
少なくともこれまでのように
コンピュータの心配。

845
00:39:53,210 --> 00:39:57,060
>> [OK]をwhy--さて、それは完全だ
10で割った嘘1は0.1である。

846
00:39:57,060 --> 00:39:59,710
しかし、それはありませんwhy--
持ち帰り今日。

847
00:39:59,710 --> 00:40:04,010
では、なぜコンピュータは、考えていない
客室内に私たちのすべてとは異なり、

848
00:40:04,010 --> 00:40:06,870
10で割った値1は、その
実際にその狂気値はありますか?

849
00:40:06,870 --> 00:40:10,620
どうやら何コンピューターは何ですか?

850
00:40:10,620 --> 00:40:12,490
なにそれ?

851
00:40:12,490 --> 00:40:13,785
>> それは、それ自体が、オーバーフローではありません。

852
00:40:13,785 --> 00:40:15,910
オーバーフロー時に、典型的には、
あなたが値を包み込む。

853
00:40:15,910 --> 00:40:18,970
これは、不正確、この問題だ
浮動小数点値の

854
00:40:18,970 --> 00:40:22,220
あなただけの32を持っている場合、
または多分64ビット。

855
00:40:22,220 --> 00:40:25,230
しかし、無限があるかどうか
本当numbers--数

856
00:40:25,230 --> 00:40:27,940
小数点付き数字
と数字は確かにthereafter--

857
00:40:27,940 --> 00:40:29,380
あなたはそれらのすべてを表すことはできません。

858
00:40:29,380 --> 00:40:32,870
だから、コンピュータが与えている
私達最も近い一致

859
00:40:32,870 --> 00:40:37,090
値には、それを使用して表すことができ
私は実際に必要な値に多くのビット、

860
00:40:37,090 --> 00:40:38,690
これ0.1である。

861
00:40:38,690 --> 00:40:40,685
>> 残念ながら、あなたの場合
数学をやって起動するか、または

862
00:40:40,685 --> 00:40:44,360
フローティングこれらの種類を含む開始
重要なprograms--におけるポイント値

863
00:40:44,360 --> 00:40:46,770
金融ソフトウェア、
軍事software--何でも

864
00:40:46,770 --> 00:40:49,090
ここで、認識がある
おそらくかなり重要な。

865
00:40:49,090 --> 00:40:51,520
そして、あなたは追加を開始
このような数字、および開始

866
00:40:51,520 --> 00:40:54,050
そのソフトウェアを実行している
本当に大規模な入力を持つ

867
00:40:54,050 --> 00:40:56,890
または数時間またはロットのロットについて
年の日またはロットの、

868
00:40:56,890 --> 00:41:01,060
これらの小さな小さなミス
確かに時間をかけてまで追加することができます。

869
00:41:01,060 --> 00:41:04,252
>> さて余談として、あなたがしている場合は、これまで
スーパーマン3またはオフィススペース見

870
00:41:04,252 --> 00:41:05,960
あなたが思い出すかもしれません
どのようにそれらの人が盗んだ

871
00:41:05,960 --> 00:41:08,668
自分のコンピュータからのたくさんのお金
浮動小数点値を用いて

872
00:41:08,668 --> 00:41:11,290
と少し足し
余り、うまくいけば、その映画

873
00:41:11,290 --> 00:41:12,390
今より理にかなっています。

874
00:41:12,390 --> 00:41:14,930
これは、彼らが何であったかである
その映画の中をほのめかして。

875
00:41:14,930 --> 00:41:16,710
そのほとんどの事実
企業は見ていないだろう

876
00:41:16,710 --> 00:41:18,600
特定の番号の後に
小数点以下の桁、

877
00:41:18,600 --> 00:41:20,009
が、これらは、セントの画分である。

878
00:41:20,009 --> 00:41:22,550
だから、それらを追加を開始
あなたはたくさんのお金を作り始める

879
00:41:22,550 --> 00:41:23,424
あなたの銀行口座にある。

880
00:41:23,424 --> 00:41:25,160
だから、オフィススペースを説明だ。

881
00:41:25,160 --> 00:41:28,220
>> 今、残念ながら越えて
そこにオフィススペース、

882
00:41:28,220 --> 00:41:31,794
いくつかの合法的に厄介である
そして重大な影響

883
00:41:31,794 --> 00:41:33,710
これらの種類の
設計上の決定の基礎となる、

884
00:41:33,710 --> 00:41:35,990
理由の実際1
私たちは途中でCを使う

885
00:41:35,990 --> 00:41:39,640
あなたが本当にこの地になるようです。
コンピュータがどのように機能するかを理解するまで、

886
00:41:39,640 --> 00:41:42,440
どのようにソフトウェアの仕組みと、そうでない
当然の何かを取る。

887
00:41:42,440 --> 00:41:45,820
>> そして実際、残念ながら、でも、と
その基本的理解、

888
00:41:45,820 --> 00:41:47,370
私たち人間は間違いを犯す。

889
00:41:47,370 --> 00:41:51,310
そして、私は私が共有したいと思ったことはある
この8分間のビデオは、ここで撮影

890
00:41:51,310 --> 00:41:56,980
ある現代の驚異のエピソードから、
物事の仕組みに関する教育ショー

891
00:41:56,980 --> 00:42:00,370
それは二つの絵を描く
の際に不適切な使用

892
00:42:00,370 --> 00:42:02,540
との理解
浮動小数点値

893
00:42:02,540 --> 00:42:05,610
いくつかの重要なにつながった
残念な結果。

894
00:42:05,610 --> 00:42:06,363
それでは見てみましょう。

895
00:42:06,363 --> 00:42:07,029
[ビデオ再生]

896
00:42:07,029 --> 00:42:11,290
 - 私たちは現在、エンジニアリング」に戻る
現代の驚異上の災害」。

897
00:42:11,290 --> 00:42:12,940
コンピュータ。

898
00:42:12,940 --> 00:42:15,580
私たちは、すべて受け入れるようになってきた
頻繁にイライラする問題という

899
00:42:15,580 --> 00:42:20,960
them--バグ、ウイルスを持って、
小規模な価格のためのソフトウェアglitches--

900
00:42:20,960 --> 00:42:23,100
便宜のために支払う。

901
00:42:23,100 --> 00:42:27,770
しかし、ハイテクとハイスピー​​ド
軍事·宇宙計画アプリケーション、

902
00:42:27,770 --> 00:42:32,780
できる最小の問題
災​​害に拡大される。

903
00:42:32,780 --> 00:42:38,880
>> 1996年6月4日には、科学者が用意
無人のアリアン5ロケットを起動します。

904
00:42:38,880 --> 00:42:41,190
それは科学的運んでいた
設計された人工衛星

905
00:42:41,190 --> 00:42:44,570
正確にどのように確立する
地球の磁場の相互作用

906
00:42:44,570 --> 00:42:47,380
太陽風と。

907
00:42:47,380 --> 00:42:50,580
ロケットのために建てられた
欧州宇宙機関、

908
00:42:50,580 --> 00:42:54,400
その施設からリフトオフ
フランス領ギアナの海岸に。

909
00:42:54,400 --> 00:42:57,520
>> 約37秒-Atへ
飛行、まず彼ら

910
00:42:57,520 --> 00:42:59,070
気づいた何かが間違っているつもりだった。

911
00:42:59,070 --> 00:43:02,240
ノズルは、旋回されたことを
ようにして、彼らは本当にいけない。

912
00:43:02,240 --> 00:43:06,550
飛行中に40秒の周囲には、
明らかに車両がトラブルにあった、

913
00:43:06,550 --> 00:43:08,820
彼らが作ったとき、それはだ
それを破壊することを決定。

914
00:43:08,820 --> 00:43:12,370
レンジ安全管理者、と
途方もないガッツは、ボタンを押した

915
00:43:12,370 --> 00:43:18,030
それができる前に、ロケットを爆破
公共の安全に危険になる。

916
00:43:18,030 --> 00:43:21,010
>>  - これは処女だった
アリアン5の航海、

917
00:43:21,010 --> 00:43:23,920
そしてその破壊がかかった
なぜなら傷の場所

918
00:43:23,920 --> 00:43:25,932
ロケットのソフトウェアに組み込まれ。

919
00:43:25,932 --> 00:43:27,640
上-The問題
アリアンはありました

920
00:43:27,640 --> 00:43:30,500
必要な数であった
表現する64ビット、

921
00:43:30,500 --> 00:43:33,560
彼らは変換したい
16ビット数のこと。

922
00:43:33,560 --> 00:43:36,820
彼らは数を想定
非常に大きなことになるだろうことはなかった。

923
00:43:36,820 --> 00:43:40,940
その中で、これらの数字の最も
64ビットの数値はゼロだった。

924
00:43:40,940 --> 00:43:42,450
彼らは間違っていた。

925
00:43:42,450 --> 00:43:45,000
>> 1の-Theできないこと
受け入れるソフトウェアプログラム

926
00:43:45,000 --> 00:43:49,460
によって生成された番号の種類
別の障害の根本にあった。

927
00:43:49,460 --> 00:43:54,260
ソフトウェア開発はなっていた
新技術の非常に高価な部品。

928
00:43:54,260 --> 00:43:57,060
アリアン4ロケットは持っていた
非常に成功して。

929
00:43:57,060 --> 00:44:01,600
用に作成したソフトウェアのそんなに
それはまた、アリアン5で使用した。

930
00:44:01,600 --> 00:44:04,790
>> -The基本的な問題
ことは、アリアン5であった。

931
00:44:04,790 --> 00:44:11,200
faster--、より高速に加速され、
ソフトウェアは、その会計処理していなかった。

932
00:44:11,200 --> 00:44:14,910
>> ロケットの-The破壊
巨大な財政の災害だった。

933
00:44:14,910 --> 00:44:18,630
微小なソフトウェアエラーが原因のすべて。

934
00:44:18,630 --> 00:44:21,160
しかし、これは最初ではなかった
時間データ変換の問題

935
00:44:21,160 --> 00:44:24,770
現代のロケット技術を悩ませていた。

936
00:44:24,770 --> 00:44:28,020
>> 開始と1991 -In
第一次湾岸戦争の、

937
00:44:28,020 --> 00:44:30,540
パトリオット·ミサイル
似たような種類を経験した

938
00:44:30,540 --> 00:44:32,465
番号変換の問題。

939
00:44:32,465 --> 00:44:36,760
その結果、28 people-- 28
アメリカンsoldiers--が殺された、

940
00:44:36,760 --> 00:44:39,010
約百他は負傷。

941
00:44:39,010 --> 00:44:42,830
ときになっていたパトリオット、
着信スカッドから保護するために、

942
00:44:42,830 --> 00:44:45,780
ミサイルを発射することができなかった。

943
00:44:45,780 --> 00:44:51,610
>> 毎期イラクはクウェート、アメリカを侵略
初期の1991年に砂漠の嵐を立ち上げ、

944
00:44:51,610 --> 00:44:55,720
パトリオットミサイル電池が配備されました
サウジアラビアとイスラエルを守るために

945
00:44:55,720 --> 00:44:59,180
イラクのスカッドミサイル攻撃から。

946
00:44:59,180 --> 00:45:03,080
パトリオットは、米国の中​​距離である
対空システム

947
00:45:03,080 --> 00:45:06,530
レイセオン社製。

948
00:45:06,530 --> 00:45:09,500
>> パトリオットの-Theサイズ
インターセプターitself--

949
00:45:09,500 --> 00:45:14,705
それは約約20フィートの長さですが、
それは約2000ポンドの重量を量る。

950
00:45:14,705 --> 00:45:19,090
そしてそれは、約の弾頭を運ぶ
私はそれがおよそ150ポンドだと思います。

951
00:45:19,090 --> 00:45:23,880
そして弾頭自体はある
高性能爆薬、どの

952
00:45:23,880 --> 00:45:26,700
彼の周りの断片を持っています。

953
00:45:26,700 --> 00:45:31,630
だから、弾頭​​のケーシングは、
散弾のよ​​うに機能するように設計されています。

954
00:45:31,630 --> 00:45:34,040
>> -Theミサイルを搭載しています
コンテナごとに4つ、

955
00:45:34,040 --> 00:45:37,170
そしてセミトレーラーによって輸送される。

956
00:45:37,170 --> 00:45:44,880
>> -Theパトリオットアンチミサイルシステム
今は、少なくとも20年以上さかのぼる。

957
00:45:44,880 --> 00:45:48,380
もともとは設計されました
防空ミサイルなど

958
00:45:48,380 --> 00:45:50,810
敵の飛行機を撃墜する。

959
00:45:50,810 --> 00:45:54,410
第一次湾岸戦争で
その戦争が上に来たとき、

960
00:45:54,410 --> 00:45:59,650
陸軍は、それを使用したい
スカッドではなく、飛行機を撃墜。

961
00:45:59,650 --> 00:46:03,580
イラク空軍はあった
問題のあまりいない、

962
00:46:03,580 --> 00:46:06,590
しかし陸軍はスカッドを心配していた。

963
00:46:06,590 --> 00:46:10,120
だから、彼らはしみました
パトリオットをアップグレードしてください。

964
00:46:10,120 --> 00:46:12,740
>> 敵を-Intercepting
マッハ5で走行ミサイル

965
00:46:12,740 --> 00:46:15,670
十分に挑戦するつもりだった。

966
00:46:15,670 --> 00:46:18,440
しかし、ときパトリオット
サービスに突入し、

967
00:46:18,440 --> 00:46:22,580
陸軍は知らなかった
イラクの変更その

968
00:46:22,580 --> 00:46:25,880
ほぼ自分のスカッドを作った
それまでは不可能。

969
00:46:25,880 --> 00:46:30,690
>> スカッドは - 何が起こっている
不安定であった中で来ていた。

970
00:46:30,690 --> 00:46:32,000
彼らはグラグラだった。

971
00:46:32,000 --> 00:46:37,210
この理由は、Iraqis--た
600キロ出得るために

972
00:46:37,210 --> 00:46:41,680
300キロの範囲のmissile--
フロント弾頭から体重を取った、

973
00:46:41,680 --> 00:46:43,340
そして弾頭を軽量化。

974
00:46:43,340 --> 00:46:48,490
だから今パトリオットのが来てしようとしている
スカッドで、time--の最も

975
00:46:48,490 --> 00:46:52,880
の圧倒的多数
time--それだけでスカッドによって飛んでいくのだ。

976
00:46:52,880 --> 00:46:57,120
>> パトリオットシステムオペレータ-once
パトリオットは、そのターゲットを逃したが実現、

977
00:46:57,120 --> 00:47:01,630
彼らはパトリオットの弾頭を爆発させた
それ可能であれば死傷者を避けるために

978
00:47:01,630 --> 00:47:04,440
地面に落下させた。

979
00:47:04,440 --> 00:47:08,700
>>  - すなわち、ほとんどの人が見たものだった
空には大きな火の玉のような、

980
00:47:08,700 --> 00:47:14,180
とと誤解
スカッドの弾頭の切片。

981
00:47:14,180 --> 00:47:18,020
>> 夜空での-Although、ペイトリオッツ
正常に破壊されるようで

982
00:47:18,020 --> 00:47:23,280
スカッドは、ダーランである可能性があり
そのパフォーマンスについては間違いありません。

983
00:47:23,280 --> 00:47:27,930
ありパトリオットのレーダーシステム
着信スカッドのトラックを失った

984
00:47:27,930 --> 00:47:30,260
起因発売したことがない
ソフトウェアの欠陥に。

985
00:47:30,260 --> 00:47:34,060

986
00:47:34,060 --> 00:47:38,880
>> それは、最初に発見イスラエルだった
長いシステムがオンであったこと、

987
00:47:38,880 --> 00:47:41,130
長い時間の不一致がなりました。

988
00:47:41,130 --> 00:47:44,770
エンベデッド·クロックのために
システムのコンピュータ内の。

989
00:47:44,770 --> 00:47:48,190
>>  - 約2週間前
ダーランにおける悲劇、

990
00:47:48,190 --> 00:47:50,720
イスラエル人に報告
国防総省

991
00:47:50,720 --> 00:47:52,410
というシステムは、時間を失っていた。

992
00:47:52,410 --> 00:47:54,410
約8時間後
実行している、彼らは気づいた

993
00:47:54,410 --> 00:47:57,690
システムのとなっておりますことを
著しく精度が低い。

994
00:47:57,690 --> 00:48:01,850
国防総省は、ことで対応
パトリオット電池のすべてを伝える

995
00:48:01,850 --> 00:48:04,800
システムのままにしないように
長い時間のため。

996
00:48:04,800 --> 00:48:06,980
彼らは長い時間が何であったか言ったことはありません。

997
00:48:06,980 --> 00:48:09,140
8時間、10時間、数千時間。

998
00:48:09,140 --> 00:48:11,300
誰も知らなかった。

999
00:48:11,300 --> 00:48:13,320
>> -Theパトリオットバッテリー
兵舎に駐屯

1000
00:48:13,320 --> 00:48:18,310
ダーランとその欠陥のある内部で
クロックは、100時間以上にあった

1001
00:48:18,310 --> 00:48:21,520
2月25日夜。

1002
00:48:21,520 --> 00:48:25,792
>>  - それは、正確さに時間を追跡
の10分の1秒程度。

1003
00:48:25,792 --> 00:48:27,950
第二の今十
興味深い数値です

1004
00:48:27,950 --> 00:48:31,850
それは表現できないため、
バイナリ形式で正確に、どの

1005
00:48:31,850 --> 00:48:36,500
それが正確に表現できないことを意味
あらゆる現代のデジタルコンピュータ内。

1006
00:48:36,500 --> 00:48:41,070
それは信じがたいですが、
例としてこれを使用しています。

1007
00:48:41,070 --> 00:48:43,420
>> それでは数三分の一を見てみましょう。

1008
00:48:43,420 --> 00:48:47,330
三分の一にすることはできません
正確に10進数で表記された。

1009
00:48:47,330 --> 00:48:52,060
三分の一は0.333である
無限大のために起こっている。

1010
00:48:52,060 --> 00:48:56,420
でそれをする方法はありません
進数で絶対精度。

1011
00:48:56,420 --> 00:48:59,530
それはまさに問題のようなものだ
それは愛国者で起こった。

1012
00:48:59,530 --> 00:49:04,040
長いシステムが実行された、
さらに悪い時エラーがなりました。

1013
00:49:04,040 --> 00:49:08,840
>> 動作100時間、-after
時間の誤差はわずか約三分の一だった

1014
00:49:08,840 --> 00:49:10,440
第二の。

1015
00:49:10,440 --> 00:49:14,150
しかし、ターゲットとの観点から
マッハ5で走行ミサイル、

1016
00:49:14,150 --> 00:49:18,560
それはトラッキングをもたらした
600メートル以上のエラーが発生しました。

1017
00:49:18,560 --> 00:49:21,870
それは致命的なエラーになります
ダーランで兵士のため。

1018
00:49:21,870 --> 00:49:28,455
>> スカッド発射だったされている - 何が起こった
早期警戒衛星によって検出され、

1019
00:49:28,455 --> 00:49:32,710
彼らはスカッドが来ていた知っていた
彼らの一般的な方向に。

1020
00:49:32,710 --> 00:49:35,150
それは来ていたところ彼らは知りませんでした。

1021
00:49:35,150 --> 00:49:38,210
これは、レーダーまで今だった
パトリオットシステムのコンポーネント

1022
00:49:38,210 --> 00:49:43,150
探して保つためにダーランを擁護
入ってくる敵のミサイルを追跡。

1023
00:49:43,150 --> 00:49:44,561
>> -Theレーダーは非常にスマートだった。

1024
00:49:44,561 --> 00:49:46,560
それは実際に追跡するだろう
スカッドの位置

1025
00:49:46,560 --> 00:49:48,930
した後、場所を予測
それはおそらくだろう

1026
00:49:48,930 --> 00:49:51,380
次回
レーダーはアウトパルスを送った。

1027
00:49:51,380 --> 00:49:53,040
つまりレンジゲートと呼ばれていました。

1028
00:49:53,040 --> 00:49:57,620
>> パトリオット一度-Then
十分な時間を決定しています

1029
00:49:57,620 --> 00:50:02,400
戻って、次のをチェックするために渡された
この検出された物体の場所

1030
00:50:02,400 --> 00:50:03,550
それが戻って行く。

1031
00:50:03,550 --> 00:50:07,820
だから、間違ったに戻ったとき、
場所は、次にどのオブジェクトを見ない。

1032
00:50:07,820 --> 00:50:10,360
そしてそれは物体がなかったと判断する。

1033
00:50:10,360 --> 00:50:13,630
誤検出があったことを
そしてそれはトラックをドロップします。

1034
00:50:13,630 --> 00:50:16,970
>> -The着信スカッドが消えてしまった
レーダー画面から、

1035
00:50:16,970 --> 00:50:20,200
数秒後に、それを
兵舎に激突。

1036
00:50:20,200 --> 00:50:22,570
スカッドは28を殺した。

1037
00:50:22,570 --> 00:50:26,110
それは、最後のものは解雇された
第一次湾岸戦争中。

1038
00:50:26,110 --> 00:50:31,920
悲劇的に、更新されたソフトウェア
翌日未明に到着した。

1039
00:50:31,920 --> 00:50:34,870
ソフトウェアの欠陥があった
、閉鎖を修正されて

1040
00:50:34,870 --> 00:50:39,150
問題を抱えた中で一つの章
パトリオットミサイルの歴史。

1041
00:50:39,150 --> 00:50:40,030
>> [END VIDEO再生]

1042
00:50:40,030 --> 00:50:41,488
>> DAVID J.マラン:それはCS50は終わりです。

1043
00:50:41,488 --> 00:50:42,820
私たちは、水曜日にお会いします。

1044
00:50:42,820 --> 00:50:46,420

1045
00:50:46,420 --> 00:50:50,370
>> [音楽再生]

1046
00:50:50,370 --> 00:54:23,446