1
   2
   3
   4
   5
   6
   7
   8
   9
  10
  11
  12
  13
  14
  15
  16
  17
  18
  19
  20
  21
  22
  23
  24
  25
  26
  27
  28
  29
  30
  31
  32
  33
  34
  35
  36
  37
  38
  39
  40
  41
  42
  43
  44
  45
  46
  47
  48
  49
  50
  51
  52
  53
  54
  55
  56
  57
  58
  59
  60
  61
  62
  63
  64
  65
  66
  67
  68
  69
  70
  71
  72
  73
  74
  75
  76
  77
  78
  79
  80
  81
  82
  83
  84
  85
  86
  87
  88
  89
  90
  91
  92
  93
  94
  95
  96
  97
  98
  99
 100
 101
 102
 103
 104
 105
 106
 107
 108
 109
 110
 111
 112
 113
 114
 115
 116
 117
 118
 119
 120
 121
 122
 123
 124
 125
 126
 127
 128
 129
 130
 131
 132
 133
 134
 135
 136
 137
 138
 139
 140
 141
 142
 143
 144
 145
 146
 147
 148
 149
 150
 151
 152
 153
 154
 155
 156
 157
 158
 159
 160
 161
 162
 163
 164
 165
 166
 167
 168
 169
 170
 171
 172
 173
 174
 175
 176
 177
 178
 179
 180
 181
 182
 183
 184
 185
 186
 187
 188
 189
 190
 191
 192
 193
 194
 195
 196
 197
 198
 199
 200
 201
 202
 203
 204
 205
 206
 207
 208
 209
 210
 211
 212
 213
 214
 215
 216
 217
 218
 219
 220
 221
 222
 223
 224
 225
 226
 227
 228
 229
 230
 231
 232
 233
 234
 235
 236
 237
 238
 239
 240
 241
 242
 243
 244
 245
 246
 247
 248
 249
 250
 251
 252
 253
 254
 255
 256
 257
 258
 259
 260
 261
 262
 263
 264
 265
 266
 267
 268
 269
 270
 271
 272
 273
 274
 275
 276
 277
 278
 279
 280
 281
 282
 283
 284
 285
 286
 287
 288
 289
 290
 291
 292
 293
 294
 295
 296
 297
 298
 299
 300
 301
 302
 303
 304
 305
 306
 307
 308
 309
 310
 311
 312
 313
 314
 315
 316
 317
 318
 319
 320
 321
 322
 323
 324
 325
 326
 327
 328
 329
 330
 331
 332
 333
 334
 335
 336
 337
 338
 339
 340
 341
 342
 343
 344
 345
 346
 347
 348
 349
 350
 351
 352
 353
 354
 355
 356
 357
 358
 359
 360
 361
 362
 363
 364
 365
 366
 367
 368
 369
 370
 371
 372
 373
 374
 375
 376
 377
 378
 379
 380
 381
 382
 383
 384
 385
 386
 387
 388
 389
 390
 391
 392
 393
 394
 395
 396
 397
 398
 399
 400
 401
 402
 403
 404
 405
 406
 407
 408
 409
 410
 411
 412
 413
 414
 415
 416
 417
 418
 419
 420
 421
 422
 423
 424
 425
 426
 427
 428
 429
 430
 431
 432
 433
 434
 435
 436
 437
 438
 439
 440
 441
 442
 443
 444
 445
 446
 447
 448
 449
 450
 451
 452
 453
 454
 455
 456
 457
 458
 459
 460
 461
 462
 463
 464
 465
 466
 467
 468
 469
 470
 471
 472
 473
 474
 475
 476
 477
 478
 479
 480
 481
 482
 483
 484
 485
 486
 487
 488
 489
 490
 491
 492
 493
 494
 495
 496
 497
 498
 499
 500
 501
 502
 503
 504
 505
 506
 507
 508
 509
 510
 511
 512
 513
 514
 515
 516
 517
 518
 519
 520
 521
 522
 523
 524
 525
 526
 527
 528
 529
 530
 531
 532
 533
 534
 535
 536
 537
 538
 539
 540
 541
 542
 543
 544
 545
 546
 547
 548
 549
 550
 551
 552
 553
 554
 555
 556
 557
 558
 559
 560
 561
 562
 563
 564
 565
 566
 567
 568
 569
 570
 571
 572
 573
 574
 575
 576
 577
 578
 579
 580
 581
 582
 583
 584
 585
 586
 587
 588
 589
 590
 591
 592
 593
 594
 595
 596
 597
 598
 599
 600
 601
 602
 603
 604
 605
 606
 607
 608
 609
 610
 611
 612
 613
 614
 615
 616
 617
 618
 619
 620
 621
 622
 623
 624
 625
 626
 627
 628
 629
 630
 631
 632
 633
 634
 635
 636
 637
 638
 639
 640
 641
 642
 643
 644
 645
 646
 647
 648
 649
 650
 651
 652
 653
 654
 655
 656
 657
 658
 659
 660
 661
 662
 663
 664
 665
 666
 667
 668
 669
 670
 671
 672
 673
 674
 675
 676
 677
 678
 679
 680
 681
 682
 683
 684
 685
 686
 687
 688
 689
 690
 691
 692
 693
 694
 695
 696
 697
 698
 699
 700
 701
 702
 703
 704
 705
 706
 707
 708
 709
 710
 711
 712
 713
 714
 715
 716
 717
 718
 719
 720
 721
 722
 723
 724
 725
 726
 727
 728
 729
 730
 731
 732
 733
 734
 735
 736
 737
 738
 739
 740
 741
 742
 743
 744
 745
 746
 747
 748
 749
 750
 751
 752
 753
 754
 755
 756
 757
 758
 759
 760
 761
 762
 763
 764
 765
 766
 767
 768
 769
 770
 771
 772
 773
 774
 775
 776
 777
 778
 779
 780
 781
 782
 783
 784
 785
 786
 787
 788
 789
 790
 791
 792
 793
 794
 795
 796
 797
 798
 799
 800
 801
 802
 803
 804
 805
 806
 807
 808
 809
 810
 811
 812
 813
 814
 815
 816
 817
 818
 819
 820
 821
 822
 823
 824
 825
 826
 827
 828
 829
 830
 831
 832
 833
 834
 835
 836
 837
 838
 839
 840
 841
 842
 843
 844
 845
 846
 847
 848
 849
 850
 851
 852
 853
 854
 855
 856
 857
 858
 859
 860
 861
 862
 863
 864
 865
 866
 867
 868
 869
 870
 871
 872
 873
 874
 875
 876
 877
 878
 879
 880
 881
 882
 883
 884
 885
 886
 887
 888
 889
 890
 891
 892
 893
 894
 895
 896
 897
 898
 899
 900
 901
 902
 903
 904
 905
 906
 907
 908
 909
 910
 911
 912
 913
 914
 915
 916
 917
 918
 919
 920
 921
 922
 923
 924
 925
 926
 927
 928
 929
 930
 931
 932
 933
 934
 935
 936
 937
 938
 939
 940
 941
 942
 943
 944
 945
 946
 947
 948
 949
 950
 951
 952
 953
 954
 955
 956
 957
 958
 959
 960
 961
 962
 963
 964
 965
 966
 967
 968
 969
 970
 971
 972
 973
 974
 975
 976
 977
 978
 979
 980
 981
 982
 983
 984
 985
 986
 987
 988
 989
 990
 991
 992
 993
 994
 995
 996
 997
 998
 999
1000
1001
1002
1003
1004
1005
1006
1007
1008
1009
1010
1011
1012
1013
1014
1015
1016
1017
1018
1019
1020
1021
1022
1023
1024
1025
1026
1027
1028
1029
1030
1031
1032
1033
1034
1035
1036
1037
1038
1039
1040
1041
1042
1043
1044
1045
1046
1047
1048
1049
1050
1051
1052
1053
1054
1055
1056
1057
1058
1059
1060
1061
1062
1063
1064
1065
1066
1067
1068
1069
1070
1071
1072
1073
1074
1075
1076
1077
1078
1079
1080
1081
1082
1083
1084
1085
1086
1087
1088
1089
1090
1091
1092
1093
1094
1095
1096
1097
1098
1099
1100
1101
1102
1103
1104
1105
1106
1107
1108
1109
1110
1111
1112
1113
1114
1115
1116
1117
1118
1119
1120
1121
1122
1123
1124
1125
1126
1127
1128
1129
1130
1131
1132
1133
1134
1135
1136
1137
1138
1139
1140
1141
1142
1143
1144
1145
1146
1147
1148
1149
1150
1151
1152
1153
1154
1155
1156
1157
1158
1159
1160
1161
1162
1163
1164
1165
1166
1167
1168
1169
1170
1171
1172
1173
1174
1175
1176
1177
1178
1179
1180
1181
1182
1183
1184
1185
1186
1187
1188
1189
1190
1191
1192
1193
1194
1195
1196
1197
1198
1199
1200
1201
1202
1203
1204
1205
1206
1207
1208
1209
1210
1211
1212
1213
1214
1215
1216
1217
1218
1219
1220
1221
1222
1223
1224
1225
1226
1227
1228
1229
1230
1231
1232
1233
1234
1235
1236
1237
1238
1239
1240
1241
1242
1243
1244
1245
1246
1247
1248
1249
1250
1251
1252
1253
1254
1255
1256
1257
1258
1259
1260
1261
1262
1263
1264
1265
1266
1267
1268
1269
1270
1271
1272
1273
1274
1275
1276
1277
1278
1279
1280
1281
1282
1283
1284
1285
1286
1287
1288
1289
1290
1291
1292
1293
1294
1295
1296
1297
1298
1299
1300
1301
1302
1303
1304
1305
1306
1307
1308
1309
1310
1311
1312
1313
1314
1315
1316
1317
1318
1319
1320
1321
1322
1323
1324
1325
1326
1327
1328
1329
1330
1331
1332
1333
1334
1335
1336
1337
1338
1339
1340
1341
1342
1343
1344
1345
1346
1347
1348
1349
1350
1351
1352
1353
1354
1355
1356
1357
1358
1359
1360
1361
1362
1363
1364
1365
1366
1367
1368
1369
1370
1371
1372
1373
1374
1375
1376
1377
1378
1379
1380
1381
1382
1383
1384
1385
1386
1387
1388
1389
1390
1391
1392
1393
1394
1395
1396
1397
1398
1399
1400
1401
1402
1403
1404
1405
1406
1407
1408
1409
1410
1411
1412
1413
1414
1415
1416
1417
1418
1419
1420
1421
1422
1423
1424
1425
1426
1427
1428
1429
1430
1431
1432
1433
1434
1435
1436
1437
1438
1439
1440
1441
1442
1443
1444
1445
1446
1447
1448
1449
1450
1451
1452
1453
1454
1455
1456
1457
1458
1459
1460
1461
1462
1463
1464
1465
1466
1467
1468
1469
1470
1471
1472
1473
1474
1475
1476
1477
1478
1479
1480
1481
1482
1483
1484
1485
1486
1487
1488
1489
1490
1491
1492
1493
1494
1495
1496
1497
1498
1499
1500
1501
1502
1503
1504
1505
1506
1507
1508
1509
1510
1511
1512
1513
1514
1515
1516
1517
1518
1519
1520
1521
1522
1523
1524
1525
1526
1527
1528
1529
1530
1531
1532
1533
1534
1535
1536
1537
1538
1539
1540
1541
1542
1543
1544
1545
1546
1547
1548
1549
1550
1551
1552
1553
1554
1555
1556
1557
1558
1559
1560
1561
1562
1563
1564
1565
1566
1567
1568
1569
1570
1571
1572
1573
1574
1575
1576
1577
1578
1579
1580
1581
1582
1583
1584
1585
1586
1587
1588
1589
1590
1591
1592
1593
1594
1595
1596
1597
1598
1599
1600
1601
1602
1603
1604
1605
1606
1607
1608
1609
1610
1611
1612
1613
1614
1615
1616
1617
1618
1619
1620
1621
1622
1623
1624
1625
1626
1627
1628
1629
1630
1631
1632
1633
1634
1635
1636
1637
1638
1639
1640
1641
1642
1643
1644
1645
1646
1647
1648
1649
1650
1651
1652
1653
1654
1655
1656
1657
1658
1659
1660
1661
1662
1663
1664
1665
1666
1667
1668
1669
1670
1671
1672
1673
1674
1675
1676
1677
1678
1679
1680
1681
1682
1683
1684
1685
1686
1687
1688
1689
1690
1691
1692
1693
1694
1695
1696
1697
1698
1699
1700
1701
1702
1703
1704
1705
1706
1707
1708
1709
1710
1711
1712
1713
1714
1715
1716
1717
1718
1719
1720
1721
1722
1723
1724
1725
1726
1727
1728
1729
1730
1731
1732
1733
1734
1735
1736
1737
1738
1739
1740
1741
1742
1743
1744
1745
1746
1747
1748
1749
1750
1751
1752
1753
1754
1755
1756
1757
1758
1759
1760
1761
1762
1763
1764
1765
1766
1767
1768
1769
1770
1771
1772
1773
1774
1775
1776
1777
1778
1779
1780
1781
1782
1783
1784
1785
1786
1787
1788
1789
1790
1791
1792
1793
1794
1795
1796
1797
1798
1799
1800
1801
1802
1803
1804
1805
1806
1807
1808
1809
1810
1811
1812
1813
1814
1815
1816
1817
1818
1819
1820
1821
1822
1823
1824
1825
1826
1827
1828
1829
1830
1831
1832
1833
1834
1835
1836
1837
1838
1839
1840
1841
1842
1843
1844
1845
1846
1847
1848
1849
1850
1851
1852
1853
1854
1855
1856
1857
1858
1859
1860
1861
1862
1863
1864
1865
1866
1867
1868
1869
1870
1871
1872
1873
1874
1875
1876
1877
1878
1879
1880
1881
1882
1883
1884
1885
1886
1887
1888
1889
1890
1891
1892
1893
1894
1895
1896
1897
1898
1899
1900
1901
1902
1903
1904
1905
1906
1907
1908
1909
1910
1911
1912
1913
1914
1915
1916
1917
1918
1919
1920
1921
1922
1923
1924
1925
1926
1927
1928
1929
1930
1931
1932
1933
1934
1935
1936
1937
1938
1939
1940
1941
1942
1943
1944
1945
1946
1947
1948
1949
1950
1951
1952
1953
1954
1955
1956
1957
1958
1959
1960
1961
1962
1963
1964
1965
1966
1967
1968
1969
1970
1971
1972
1973
1974
1975
1976
1977
1978
1979
1980
1981
1982
1983
1984
1985
1986
1987
1988
1989
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022
2023
2024
2025
2026
2027
2028
2029
2030
2031
2032
2033
2034
2035
2036
2037
2038
2039
2040
2041
2042
2043
2044
2045
2046
2047
2048
2049
2050
2051
2052
2053
2054
2055
2056
2057
2058
2059
2060
2061
2062
2063
2064
2065
2066
2067
2068
2069
2070
2071
2072
2073
2074
2075
2076
2077
2078
2079
2080
2081
2082
2083
2084
2085
2086
2087
2088
2089
2090
2091
2092
2093
2094
2095
2096
2097
2098
2099
2100
2101
2102
2103
2104
2105
2106
2107
2108
2109
2110
2111
2112
2113
2114
2115
2116
2117
2118
2119
2120
2121
2122
2123
2124
2125
2126
2127
2128
2129
2130
2131
2132
2133
2134
2135
2136
2137
2138
2139
2140
2141
2142
2143
2144
2145
2146
2147
2148
2149
2150
2151
2152
2153
2154
2155
2156
2157
2158
2159
2160
2161
2162
2163
2164
2165
2166
2167
2168
2169
2170
2171
2172
2173
2174
2175
2176
2177
2178
2179
2180
2181
2182
2183
2184
2185
2186
2187
2188
2189
2190
2191
2192
2193
2194
2195
2196
2197
2198
2199
2200
2201
2202
2203
2204
2205
2206
2207
2208
2209
2210
2211
2212
2213
2214
2215
2216
2217
2218
2219
2220
2221
2222
2223
2224
2225
2226
2227
2228
2229
2230
2231
2232
2233
2234
2235
2236
2237
2238
2239
2240
2241
2242
2243
2244
2245
2246
2247
2248
2249
2250
2251
2252
2253
2254
2255
2256
2257
2258
2259
2260
2261
2262
2263
2264
2265
2266
2267
2268
2269
2270
2271
2272
2273
2274
2275
2276
2277
2278
2279
2280
2281
2282
2283
2284
2285
2286
2287
2288
2289
2290
2291
2292
2293
2294
2295
2296
2297
2298
2299
2300
2301
2302
2303
2304
2305
2306
2307
2308
2309
2310
2311
2312
2313
2314
2315
2316
2317
2318
2319
2320
2321
2322
2323
2324
2325
2326
2327
2328
2329
2330
2331
2332
2333
2334
2335
2336
2337
2338
2339
2340
2341
2342
2343
2344
2345
2346
2347
2348
2349
2350
2351
2352
2353
2354
2355
2356
2357
2358
2359
2360
2361
2362
2363
2364
2365
2366
2367
2368
2369
2370
2371
2372
2373
2374
2375
2376
2377
2378
2379
2380
2381
2382
2383
2384
2385
2386
2387
2388
2389
2390
2391
2392
2393
2394
2395
2396
2397
2398
2399
2400
2401
2402
2403
2404
2405
2406
2407
2408
2409
2410
2411
2412
2413
2414
2415
2416
2417
2418
2419
2420
2421
2422
2423
2424
2425
2426
2427
2428
2429
2430
2431
2432
2433
2434
2435
2436
2437
2438
2439
2440
2441
2442
2443
2444
2445
2446
2447
2448
2449
2450
2451
2452
2453
2454
2455
2456
2457
2458
2459
2460
2461
2462
2463
2464
2465
2466
2467
2468
2469
2470
2471
2472
2473
2474
2475
2476
2477
2478
2479
2480
2481
2482
2483
2484
2485
2486
2487
2488
2489
2490
2491
2492
2493
2494
2495
2496
2497
2498
2499
2500
2501
2502
2503
2504
2505
2506
2507
2508
2509
2510
2511
2512
2513
2514
2515
2516
2517
2518
2519
2520
2521
2522
2523
2524
2525
2526
2527
2528
2529
2530
2531
2532
2533
2534
2535
2536
2537
2538
2539
2540
2541
2542
2543
2544
2545
2546
2547
2548
2549
2550
2551
2552
2553
2554
2555
2556
2557
2558
2559
2560
2561
2562
2563
2564
2565
2566
2567
2568
2569
2570
2571
2572
2573
2574
2575
2576
2577
2578
2579
2580
2581
2582
2583
2584
2585
2586
2587
2588
2589
2590
2591
2592
2593
2594
2595
2596
2597
2598
2599
2600
2601
2602
2603
2604
2605
2606
2607
2608
2609
2610
2611
2612
2613
2614
2615
2616
2617
2618
2619
2620
2621
2622
2623
2624
2625
2626
2627
2628
2629
2630
2631
2632
2633
2634
2635
2636
2637
2638
2639
2640
2641
2642
2643
2644
2645
2646
2647
2648
2649
2650
2651
2652
2653
2654
2655
2656
2657
2658
2659
2660
2661
2662
2663
2664
2665
2666
2667
2668
2669
2670
2671
2672
2673
2674
2675
2676
2677
2678
2679
2680
2681
2682
2683
2684
2685
2686
2687
2688
2689
2690
2691
2692
2693
2694
2695
2696
2697
2698
2699
2700
2701
2702
2703
2704
2705
2706
2707
2708
2709
2710
2711
2712
2713
2714
2715
2716
2717
2718
2719
2720
2721
2722
2723
2724
2725
2726
2727
2728
2729
2730
2731
2732
2733
2734
2735
2736
2737
2738
2739
2740
2741
2742
2743
2744
2745
2746
2747
2748
2749
2750
2751
2752
2753
2754
2755
2756
2757
2758
2759
2760
2761
2762
2763
2764
2765
2766
2767
2768
2769
2770
2771
2772
2773
2774
2775
2776
2777
2778
2779
2780
2781
2782
2783
2784
2785
2786
2787
2788
2789
2790
2791
2792
2793
2794
2795
2796
2797
2798
2799
2800
2801
2802
2803
2804
2805
2806
2807
2808
2809
2810
2811
2812
2813
2814
2815
2816
2817
2818
2819
2820
2821
2822
2823
2824
2825
2826
2827
2828
2829
2830
2831
2832
2833
2834
2835
2836
2837
2838
2839
2840
2841
2842
2843
2844
2845
2846
2847
2848
2849
2850
2851
2852
2853
2854
2855
2856
2857
2858
2859
2860
2861
2862
2863
2864
2865
2866
2867
2868
2869
2870
2871
2872
2873
2874
2875
2876
2877
2878
2879
2880
2881
2882
2883
2884
2885
2886
2887
2888
2889
2890
2891
2892
2893
2894
2895
2896
2897
2898
2899
2900
2901
2902
2903
2904
2905
2906
2907
2908
2909
2910
2911
2912
2913
2914
2915
2916
2917
2918
2919
2920
2921
2922
2923
2924
2925
2926
2927
2928
2929
2930
2931
2932
2933
2934
2935
2936
2937
2938
2939
2940
2941
2942
2943
2944
2945
2946
2947
2948
2949
2950
2951
2952
2953
2954
2955
2956
2957
2958
2959
2960
2961
2962
2963
2964
2965
2966
2967
2968
2969
2970
2971
2972
2973
2974
2975
2976
2977
2978
2979
2980
2981
2982
2983
2984
2985
2986
2987
2988
2989
2990
2991
2992
2993
2994
2995
2996
2997
2998
2999
3000
3001
3002
3003
3004
3005
3006
3007
3008
3009
3010
3011
3012
3013
3014
3015
3016
3017
3018
3019
3020
3021
3022
3023
3024
3025
3026
3027
3028
3029
3030
3031
3032
3033
3034
3035
3036
3037
3038
3039
3040
3041
3042
3043
3044
3045
3046
3047
3048
3049
3050
3051
3052
3053
3054
3055
3056
3057
3058
3059
3060
3061
3062
3063
3064
3065
3066
3067
3068
3069
3070
3071
3072
3073
3074
3075
3076
3077
3078
3079
3080
3081
3082
3083
3084
3085
3086
3087
3088
3089
3090
3091
3092
3093
3094
3095
3096
3097
3098
3099
3100
3101
3102
3103
3104
3105
3106
3107
3108
3109
3110
3111
3112
3113
3114
3115
3116
3117
3118
3119
3120
3121
3122
3123
3124
3125
3126
3127
3128
3129
3130
3131
3132
3133
3134
3135
3136
3137
3138
3139
3140
3141
3142
3143
3144
3145
3146
3147
3148
3149
3150
3151
3152
3153
3154
3155
3156
3157
3158
3159
3160
3161
3162
3163
3164
3165
3166
3167
3168
3169
3170
3171
3172
3173
3174
3175
3176
3177
3178
3179
3180
3181
3182
3183
3184
3185
3186
3187
3188
3189
3190
3191
3192
3193
3194
3195
3196
3197
3198
3199
3200
3201
3202
3203
3204
3205
3206
3207
3208
3209
3210
3211
3212
3213
3214
3215
3216
3217
3218
3219
3220
3221
3222
3223
3224
3225
3226
3227
3228
3229
3230
3231
3232
3233
3234
3235
3236
3237
3238
3239
3240
3241
3242
3243
3244
3245
3246
3247
3248
3249
3250
3251
3252
3253
3254
3255
3256
3257
3258
3259
3260
3261
3262
3263
3264
3265
3266
3267
3268
3269
3270
3271
3272
3273
3274
3275
3276
3277
3278
3279
3280
3281
3282
3283
3284
3285
3286
3287
3288
3289
3290
3291
3292
3293
3294
3295
3296
3297
3298
3299
3300
3301
3302
3303
3304
3305
3306
3307
3308
3309
3310
3311
3312
3313
3314
3315
3316
3317
3318
3319
3320
3321
3322
3323
3324
3325
3326
3327
3328
3329
3330
3331
3332
3333
3334
3335
3336
3337
3338
3339
3340
3341
3342
3343
3344
3345
3346
3347
3348
3349
3350
3351
3352
3353
3354
3355
3356
3357
3358
3359
3360
3361
3362
3363
3364
3365
3366
3367
3368
3369
3370
3371
3372
3373
3374
3375
3376
3377
3378
3379
3380
3381
3382
3383
3384
3385
3386
3387
3388
3389
3390
3391
3392
3393
3394
3395
3396
3397
3398
3399
3400
3401
3402
3403
3404
3405
3406
3407
3408
3409
3410
3411
3412
3413
3414
3415
3416
3417
3418
3419
3420
3421
3422
3423
3424
3425
3426
3427
3428
3429
3430
3431
3432
3433
3434
3435
3436
3437
3438
3439
3440
3441
3442
3443
3444
3445
3446
3447
3448
3449
3450
3451
3452
3453
3454
3455
3456
3457
3458
3459
3460
3461
3462
3463
3464
3465
3466
3467
3468
3469
3470
3471
3472
3473
3474
3475
3476
3477
3478
3479
3480
3481
3482
3483
3484
3485
3486
3487
3488
3489
3490
3491
3492
3493
3494
3495
3496
3497
3498
3499
3500
3501
3502
3503
3504
3505
3506
3507
3508
3509
3510
3511
3512
3513
3514
3515
3516
3517
3518
3519
3520
3521
3522
3523
3524
3525
3526
3527
3528
3529
3530
3531
3532
3533
3534
3535
3536
3537
3538
3539
3540
3541
3542
3543
3544
3545
3546
3547
3548
3549
3550
3551
3552
3553
3554
3555
3556
3557
3558
3559
3560
3561
3562
3563
3564
3565
3566
3567
3568
3569
3570
3571
3572
3573
3574
3575
3576
3577
3578
3579
3580
3581
3582
3583
3584
3585
3586
3587
3588
3589
3590
3591
3592
3593
3594
3595
3596
3597
3598
3599
3600
3601
3602
3603
3604
3605
3606
3607
3608
3609
3610
3611
3612
3613
3614
3615
3616
3617
3618
3619
3620
3621
3622
3623
3624
3625
3626
3627
3628
3629
3630
3631
3632
3633
3634
3635
3636
3637
3638
3639
3640
3641
3642
3643
3644
3645
3646
3647
3648
3649
3650
3651
3652
3653
3654
3655
3656
3657
3658
3659
3660
3661
3662
3663
3664
3665
3666
3667
3668
3669
3670
3671
3672
3673
3674
3675
3676
3677
3678
3679
3680
3681
3682
3683
3684
3685
3686
3687
3688
3689
3690
3691
3692
3693
3694
3695
3696
3697
3698
3699
3700
3701
3702
3703
3704
3705
3706
3707
3708
3709
3710
3711
3712
3713
3714
3715
3716
3717
3718
3719
3720
3721
3722
3723
3724
3725
3726
3727
3728
3729
3730
3731
3732
3733
3734
3735
3736
3737
3738
3739
3740
3741
3742
3743
3744
3745
3746
3747
3748
3749
3750
3751
3752
3753
3754
3755
3756
3757
3758
3759
3760
3761
3762
3763
3764
3765
3766
3767
3768
3769
3770
3771
3772
3773
3774
3775
3776
3777
3778
3779
3780
3781
3782
3783
3784
3785
3786
3787
3788
3789
3790
3791
3792
3793
3794
3795
3796
3797
3798
3799
3800
3801
3802
3803
3804
3805
3806
3807
3808
3809
3810
3811
3812
3813
3814
3815
3816
3817
3818
3819
3820
3821
3822
3823
3824
3825
3826
3827
3828
3829
3830
3831
3832
3833
3834
3835
3836
3837
3838
3839
3840
3841
3842
3843
3844
3845
3846
3847
3848
3849
3850
3851
3852
3853
3854
3855
3856
3857
3858
3859
3860
3861
3862
3863
3864
3865
3866
3867
3868
3869
3870
3871
3872
3873
3874
3875
3876
3877
3878
3879
3880
3881
3882
3883
3884
3885
3886
3887
3888
3889
3890
3891
3892
3893
3894
3895
3896
3897
3898
3899
3900
3901
3902
3903
3904
3905
3906
3907
3908
3909
3910
3911
3912
3913
3914
3915
3916
3917
3918
3919
3920
3921
3922
3923
3924
3925
3926
3927
3928
3929
3930
3931
3932
3933
3934
3935
3936
3937
3938
3939
3940
3941
3942
3943
3944
3945
3946
3947
3948
3949
3950
3951
3952
3953
3954
3955
3956
3957
3958
3959
3960
3961
3962
3963
3964
3965
3966
3967
3968
3969
3970
3971
3972
3973
3974
3975
3976
3977
3978
3979
3980
3981
3982
3983
3984
3985
3986
3987
3988
3989
3990
3991
3992
3993
3994
3995
3996
3997
3998
3999
4000
4001
4002
4003
4004
4005
4006
4007
4008
4009
4010
4011
4012
4013
4014
4015
4016
4017
4018
4019
4020
4021
4022
4023
4024
4025
4026
4027
4028
4029
4030
4031
4032
4033
4034
4035
4036
4037
4038
4039
4040
4041
4042
4043
4044
4045
4046
4047
4048
4049
4050
4051
4052
4053
4054
4055
4056
4057
4058
4059
4060
4061
4062
4063
4064
4065
4066
4067
4068
4069
4070
4071
4072
4073
4074
4075
4076
4077
4078
4079
4080
4081
4082
4083
4084
4085
4086
4087
4088
4089
4090
4091
4092
4093
4094
4095
4096
4097
4098
4099
4100
4101
4102
4103
4104
4105
4106
4107
4108
4109
4110
4111
4112
4113
4114
4115
4116
4117
4118
4119
4120
4121
4122
4123
4124
4125
4126
4127
4128
4129
4130
4131
4132
4133
4134
4135
4136
4137
4138
4139
4140
4141
4142
4143
4144
4145
4146
4147
4148
4149
4150
4151
4152
4153
4154
4155
4156
4157
4158
4159
4160
4161
4162
4163
4164
4165
4166
4167
4168
4169
4170
4171
4172
4173
4174
4175
4176
4177
4178
4179
4180
4181
4182
4183
4184
4185
4186
4187
4188
4189
4190
4191
4192
4193
4194
4195
4196
4197
4198
4199
4200
4201
4202
4203
4204
4205
4206
4207
4208
4209
4210
4211
4212
4213
4214
4215
4216
4217
4218
4219
4220
4221
4222
4223
4224
4225
4226
4227
4228
4229
4230
4231
4232
4233
4234
4235
4236
4237
4238
4239
4240
4241
4242
4243
4244
4245
4246
4247
4248
4249
4250
4251
4252
4253
4254
4255
4256
4257
4258
4259
4260
4261
4262
4263
4264
4265
4266
4267
4268
4269
4270
4271
4272
4273
4274
4275
4276
4277
4278
4279
4280
4281
4282
4283
4284
4285
4286
4287
4288
4289
4290
4291
4292
4293
4294
4295
4296
4297
4298
4299
4300
4301
4302
4303
4304
4305
4306
4307
4308
4309
4310
4311
4312
4313
4314
4315
4316
4317
4318
4319
4320
4321
4322
4323
4324
4325
4326
4327
4328
4329
4330
4331
4332
4333
4334
4335
4336
4337
4338
4339
4340
4341
4342
4343
4344
4345
4346
4347
4348
4349
4350
4351
4352
4353
4354
4355
4356
4357
4358
4359
4360
4361
4362
4363
4364
4365
4366
4367
4368
4369
4370
4371
4372
4373
4374
4375
4376
4377
4378
4379
4380
4381
4382
4383
4384
4385
4386
4387
4388
4389
4390
4391
4392
4393
4394
4395
4396
4397
4398
4399
4400
4401
4402
4403
4404
4405
4406
4407
4408
4409
4410
4411
4412
4413
4414
4415
4416
4417
4418
4419
4420
4421
4422
4423
4424
4425
4426
4427
4428
4429
4430
4431
4432
4433
4434
4435
4436
4437
4438
4439
4440
4441
4442
4443
4444
4445
4446
4447
4448
4449
4450
4451
4452
4453
4454
4455
4456
4457
4458
4459
4460
4461
4462
4463
4464
4465
4466
4467
4468
4469
4470
4471
4472
4473
4474
4475
4476
4477
4478
4479
4480
4481
4482
4483
4484
4485
4486
4487
4488
4489
4490
4491
4492
4493
4494
4495
4496
4497
4498
4499
4500
4501
4502
4503
4504
4505
4506
4507
4508
4509
4510
4511
4512
4513
4514
4515
4516
4517
4518
4519
4520
4521
4522
4523
4524
4525
4526
4527
4528
4529
4530
4531
4532
4533
4534
4535
4536
4537
4538
4539
4540
4541
4542
4543
4544
4545
1
00:00:00,000 --> 00:00:10,982

2
00:00:10,982 --> 00:00:11,940
DAVIDマラン:すべての権利。

3
00:00:11,940 --> 00:00:16,470
これはCS50であり、これは
今週3の始まり。

4
00:00:16,470 --> 00:00:19,960
>> だから今まで、私たちはしました
C言語でプログラムを書いて

5
00:00:19,960 --> 00:00:23,210
それが少し見える
ここでこのようなもの。

6
00:00:23,210 --> 00:00:25,470
だから私たちはのカップルを持っている
シャープは、最上部に含まれています。

7
00:00:25,470 --> 00:00:28,490
私たちは、int型のメインボイドんだ、と
その後途中で何かする、

8
00:00:28,490 --> 00:00:30,590
内のコードのいくつかのビット
その関数の。

9
00:00:30,590 --> 00:00:34,170
しかし、キーが事実であった
ここでは、ボイド言ってきた。

10
00:00:34,170 --> 00:00:39,320
そこで、ボイド、この時間のすべて、指定
このプログラムは、ときに実行すること、

11
00:00:39,320 --> 00:00:41,300
その名前だけを経由して実行することができます。

12
00:00:41,300 --> 00:00:46,330
あなたは他の単語を入力することはできませんか
プログラム名の後の数字とき

13
00:00:46,330 --> 00:00:46,830
それを実行している。

14
00:00:46,830 --> 00:00:51,200
そこで、例えば、プログラムはあたかも
ハローと呼ばれるファイルにコンパイル、

15
00:00:51,200 --> 00:00:53,480
あなたは./hello行うことができますが、それはそれである。

16
00:00:53,480 --> 00:00:56,750
>> 唯一の方法は、あなたは可能性が
このプログラムへの入力を提供

17
00:00:56,750 --> 00:00:57,960
関数を呼び出すことである。

18
00:00:57,960 --> 00:00:59,790
例えば、どのような機能
私たちはこれまで使用していた

19
00:00:59,790 --> 00:01:00,950
ユーザからの入力を取得するには?

20
00:01:00,950 --> 00:01:02,117
>> 聴衆:文字列を取得します。

21
00:01:02,117 --> 00:01:04,700
DAVIDマラン:文字列を取得するには、または
int型を取得するか、他の人を見てきた、

22
00:01:04,700 --> 00:01:07,630
あなたがそれらをまだ使用していない場合であっても、
のような、長い長いなどで取得します。

23
00:01:07,630 --> 00:01:09,380
しかし、その私たちを想定
実際に起動したい

24
00:01:09,380 --> 00:01:12,760
もう少しあるプログラムを書く
汎用性、そして、率直に言って、もう少し

25
00:01:12,760 --> 00:01:15,090
あなたがしたコマンドのように
うまくいけば、なってきて、

26
00:01:15,090 --> 00:01:16,550
に慣れて少し。

27
00:01:16,550 --> 00:01:18,560
CD·スペースのDropboxのように。

28
00:01:18,560 --> 00:01:20,800
これは、もちろん、変化
ディレクトリ、と仮定すると

29
00:01:20,800 --> 00:01:23,590
あなたはジョン·ハーバードの家にいる
あなたのDropboxフォルダへのディレクトリ、。

30
00:01:23,590 --> 00:01:27,380
一方、このようなコマンド
、pset2という新しいディレクトリを作成します。

31
00:01:27,380 --> 00:01:30,290
あなたが持つかもしれないとして、すでにか
すぐに問題のために2を設定します。

32
00:01:30,290 --> 00:01:33,970
こんにちはメイクはもちろん、コマンドです
それはハローと呼ばれるプログラムを構築します

33
00:01:33,970 --> 00:01:35,770
ドットcのハローと呼ばれるファイルから。

34
00:01:35,770 --> 00:01:39,140
そして、これらの各
ケースは、今、私たちは持っていた

35
00:01:39,140 --> 00:01:43,620
いわゆるオン引数を指定する
コマンドライン、点滅プロンプト、

36
00:01:43,620 --> 00:01:48,540
その結果、メイクはとても建設するかを知っており、
そのます。mkdirは、作成するためにどのようなフォルダを知っている、

37
00:01:48,540 --> 00:01:51,110
そしてその結果、CDが知っている
どこに行きたいです。

38
00:01:51,110 --> 00:01:54,720
しかし、今まで、私たちは言い続ける
その主、あなたのデフォルトの関数、

39
00:01:54,720 --> 00:01:58,500
void式を持って
これらの括弧の内側に、

40
00:01:58,500 --> 00:02:01,250
それことを意味します
引数を取ることはできません。

41
00:02:01,250 --> 00:02:03,240
>> だから、今日から、
私たちがやろうとしている

42
00:02:03,240 --> 00:02:06,270
私達が開始するつもりだ、である
でも、このようなことをサポートしている。

43
00:02:06,270 --> 00:02:08,990
実際に、この場合には、これを使用
通常は手動で入力しないでください、

44
00:02:08,990 --> 00:02:11,130
これをやってきたことを確認
私たちのために、存在しない

45
00:02:11,130 --> 00:02:15,840
つを除く一つ、二つ、三つの追加
プログラムの名前の後に文字列

46
00:02:15,840 --> 00:02:16,850
打ち鳴らす。

47
00:02:16,850 --> 00:02:18,240
では、どのようにこれを達成するの​​ですか?

48
00:02:18,240 --> 00:02:20,260
>> さて、今日から、
私たちが望むのケースで

49
00:02:20,260 --> 00:02:22,855
を介して入力を提供するために
コマンドライン、いわゆる

50
00:02:22,855 --> 00:02:24,980
私たちは追加を開始するつもりだ
ここyellow--に何

51
00:02:24,980 --> 00:02:30,520
コンマARGC int型で、ボイドを置き換える
開き括弧閉じ括弧のargvストリング。

52
00:02:30,520 --> 00:02:32,520
さて、これは面白いです
いくつかの理由。

53
00:02:32,520 --> 00:02:35,690
一方、それは私たちが書くようにするつもりだ
もう少しダイナミックなプログラム。

54
00:02:35,690 --> 00:02:37,570
しかし、より説得力、
それが開くことになるだろう

55
00:02:37,570 --> 00:02:40,340
に関して今の会話
本当に何の配列ができます

56
00:02:40,340 --> 00:02:43,300
何の文字列を使用することが
本当にボンネットの下にある、

57
00:02:43,300 --> 00:02:47,320
来週まで私たちはダイビングを開始したとき
マシンがどのようにに関してより深い中

58
00:02:47,320 --> 00:02:48,590
このようなもののすべての作業を行う。

59
00:02:48,590 --> 00:02:51,920
しかし、今のところ、の描きましょう、
おそらく、絵。

60
00:02:51,920 --> 00:02:54,950
>> あなたがプログラムを書くとき
メインで宣言された

61
00:02:54,950 --> 00:02:58,810
このように、例えばメインその
二つの引数、int型をとり

62
00:02:58,810 --> 00:03:03,233
and--どのようなデータ型
二番目の引数はありますか?

63
00:03:03,233 --> 00:03:04,529
>> 聴衆:配列。

64
00:03:04,529 --> 00:03:05,320
DAVIDマラン:配列。

65
00:03:05,320 --> 00:03:09,170
それはだようなので、それは一目見ただけで見えます
文字列ではなく、角括弧に注意してください。

66
00:03:09,170 --> 00:03:12,760
私たちが導入された最後の時間を思い出してください
配列の概念。

67
00:03:12,760 --> 00:03:16,210
と配列は角括弧を使用する
文脈のカップルで。

68
00:03:16,210 --> 00:03:19,160
あなたは、正方形を使用する場合があります
配列に行くためのブラケット

69
00:03:19,160 --> 00:03:22,710
とのように、特定の要素を取得
ブラケット0またはブラケット1またはブラケット2。

70
00:03:22,710 --> 00:03:25,500
しかし、私たちは、もし簡単に言えば、見た
先週、そのまた

71
00:03:25,500 --> 00:03:28,790
これらの角括弧を使用する
配列のサイズを宣言し、

72
00:03:28,790 --> 00:03:31,790
あなたが事前にわかっている場合はどのように多くのint
またはどのように多くの文字列またはものは何でも

73
00:03:31,790 --> 00:03:32,630
実際にしたい。

74
00:03:32,630 --> 00:03:34,790
だから、ありますが判明
ここに第三のコンテキスト

75
00:03:34,790 --> 00:03:37,890
それは内部に番号がありません
角括弧の。

76
00:03:37,890 --> 00:03:41,920
私がここに持っているとしてするときは、指定した、
argvのようなものの名前、

77
00:03:41,920 --> 00:03:44,550
これだけの空想の方法です
引数ベクトルを、と言っている

78
00:03:44,550 --> 00:03:47,750
別の空想の方法です
引数の配列を言って、

79
00:03:47,750 --> 00:03:50,870
開き括弧閉じ括弧だけで
あなたは必ずしもないことを意味します

80
00:03:50,870 --> 00:03:52,960
どのように大きな事前に知る
アレイは、あることを行っている

81
00:03:52,960 --> 00:03:55,070
しかし、あなたはそれが配列になるだろう知っている。

82
00:03:55,070 --> 00:03:57,320
だから、わからない場合
数は、そこに入れないでください

83
00:03:57,320 --> 00:04:01,160
開き括弧クローズブラケットについて
argvのが文字列でないことを意味し、

84
00:04:01,160 --> 00:04:03,124
しかし文字列の配列。

85
00:04:03,124 --> 00:04:05,040
だから文法的に、あなたの場合
先週戻って考えて、

86
00:04:05,040 --> 00:04:09,460
それは言って非常によく似ています
int型の年齢開き括弧のようなもの、

87
00:04:09,460 --> 00:04:10,984
そして、何かその後。

88
00:04:10,984 --> 00:04:12,150
それでは、これは次のように見えますか?

89
00:04:12,150 --> 00:04:13,399
それでは、実際に絵を描きましょう。

90
00:04:13,399 --> 00:04:18,756
だから、メインでこのプログラムを実行すると
内部定義された2つの引数を持つ

91
00:04:18,756 --> 00:04:21,339
これらの括弧のあなた
本質的に、少なくとも2つのチャンクを持っている

92
00:04:21,339 --> 00:04:23,560
あなたに渡したメモリの
ボンネットの下に。

93
00:04:23,560 --> 00:04:26,550
一、この長方形として描画し、私はよように、
argcは呼ばれるようになるだろう。

94
00:04:26,550 --> 00:04:30,645
そして、ちょうど簡単にまとめとして、
ARGCのデータ型は何ですか?

95
00:04:30,645 --> 00:04:31,270
だから、int型です。

96
00:04:31,270 --> 00:04:33,480
だから数が起こっている
argc--ターンに行くために

97
00:04:33,480 --> 00:04:35,660
引数countの略でアウト。

98
00:04:35,660 --> 00:04:38,887
一方、私は配列としてARGVを描いた。

99
00:04:38,887 --> 00:04:40,970
そして、私は本当に知らない
どのくらいの時間があることになるだろう、

100
00:04:40,970 --> 00:04:42,470
そう、今日の目的のためにドットドットドット。

101
00:04:42,470 --> 00:04:43,636
これは、いくつかの長さのものを得る可能性があります。

102
00:04:43,636 --> 00:04:45,640
しかし、私はここに描かました
少なくとも四つの長方形。

103
00:04:45,640 --> 00:04:50,970
店舗そのメモリの塊argvはそう
文字列の文字列stringドットドットドット、

104
00:04:50,970 --> 00:04:53,950
とargcがひとつの塊である
整数のためのメモリの。

105
00:04:53,950 --> 00:04:55,710
>> だから今、のは、もう少し正確にしましょう​​。

106
00:04:55,710 --> 00:04:59,200
もし、私が、文字列を持っているとき
このアレイでは、と呼ばれる

107
00:04:59,200 --> 00:05:03,290
argvは、私は彼らに取得したい
個別に、先週のように、

108
00:05:03,290 --> 00:05:05,670
私たちは表記を使用するつもりだ
のargvブラケット0のような

109
00:05:05,670 --> 00:05:07,650
最初の配列を取得します。

110
00:05:07,650 --> 00:05:10,440
取得するARGVブラケット1
など第二のもの、と。

111
00:05:10,440 --> 00:05:14,597
ここで重要なのは、私たちがまだいるという0
indexed--私達はまだ0からカウントしている。

112
00:05:14,597 --> 00:05:16,430
だから今、実際にしてみましょう
この中に何かを置く。

113
00:05:16,430 --> 00:05:21,670
私はと呼ばれるプログラムをコンパイルした場合
ハローハロードットCというファイルから、

114
00:05:21,670 --> 00:05:24,340
そして私はそのプログラムを実行する
ドットで、ハロースラッシュ

115
00:05:24,340 --> 00:05:28,380
私のコンピュータは、私のラップトップを何、
ボンネットの下に次のようになり

116
00:05:28,380 --> 00:05:31,300
私はドットを実行した瞬間
こんにちはスラッシュと入力してEnterキーを押し?

117
00:05:31,300 --> 00:05:33,500
まあ、これはおそらくです
私たちが記述することができる

118
00:05:33,500 --> 00:05:37,010
お使いのコンピュータのの内容として
メモリ、またはRAM--ランダムアクセスメモリ。

119
00:05:37,010 --> 00:05:40,330
換言すれば、コンピュータ、
何とかあなたのための魔法のように、

120
00:05:40,330 --> 00:05:45,360
argcは内数1を入れ、AKAのargcount、
そしてそれは、文字通りの文字列を入れます

121
00:05:45,360 --> 00:05:48,200
./helloのargvブラケット0中。

122
00:05:48,200 --> 00:05:51,750
私は何、率直に言って、全く分からない
argvのブラケットの1又は2又は3、

123
00:05:51,750 --> 00:05:55,550
ユーザはない持っている場合ため
、./hello以外に何かを入力した

124
00:05:55,550 --> 00:05:58,550
私たちはこれらのことを前提とするつもりだ
最も可能性の高いごみ値であり、

125
00:05:58,550 --> 00:05:59,700
いわば。

126
00:05:59,700 --> 00:06:02,650
メモリのこれらのチャンク
存在するが、それは私たち次第ではありません

127
00:06:02,650 --> 00:06:05,710
ので、それらを見する
argcountは唯一のものです。

128
00:06:05,710 --> 00:06:07,870
>> さて、一方で、私の場合
別のプログラムを実行して書き込み、

129
00:06:07,870 --> 00:06:12,250
より適切にコマンドであり、CD、、
あなたの点滅prompt-- CD空間での

130
00:06:12,250 --> 00:06:17,200
私はそれを実行したときに、効果的に、Dropbox--
CDのプログラムの実行時に、argcは、

131
00:06:17,200 --> 00:06:22,270
私のコンピュータのメモリの内部で、ためのものです
ほとんどの最も短い第2番。

132
00:06:22,270 --> 00:06:25,936
そして、argvのブラケットoがあります
CD、ARGVブラケット1は、Dropboxのを持ってい

133
00:06:25,936 --> 00:06:28,560
そして、もちろん、コマンド
完了するので、このメモリのすべて

134
00:06:28,560 --> 00:06:30,420
基本的に消えて
何か他のものに使用されます。

135
00:06:30,420 --> 00:06:32,270
そして、それは私が言う理由です
ただ一瞬。

136
00:06:32,270 --> 00:06:35,720
>> 一方、私たちはは、mkdir pset2を行う場合、
画像は、ほとんど同じに見えます

137
00:06:35,720 --> 00:06:37,900
しかしargvの内側の異なる文字列を持つ。

138
00:06:37,900 --> 00:06:42,570
私はハロー打ち鳴らすダッシュを行う場合
ハロードットcの、同じ考え。

139
00:06:42,570 --> 00:06:47,060
より多くのものをするために入力されます
のargv、およびargcが、もちろん、4である。

140
00:06:47,060 --> 00:06:49,150
そのように、換言すれば、
でも、この配列も

141
00:06:49,150 --> 00:06:52,950
いくつかのドットのドットを、ドットかもしれない
可変長、いわば、

142
00:06:52,950 --> 00:06:56,720
あなたはいつもどこでそれの終わりを知る
ARGCはあなたを教えしようとしているので、ある

143
00:06:56,720 --> 00:07:00,120
どの時点でいったん停止する必要が
ARGVの要素を見ている。

144
00:07:00,120 --> 00:07:03,660
あなたは4つしか見ることができ
この場合の合計。

145
00:07:03,660 --> 00:07:06,600
>> それでは、今を見てみましょう
おそらく、簡単なプログラム。

146
00:07:06,600 --> 00:07:09,070
ただ挨拶をワン
Zamylaのような人に。

147
00:07:09,070 --> 00:07:12,620
だから私は、私はプログラムを書くつもりだ主張
一瞬で、それを介して、私は何ができる

148
00:07:12,620 --> 00:07:16,670
その後./helloスペースZamyla、と私が欲しい
私のプログラムは、何かを印刷する

149
00:07:16,670 --> 00:07:18,520
超簡単な「Zamyla、こんにちは。 "のような

150
00:07:18,520 --> 00:07:20,100
今、過去に私たちはにgetStringを使用しました。

151
00:07:20,100 --> 00:07:22,850
過去に、たとえそう
あなたは、プログラミングの初心者

152
00:07:22,850 --> 00:07:27,180
オッズはあなたがかき立てる可能性がある
にgetStringを使用するプログラム

153
00:07:27,180 --> 00:07:29,390
そしてその後のprintfを使用しています
Zamylaに挨拶します。

154
00:07:29,390 --> 00:07:31,290
しかし、ここで今回のgetString使用しないようにしましょう​​。

155
00:07:31,290 --> 00:07:37,510
私が代わりにAppliantへ行こう
と標準I Oドットhを含まない。

156
00:07:37,510 --> 00:07:41,160
私はまた、CS50ドットhを含んでみましょう。

157
00:07:41,160 --> 00:07:44,730
さて、メインint型、そして今私は今
今日のボイドをするつもりはない。

158
00:07:44,730 --> 00:07:51,200
その代わりに、私はint型のargcをするつもりだ
文字列のargv開き括弧閉じ括弧、

159
00:07:51,200 --> 00:07:52,640
番号を指定していない。

160
00:07:52,640 --> 00:07:54,644
そして今、ここに私の行う、いわゆるされている。

161
00:07:54,644 --> 00:07:57,560
私が今やろうとしてるのは、私は今、ある
信仰の飛躍を少しやろうとして、

162
00:07:57,560 --> 00:08:00,560
私は、ユーザーのことを前提とするつもりだ
正しくこのプログラムを使用するつもり、

163
00:08:00,560 --> 00:08:04,980
と私は単純に行くよ
、ハローprintfの%SNを行う。

164
00:08:04,980 --> 00:08:06,630
だから、何もそこに新しい。

165
00:08:06,630 --> 00:08:11,470
しかし、私は今どのような言葉に置きたい
プログラム名の後にユーザーの種類。

166
00:08:11,470 --> 00:08:16,970
だから私はZamyla ./helloスペースをすれば、私
何とかプログラム的にアクセスしたい

167
00:08:16,970 --> 00:08:20,870
引用終わり "Zamyla」を引用する私はそう
私の議論ベクターに行くことができ、

168
00:08:20,870 --> 00:08:25,980
私の文字列の配列、およびコマンドであれば、
再び、./helloスペースZamylaだった

169
00:08:25,980 --> 00:08:29,340
私は何番目たいですか
ここにはargvに置くか?

170
00:08:29,340 --> 00:08:29,840
聴衆:1。

171
00:08:29,840 --> 00:08:32,355
DAVIDマラン:1、理由
ブラケット0が判明

172
00:08:32,355 --> 00:08:34,230
になるだろう
私たちが見たように、プログラムの名前、。

173
00:08:34,230 --> 00:08:37,789
だからブラケット1は、最初の単語である
私は、ユーザは、入力したもの。

174
00:08:37,789 --> 00:08:39,559
私が先に行くと、これを保存するつもりです。

175
00:08:39,559 --> 00:08:42,830
私は私のフォルダに行くつもりです
私は、このファイルを配置した場所。

176
00:08:42,830 --> 00:08:44,920
私はハロー3を作るするつもりです。

177
00:08:44,920 --> 00:08:46,230
コンプIOの[OK]をクリックします。

178
00:08:46,230 --> 00:08:51,380
./hello Zamylaを入力してください。

179
00:08:51,380 --> 00:08:54,480
私は間違って何をした?

180
00:08:54,480 --> 00:08:57,270
私は驚きによって逮捕された
私自身そこにちょうど一瞬。

181
00:08:57,270 --> 00:08:58,230
私は間違って何をした?

182
00:08:58,230 --> 00:08:59,220
>> 聴衆:名前。

183
00:08:59,220 --> 00:09:01,767
>> DAVIDマラン:ファイルの
実際にhello3.c呼んだ。

184
00:09:01,767 --> 00:09:03,850
そして私はちょうどのためにそれをした
一貫性、私たちがしたので、

185
00:09:03,850 --> 00:09:06,550
でhello.cを年代を持っていた
オンラインコード内の過去。

186
00:09:06,550 --> 00:09:11,550
それでは、この./helloを修正しましょう
ブラケットダッシュ3 Zamyla。

187
00:09:11,550 --> 00:09:12,370
入力してください。

188
00:09:12,370 --> 00:09:14,030
そして今、私たちは、ハローZamylaを持っている。

189
00:09:14,030 --> 00:09:17,650
一方、私は、これを変更することができます
ロブ、または実際に他の語である。

190
00:09:17,650 --> 00:09:19,230
>> しかし、ここでコーナーケースを考えてみましょう。

191
00:09:19,230 --> 00:09:24,360
あなたがあれば何が起こるかを期待するかもしれない
私はすべての人の名前を入力しないのですか?

192
00:09:24,360 --> 00:09:25,270
>> 聴衆:エラー。

193
00:09:25,270 --> 00:09:27,300
>> DAVIDマラン:エラー
おそらく、いくつかの並べ替えの。

194
00:09:27,300 --> 00:09:28,200
見てみましょう。

195
00:09:28,200 --> 00:09:29,440
入力してください。

196
00:09:29,440 --> 00:09:30,210
ヌル。

197
00:09:30,210 --> 00:09:33,870
だから、printfのは、実際にされている
私たちの小さな保護

198
00:09:33,870 --> 00:09:38,131
ここで、文字通りオープンな括弧を印刷
ヌルが、さらに悪い事が起こる可能性があります。

199
00:09:38,131 --> 00:09:40,130
そして、ちょうど実証する
何か絶対に

200
00:09:40,130 --> 00:09:42,800
すべきではない、の中で行ってみよう
こことチャンスをうかがっ始める。

201
00:09:42,800 --> 00:09:43,300
右?

202
00:09:43,300 --> 00:09:46,410
私が知っている場合は、その写真の中の
メモリは、基本的にこれです

203
00:09:46,410 --> 00:09:52,660
ARGVブラケット1がZamyla、ARGVを持って
ブラケット0 ./helloがある場合、または./hello-3。

204
00:09:52,660 --> 00:09:55,400
ブラケット2には何ですか?

205
00:09:55,400 --> 00:09:58,210
だから私はそれに答えることができます
右、自分自身に疑問?

206
00:09:58,210 --> 00:10:00,460
私はちょうど2に1を変更することができます。

207
00:10:00,460 --> 00:10:07,270
私は今、ハロー3を再コンパイルすることができます
./hello3のがズームEnterキーを押してみましょう。

208
00:10:07,270 --> 00:10:08,270
おっと。

209
00:10:08,270 --> 00:10:10,660
いいえ引用符はありません。

210
00:10:10,660 --> 00:10:12,540
興味深い。

211
00:10:12,540 --> 00:10:15,530
だから、種類のクールだ
ここにある他に何を参照してください。

212
00:10:15,530 --> 00:10:17,130
>> だから、私のラップトップの中に他に何ですか?

213
00:10:17,130 --> 00:10:20,390
それではブラケット3で保存しましょう​​。

214
00:10:20,390 --> 00:10:25,190
./hello-3、hello3を行います。

215
00:10:25,190 --> 00:10:26,500
おさる。

216
00:10:26,500 --> 00:10:30,560
そして今のは本当にbold-- 50を紹介しています。

217
00:10:30,560 --> 00:10:34,340
だから、深く、本当にダイビングだ
私のコンピュータのメモリに。

218
00:10:34,340 --> 00:10:35,930
50のインデックス。

219
00:10:35,930 --> 00:10:41,950
だからハロー3 ./hello-3を作る。

220
00:10:41,950 --> 00:10:42,680
おさる。

221
00:10:42,680 --> 00:10:44,660
すべての権利、今私はちょうどよ
無謀な取得するつもり。

222
00:10:44,660 --> 00:10:47,331
それでは5000に行こう。

223
00:10:47,331 --> 00:10:47,830
かしこまりました。

224
00:10:47,830 --> 00:10:49,520
だから私は、再コンパイルしてみましょう。

225
00:10:49,520 --> 00:10:51,460
./hello-3、hello3を行います。

226
00:10:51,460 --> 00:10:55,780

227
00:10:55,780 --> 00:10:56,460
[OK]をクリックします。

228
00:10:56,460 --> 00:10:59,250
今、あなたのいくつか、そこかもしれない
オフに行く電球である。

229
00:10:59,250 --> 00:11:01,900
どのように多くのあなたの持っている
前に、このメッセージを見たことある?

230
00:11:01,900 --> 00:11:03,440
[OK]をクリックします。

231
00:11:03,440 --> 00:11:04,420
それでは、なぜ?

232
00:11:04,420 --> 00:11:07,250
>> オッズはare--と異なるあります
これを引き起こすことができるもの、

233
00:11:07,250 --> 00:11:09,730
と明らかにあなたは良いにしている
私たちは、明らかに持っているcompany--

234
00:11:09,730 --> 00:11:11,900
と呼ばれるものが原因
セグメンテーションフォールト。

235
00:11:11,900 --> 00:11:15,890
そして今日のための長い話を短く、私
メモリのセグメントを触ってきた

236
00:11:15,890 --> 00:11:17,060
私が持っているべきではないこと。

237
00:11:17,060 --> 00:11:19,970
セグメントは、ちょうどチャンクを意味する
私が持っているべきではないメモリ。

238
00:11:19,970 --> 00:11:25,530
今、コンピュータは、もし私がいることを保証します
私はARGVに触れることができることを./helloZamylaを実行

239
00:11:25,530 --> 00:11:27,760
ブラケット0とargvブラケット1である。

240
00:11:27,760 --> 00:11:32,730
しかし、argcが値2である、それは私は意味
唯一それが名誉のようなものだallowed--

241
00:11:32,730 --> 00:11:35,180
触れることsystem--
ブラケット0とブラケット1。

242
00:11:35,180 --> 00:11:37,990
私は遠くに行く場合は、あります
絶対にそこにメモリになるだろう。

243
00:11:37,990 --> 00:11:40,660
私のRAMは物理的に存在している
コンピュータ。

244
00:11:40,660 --> 00:11:42,080
しかし、誰が何があるか知っている?

245
00:11:42,080 --> 00:11:44,450
確かに、私は、複数を実行している
一度プログラム。

246
00:11:44,450 --> 00:11:46,910
私はなかった場合、私はseen--場合があります
Appliantでこれをやって

247
00:11:46,910 --> 00:11:49,937
私のMacまたはPC--に私が持っているかもしれません
電子メールの内容を見た。

248
00:11:49,937 --> 00:11:52,270
私は瞬間を見たかもしれない
私が最近送ったメッセージ。

249
00:11:52,270 --> 00:11:55,390
かもしれない何でも
メモリに周り長引く

250
00:11:55,390 --> 00:11:59,180
を介してアクセスされた可能性が
この任意角括弧表記。

251
00:11:59,180 --> 00:12:02,850
あるいは、さらに悪いことに、あなたが持っているかもしれません
私のパスワードのいずれかを発見した

252
00:12:02,850 --> 00:12:05,859
私は最近、タイプ入力することだろうと
ようにプログラムがメモリに保存されていた

253
00:12:05,859 --> 00:12:07,900
私を認証すると、
その後だけの種類のそれを残し

254
00:12:07,900 --> 00:12:09,910
私はそのプログラムを終了するまでRAMに。

255
00:12:09,910 --> 00:12:12,860
>> そして実際に、これはの一つである
危険と1の力

256
00:12:12,860 --> 00:12:15,980
Cのような言語を使用しての
あなたは自由なアクセスを持っている

257
00:12:15,980 --> 00:12:18,860
全体の内容へ
プログラムのメモリの、

258
00:12:18,860 --> 00:12:21,340
何悪者はできる
でも、それらのcases--の観光

259
00:12:21,340 --> 00:12:23,807
特に私たち
Webプログラミングに到達

260
00:12:23,807 --> 00:12:26,890
学期の終わりに向かって、私たちはよ
周り突くこのtopic--を再訪、

261
00:12:26,890 --> 00:12:31,660
潜在的に、誰かのコンピュータの
メモリおよびそのような好奇心のものを見つける

262
00:12:31,660 --> 00:12:32,570
私たちはそこに見たように。

263
00:12:32,570 --> 00:12:36,900
またはさらに悪いことに、まだ、パスワード、彼
または彼女はそれから悪いことをするために使用することができます。

264
00:12:36,900 --> 00:12:40,240
>> だから、明らかに私は、これを行っているべきではありません
奇妙なことが起こるを開始するので。

265
00:12:40,240 --> 00:12:42,310
実際、このプログラムがクラッシュする。

266
00:12:42,310 --> 00:12:44,580
これは等価である
のMac OSやWindowsでの

267
00:12:44,580 --> 00:12:46,770
ただ消えてプログラムウィンドウ。

268
00:12:46,770 --> 00:12:48,300
予期しないエラーが発生しました。

269
00:12:48,300 --> 00:12:50,840
コマンドライン環境で
私たちはこのようなものを参照してください。

270
00:12:50,840 --> 00:12:54,480
しかし、それは、なぜ、私は単に触れてよさだ
私に属していないメモリ。

271
00:12:54,480 --> 00:12:57,090
>> それでは、このAを防御しましょう
別の方法で少し

272
00:12:57,090 --> 00:12:59,010
ここでこのプログラムを見ることによって。

273
00:12:59,010 --> 00:13:01,000
そこで、再び、スケルトン
私たちはearlier--見た

274
00:13:01,000 --> 00:13:02,480
そして今回はint型を強調しました。

275
00:13:02,480 --> 00:13:05,900
そして、メインのすべてのこの時間はあります
実際に値を戻しました。

276
00:13:05,900 --> 00:13:09,120
といっても私たちの講義のほとんどにおいて
私たちは、一度使ったことがない例

277
00:13:09,120 --> 00:13:10,990
主に何かを返す。

278
00:13:10,990 --> 00:13:13,710
私達はちょうどのprintfクローズを書く
中括弧とそれはそれだ。

279
00:13:13,710 --> 00:13:16,500
しかし、自由のため、どのような
コンパイラは、あなたのために行ってき

280
00:13:16,500 --> 00:13:19,510
効果的に、あなたのために0を返している。

281
00:13:19,510 --> 00:13:22,950
ゆうパックになり、それは少しだ
0が良好であることをcounterintuitive--。

282
00:13:22,950 --> 00:13:24,690
それは、それ自体が誤った意味ではありません。

283
00:13:24,690 --> 00:13:29,080
0が良好であり、任意の非0
値、世界が決定しました、

284
00:13:29,080 --> 00:13:30,619
エラーを表すことができます。

285
00:13:30,619 --> 00:13:32,910
あなたは今までめちゃめちゃにしたのであれば
お使いのコンピュータ上で何かアップ、

286
00:13:32,910 --> 00:13:36,600
またはプログラムはあなたに死亡しており、
あなたは、いくつかの誤ったウィンドウを得ている

287
00:13:36,600 --> 00:13:40,360
画面上の、というエラー
負の49ま​​たはエラー23--

288
00:13:40,360 --> 00:13:44,170
のいくつかの一見任意value--
プログラマは、ハードコードされているため、

289
00:13:44,170 --> 00:13:49,370
49負または正のような値
23は、任意の数を表すために、あえて言う、

290
00:13:49,370 --> 00:13:53,340
40億の可能なものの
それはプログラムの中でうまくいかないかもしれない。

291
00:13:53,340 --> 00:13:55,700
>> だから私はどのようにかかることがあります
この利点自身?

292
00:13:55,700 --> 00:13:58,970
さて、私はプログラムを開いてみましょう
私は事前に書いた、

293
00:13:58,970 --> 00:14:01,450
とハロー4と呼ばれるオンラインつつく。

294
00:14:01,450 --> 00:14:05,650
そして、それはことを除いて、ほとんど同じだ
そのエラー·チェックの少しを得た。

295
00:14:05,650 --> 00:14:09,660
この場合、私は再び宣言した
二つの引数を取るように、メイン、

296
00:14:09,660 --> 00:14:13,180
今回、17行上、予告
私は、健全性チェックを少しやってる。

297
00:14:13,180 --> 00:14:17,100
私は確信していることを作ってるんだ
argcが2に等しい等しい。

298
00:14:17,100 --> 00:14:18,960
それがある場合なので、その
私は無事にできることを意味します

299
00:14:18,960 --> 00:14:21,420
だけではなくブラケット0が、ブラケット1をタッチします。

300
00:14:21,420 --> 00:14:24,330
そして、私は、先に行くと、プリントアウト
この場合には、Zamylaやロブ

301
00:14:24,330 --> 00:14:26,020
または私は型指定されたどのような言葉。

302
00:14:26,020 --> 00:14:28,020
そして今、ちょうど取得する
もう少し適切、

303
00:14:28,020 --> 00:14:31,910
私は明示的に返すつもりだ
0すべてを示すために順調です。

304
00:14:31,910 --> 00:14:33,300
悪い何も起こらなかった。

305
00:14:33,300 --> 00:14:38,590
>> しかし、慣例により、私はするつもりだ
1、または率直に言って、任意の非0値を返す、

306
00:14:38,590 --> 00:14:40,160
何かが間違っていた場合。

307
00:14:40,160 --> 00:14:43,270
今、ユーザーはするつもりはない
本当に何が起こっているのに気づく。

308
00:14:43,270 --> 00:14:50,410
確かに私は、このディレクトリに行けば、
私たちは、ズームインおよびハロー4を作るのですか

309
00:14:50,410 --> 00:14:54,210
./hello-4 Zamylaは私が期待どおりに動作します。

310
00:14:54,210 --> 00:14:58,570
しかし、私は代わりに入力しない場合は、
何も、何も起こらないようだ、

311
00:14:58,570 --> 00:14:59,680
それはクラッシュしない。

312
00:14:59,680 --> 00:15:04,660
そして、私は代わりに何かをしている場合
ロブは試験監督官であるように

313
00:15:04,660 --> 00:15:07,550
Thayer--共有中
任意の情報。

314
00:15:07,550 --> 00:15:13,680
しかし、通知、argvの1、2、3、4、および
5今メモリ内に存在する必要があります。

315
00:15:13,680 --> 00:15:16,540
それは、あまりにも、ものではありません
私のプログラムは、期待して

316
00:15:16,540 --> 00:15:20,300
私がいるかどうかチェックしましたので、
argcが2かに等しい等しい。

317
00:15:20,300 --> 00:15:22,140
だから私は今、この防御だ。

318
00:15:22,140 --> 00:15:25,290
>> さて、余談として、私たち
users--をprogrammer--というより、私たち

319
00:15:25,290 --> 00:15:29,670
0または1であるが、使用していることを見ることはない
このツールは、デバッガ、またはその他のツールと​​呼ばれる

320
00:15:29,670 --> 00:15:32,250
私たちは前に表示されますように
長い、あなたプログラマ

321
00:15:32,250 --> 00:15:36,590
実際にかもしれないものを見ることができます
あなたのプログラムの中に間違って。

322
00:15:36,590 --> 00:15:39,170
>> だから、argcは上の任意の質問は?

323
00:15:39,170 --> 00:15:40,873
うん。

324
00:15:40,873 --> 00:15:45,292
>> 聴衆:私は彼らを見てきました
文字を持っていなかった、[聞き取れない]

325
00:15:45,292 --> 00:15:49,669
ちょうどのような文字列のスターdを、言った
文字のアスタリスクカンマ。

326
00:15:49,669 --> 00:15:50,710
彼らはここと同等か?

327
00:15:50,710 --> 00:15:51,626
>> DAVIDマラン:それらは。

328
00:15:51,626 --> 00:15:55,080
そこで問題は、あなたが持っている、である
時折見られるプログラム

329
00:15:55,080 --> 00:15:57,270
そうでないこのような
文字列のargvブラケットを言う

330
00:15:57,270 --> 00:16:01,015
その代わりに何かを言う
チャースターのargvブラケット等を挙げることができる。

331
00:16:01,015 --> 00:16:03,140
そして、さらには他のあります
あなたが見るかもしれない変異体が含まれる。

332
00:16:03,140 --> 00:16:04,264
彼らは確かに等価である。

333
00:16:04,264 --> 00:16:06,240
今のところ、私たちはこれらを持っている
補助輪のようなもの

334
00:16:06,240 --> 00:16:09,737
CS50内の文字列の形で上
図書館が、ちょうど一週間以上での

335
00:16:09,737 --> 00:16:12,570
または私たちはそれを削除しようとしている
完全に、実際に障害物

336
00:16:12,570 --> 00:16:16,820
何char型と星を見て
であり、それらをメモリに関連する方法

337
00:16:16,820 --> 00:16:18,140
より一般的な表現。

338
00:16:18,140 --> 00:16:19,540
だから私たちは戻ってそれに来る。

339
00:16:19,540 --> 00:16:21,540
>> 私たちはargvやargcは上の他の質問は?

340
00:16:21,540 --> 00:16:22,397
うん。

341
00:16:22,397 --> 00:16:24,438
聴衆:なぜそれが返した
エラー[聞き取れない]?

342
00:16:24,438 --> 00:16:27,147

343
00:16:27,147 --> 00:16:29,230
DAVIDマラン:なぜそれをした
ああonly--エラーを返す!

344
00:16:29,230 --> 00:16:31,813
前のケースでは、とき、私たち
メモリの周りいじくった、

345
00:16:31,813 --> 00:16:35,110
なぜそれが唯一のエラーを返しました
私は本当に大きな数を入力すると?

346
00:16:35,110 --> 00:16:36,620
短い答えは、私たちが単に幸運です。

347
00:16:36,620 --> 00:16:39,240
一般的に言えば、コンピュータ
チャンクでメモリを割り当て、

348
00:16:39,240 --> 00:16:42,900
そしてそれは私に十分な大きさのチャンクを与えた
私は気づかれることなく、離れて得た、

349
00:16:42,900 --> 00:16:46,280
ブラケット2に触れた、ブラケット3、
ブラケット50、しかし、すぐに私はプッシュとして

350
00:16:46,280 --> 00:16:49,080
私の運は、私が過ぎた
メモリのチャンクの境界線

351
00:16:49,080 --> 00:16:50,520
オペレーティングシステムは、私を与えていた。

352
00:16:50,520 --> 00:16:52,720
そして、それはときにそれをです
弾圧のない、と述べた。

353
00:16:52,720 --> 00:16:54,580
セグメンテーションエラー。

354
00:16:54,580 --> 00:16:55,692
うん。

355
00:16:55,692 --> 00:16:58,890
>> 聴衆:どのようにコンピュータが行う
ARGCの値を知っていますか?

356
00:16:58,890 --> 00:17:02,390
>> DAVIDマラン:どのように
コンピュータはARGCの値を知っていますか?

357
00:17:02,390 --> 00:17:07,920
あなたがプログラムを実行すると、そのプログラム、
点滅プロンプトの性質上、

358
00:17:07,920 --> 00:17:11,359
の配列が渡され
型指定された言葉

359
00:17:11,359 --> 00:17:13,300
プロンプトで、それがあった
プロンプトに入力。

360
00:17:13,300 --> 00:17:16,569
そしてそれは、オペレーティングある
システム基本的にその

361
00:17:16,569 --> 00:17:20,329
あなたのために主の主張を移入します。

362
00:17:20,329 --> 00:17:22,829
だから、サービスの一つだ
あなたが得ることを、ソートの密か

363
00:17:22,829 --> 00:17:24,869
のボンネットの下に
オペレーティングシステム。

364
00:17:24,869 --> 00:17:27,118
その他の質問は?

365
00:17:27,118 --> 00:17:27,618
うん。

366
00:17:27,618 --> 00:17:29,787
>> 聴衆:コアダンプはどういう意味ですか?

367
00:17:29,787 --> 00:17:31,370
DAVIDマラン:コアダンプはどういう意味ですか?

368
00:17:31,370 --> 00:17:32,950
だから、それは良い質問ですね。

369
00:17:32,950 --> 00:17:35,312
そして、私はに戻ってみましょう
ここでは、このディレクトリ。

370
00:17:35,312 --> 00:17:37,270
そして、あなたはそれをわかります
私はそこに新しいファイルを持っている。

371
00:17:37,270 --> 00:17:41,670
それは、確かにコアと呼ばれ、それがだだ
実際に一般的にまともなサイズのファイル。

372
00:17:41,670 --> 00:17:45,300
それは本質的にスナップショットです
私のプログラムのメモリの内容

373
00:17:45,300 --> 00:17:46,902
それがクラッシュした場合、またはRAM。

374
00:17:46,902 --> 00:17:49,110
そして、これは有用であろう、
潜在的に、診断的に、

375
00:17:49,110 --> 00:17:52,850
今後の講義で話すいったん
およびデバッグに関するセクション、

376
00:17:52,850 --> 00:17:55,730
あなたが実際に行うことができますので、
デジタル剖検相当

377
00:17:55,730 --> 00:18:00,300
そのファイルに把握を支援する
あなたはあなたのプログラムで間違って何をしたか。

378
00:18:00,300 --> 00:18:01,220
うん。

379
00:18:01,220 --> 00:18:04,450
>> 聴衆:コマンドのargcです
それ自体、または、あなたはそれを任意の名前を付けることができますか?

380
00:18:04,450 --> 00:18:05,575
>> DAVIDマラン:良い質問。

381
00:18:05,575 --> 00:18:08,040
それ自体はコマンドのargcである、
またはあなたはそれを任意の名前を付けることができますか?

382
00:18:08,040 --> 00:18:09,290
それは間違いなく、コマンドではありません。

383
00:18:09,290 --> 00:18:13,500
それは単に変数のだ
名前や引数の名前、

384
00:18:13,500 --> 00:18:15,481
したがって一切お
このfooという呼び出すことができ、

385
00:18:15,481 --> 00:18:18,480
私達は傾向がある、このバーを呼び出すことができます
ゴーカートにコンピュータの言葉であると

386
00:18:18,480 --> 00:18:19,860
科学者に送られます。

387
00:18:19,860 --> 00:18:22,820
しかし、慣例により、私たちはargcとargvを使用してください。

388
00:18:22,820 --> 00:18:25,360
しかし、それはちょうど人間だ
コンベンション、何よりも。

389
00:18:25,360 --> 00:18:25,860
かしこまりました。

390
00:18:25,860 --> 00:18:28,140
だから結局のところ、私がしてきた
白lie--のビットを伝える

391
00:18:28,140 --> 00:18:31,264
と率直に言って、将来的には、次のように表示されます
私たちは、他の白い嘘を言ってきた。

392
00:18:31,264 --> 00:18:33,510
しかし、今のところ、私たちはつもりだ
これらのいずれかをバック剥離する。

393
00:18:33,510 --> 00:18:37,310
時以前に私がここに。この場合、
./helloまたは./hello-3のようなプログラムを実行した

394
00:18:37,310 --> 00:18:42,780
Zamyla、私たちは私のコンテンツを持っていた
おおよそのように見て、コンピュータのメモリ

395
00:18:42,780 --> 00:18:43,280
この。

396
00:18:43,280 --> 00:18:45,070
しかし、文字列が何であるかを思い出してください。

397
00:18:45,070 --> 00:18:49,279
私たちは一週間前に何A何と言った
文字列は、実際にはボンネットの下にある?

398
00:18:49,279 --> 00:18:50,320
聴衆:文字の配列です。

399
00:18:50,320 --> 00:18:52,111
DAVIDマラン:それは
文字の配列、右か?

400
00:18:52,111 --> 00:18:55,760
だから私たちはの配列を持っているかもしれません
文字列が、今度は、文字列

401
00:18:55,760 --> 00:18:57,150
文字の配列です。

402
00:18:57,150 --> 00:19:00,010
だから私は本当になりたい場合は、
私はこの絵を描く肛門、

403
00:19:00,010 --> 00:19:03,290
私は実際に描画されるべきである
もう少しこのようなこと、

404
00:19:03,290 --> 00:19:08,000
それによってこれらのそれぞれで
私のargv配列のインデックス、

405
00:19:08,000 --> 00:19:11,432
文字列全体は、それ自体がある
それ自体が配列であること。

406
00:19:11,432 --> 00:19:13,140
そして今、白い嘘
今日は言っている

407
00:19:13,140 --> 00:19:15,181
絵にはないということです
非常にこのように見えます。

408
00:19:15,181 --> 00:19:19,110
実際には、小さな正方形がある
大きな長方形の一般的に外に

409
00:19:19,110 --> 00:19:19,610
そこ。

410
00:19:19,610 --> 00:19:21,280
しかし、私たちはずっと前に戻ったのと来る。

411
00:19:21,280 --> 00:19:25,440
しかし、これは、バックスラッシュ./hello 0です
それは、その特殊文字であること

412
00:19:25,440 --> 00:19:28,310
文字列の終わりを画定する、
私たちは後に別のものを持っている

413
00:19:28,310 --> 00:19:29,360
Zamylaの名前。

414
00:19:29,360 --> 00:19:30,900
だから、これは何を意味するのでしょうか?

415
00:19:30,900 --> 00:19:33,410
>> さて、私が先に行く聞かせて
他の二つの例を開く

416
00:19:33,410 --> 00:19:35,220
オンラインで利用可能であることを。

417
00:19:35,220 --> 00:19:40,590
一つはargv1.cと呼ばれている
他方はargv2ある。

418
00:19:40,590 --> 00:19:44,260
それは、その超簡単なプログラムです
過去の番組とは異なります

419
00:19:44,260 --> 00:19:47,260
その中で今私が使用しています
argcとargvをここに。

420
00:19:47,260 --> 00:19:54,300
そして今、私はforループと統合してい
argcは、最大上のi = 0のから、18行中。

421
00:19:54,300 --> 00:19:56,850
そして、何私はするつもりです
ここでのコード行で?

422
00:19:56,850 --> 00:19:58,270
英語で。

423
00:19:58,270 --> 00:20:00,510
これは明らかには、argcの使用方法を示します。

424
00:20:00,510 --> 00:20:03,670
しかし、英語では、どのようなことを行い
私はこのプログラムを実行する場合、それは何?

425
00:20:03,670 --> 00:20:04,366
うん?

426
00:20:04,366 --> 00:20:07,386
>> 聴衆:それはあなたを印刷するために起こっている
あなたが好きな回数だけ画面。

427
00:20:07,386 --> 00:20:08,260
DAVIDマラン:その通りです。

428
00:20:08,260 --> 00:20:10,480
だから、どんな言葉I
プロンプトで、それはだ

429
00:20:10,480 --> 00:20:13,120
逆流しよう
私のこと、それらを1行に1つずつ。

430
00:20:13,120 --> 00:20:14,370
それでは、先に行くと、これをやらせる。

431
00:20:14,370 --> 00:20:17,862
私のディレクトリに行こう
とargv1 ./argv1を作るのですか。

432
00:20:17,862 --> 00:20:20,521

433
00:20:20,521 --> 00:20:21,770
そして今、のはそれをシンプルに保つみましょう。

434
00:20:21,770 --> 00:20:23,834
それでは、最初は何もしませんしましょう​​。

435
00:20:23,834 --> 00:20:26,750
それは一つのことをプリントアウトしたし、
それは確かにプログラムの名前ですが、

436
00:20:26,750 --> 00:20:28,240
それは、ブラケット0でだからです。

437
00:20:28,240 --> 00:20:33,290
私は今のfooと言うなら、それはどうするつもりだ
これら二つの、そして私がfooバーを言えば、

438
00:20:33,290 --> 00:20:35,580
それはこれらの3つのことを言おうとしています。

439
00:20:35,580 --> 00:20:37,740
今では多分、やや興味深い。

440
00:20:37,740 --> 00:20:41,450
しかし、それはargvをリコール
文字列の配列である、

441
00:20:41,450 --> 00:20:45,960
が、文字列は文字の配列である、
私たちは、ノッチ物事を取ることができます

442
00:20:45,960 --> 00:20:48,560
その基本を適用
ロジックとコードを作ること

443
00:20:48,560 --> 00:20:51,160
確かに、もう少し不可解に見える。

444
00:20:51,160 --> 00:20:53,540
しかし、入れ子になったことで
似ループ、何か

445
00:20:53,540 --> 00:20:57,030
あなたはマリオを思い出しかもしれないものを、
例えば、あなたはこのようにそれをした場合。

446
00:20:57,030 --> 00:21:00,380
>> だから今私は、19行目に気付く
再び私の引数を反復、

447
00:21:00,380 --> 00:21:02,410
0からのargcまでの上。

448
00:21:02,410 --> 00:21:05,510
そして今、ライン21--に私は今
最後week--からトリックを借りる

449
00:21:05,510 --> 00:21:11,090
私は何であるかチェックしております
argvはブラケット、iの長さ。

450
00:21:11,090 --> 00:21:12,920
私はn個でその答えを保存するよ。

451
00:21:12,920 --> 00:21:18,230
そして私はjから上に統合してい
jが0に初期化されるまでのn、。

452
00:21:18,230 --> 00:21:19,460
だから、カウントするための規約。

453
00:21:19,460 --> 00:21:22,335
あなたが持っている場合は、私が使用したら
ネストされたループは、あなたが再び私を使用することはできません

454
00:21:22,335 --> 00:21:25,770
そうしないと、潜在的に、壊します、
内側のループの外の値。

455
00:21:25,770 --> 00:21:27,200
だから私は、慣例によりJを使用しています。

456
00:21:27,200 --> 00:21:28,020
私たちは、Kを使用する場合があります。

457
00:21:28,020 --> 00:21:31,080
おそらく、あなたがkよりも多くを持っている場合は、
一般的に、あまりにも多くのネストを持っている。

458
00:21:31,080 --> 00:21:33,800
しかし、今、私のprintfに気付く
ラインが​​少し異なります。

459
00:21:33,800 --> 00:21:37,520
私は私は今、%sが印刷されないよ
もちろん、印刷%cが、

460
00:21:37,520 --> 00:21:39,460
char型のプレースホルダです。

461
00:21:39,460 --> 00:21:40,770
>> そして今、この構文に注目してください。

462
00:21:40,770 --> 00:21:41,270
新しい。

463
00:21:41,270 --> 00:21:42,630
私たちは前にそれを見ていない。

464
00:21:42,630 --> 00:21:47,290
しかし、論理的に、これはただの意味
ARGV内のi番目の文字列を取得

465
00:21:47,290 --> 00:21:50,067
何j番目のですか?

466
00:21:50,067 --> 00:21:50,900
聴衆:文字。

467
00:21:50,900 --> 00:21:52,800
DAVIDマラン:その文字列の文字。

468
00:21:52,800 --> 00:21:57,100
だから、角括弧を使用することにより
角括弧が続く、

469
00:21:57,100 --> 00:22:00,390
これは最初のダイビングです
argvは文字列への、

470
00:22:00,390 --> 00:22:02,225
その後、第2
jに角括弧

471
00:22:02,225 --> 00:22:06,580
の文字にダイビングです
argvの中で、特定の文字列。

472
00:22:06,580 --> 00:22:09,562
そして、ちょうど良い測定のために、
私はここに新しい行を印刷しています。

473
00:22:09,562 --> 00:22:12,020
だから今私が先に行くと、開いてみましょう
大きめ窓アップ

474
00:22:12,020 --> 00:22:13,600
私たちはこの動作を確認することができます。

475
00:22:13,600 --> 00:22:15,700
私はそのフォルダに行きましょう。

476
00:22:15,700 --> 00:22:22,550
そして今、作るのですかargvは、2  - 
ARGV-2を作るwhoops--、./argv 2。

477
00:22:22,550 --> 00:22:23,110
入力してください。

478
00:22:23,110 --> 00:22:24,860
そして、それは少し難しい
縦に読むため、

479
00:22:24,860 --> 00:22:27,920
それは確かに名だ
空白行に続くプログラム。

480
00:22:27,920 --> 00:22:30,210
今、私が先に行くとfooをやらせる。

481
00:22:30,210 --> 00:22:33,210
同様に読みにくいが、それはだ
確かに1行に1つの文字を印刷する。

482
00:22:33,210 --> 00:22:36,780
そして、私はバーをすれば、それは今だ
行して、これらの行を印刷する。

483
00:22:36,780 --> 00:22:40,140
だからここにお持ち帰りはあまりありません
うわー、この巧妙な新しいトリックを見て、あることを

484
00:22:40,140 --> 00:22:44,750
どこに内容を得ることができます
配列の特定の文字の、

485
00:22:44,750 --> 00:22:48,380
むしろどうやってこれらの基本を取っている
配列にインデックス付けするようなアイデア、

486
00:22:48,380 --> 00:22:51,620
そして、その後にインデックスを付ける
その配列にあった配列、

487
00:22:51,620 --> 00:22:56,180
ちょうど同じ考えを適用する
もう少し洗練された例。

488
00:22:56,180 --> 00:22:59,560
しかし、基本は本当に持っていない
でも、先週から、変更しました。

489
00:22:59,560 --> 00:23:02,350
>> さて、これは、一種のタイムリーである
その中で、0週目になり、リコール

490
00:23:02,350 --> 00:23:04,110
私たちはこのような電話帳と共演。

491
00:23:04,110 --> 00:23:06,670
そして、これは明らかであるにもかかわらず、
紙の物理的な作品、

492
00:23:06,670 --> 00:23:09,150
あなたが親切なのを考えることができます
配列として電話帳。

493
00:23:09,150 --> 00:23:12,770
確かに、あなたがいた場合には再実装する
この紙片これらの作品

494
00:23:12,770 --> 00:23:15,260
コンピュータ内の、おそらく
あなたが何かを使用します

495
00:23:15,260 --> 00:23:20,270
それらのすべてを格納する配列のような
すべての方法から名前と番号

496
00:23:20,270 --> 00:23:23,800
Z.を通してだから、これはあるため、いいです
それは私たちに機会を可能にし、

497
00:23:23,800 --> 00:23:28,310
おそらく、どのように考慮すべきかもしれない
実際にそのようなものを実装しています。

498
00:23:28,310 --> 00:23:31,250
ここで、ドアのシリーズと同様に。

499
00:23:31,250 --> 00:23:36,380
私はcould--のであれば私たちはいずれかが必要
アップ時に来てボランティア。

500
00:23:36,380 --> 00:23:36,980
見てみましょう。

501
00:23:36,980 --> 00:23:40,650
おそらくなじみのない顔、
おそらくなじみのない顔。

502
00:23:40,650 --> 00:23:42,090
どのようにオレンジ色はどうですか?

503
00:23:42,090 --> 00:23:42,680
ここに。

504
00:23:42,680 --> 00:23:45,870
オレンジシャツは、アップ時に来る。

505
00:23:45,870 --> 00:23:52,230
>> それでは、先に行こうと移動
側へのオーバーこれらのドア、

506
00:23:52,230 --> 00:23:54,020
ちょっと邪魔にならないように、これらを移動します。

507
00:23:54,020 --> 00:23:56,600

508
00:23:56,600 --> 00:23:57,760
あなたの名前は?

509
00:23:57,760 --> 00:23:58,580
>> AJAY:

510
00:23:58,580 --> 00:23:58,655
>> DAVIDマラン:アジャイ。

511
00:23:58,655 --> 00:23:58,680
デビッド。

512
00:23:58,680 --> 00:23:59,451
よろしくね。

513
00:23:59,451 --> 00:23:59,950
かしこまりました。

514
00:23:59,950 --> 00:24:04,500
だから私たちは、これら6つの後ろに持っている
screen--上にデジタルドア

515
00:24:04,500 --> 00:24:07,810
または、むしろ、7戸
数字の全体の束をscreen--。

516
00:24:07,810 --> 00:24:10,099
そして、私はあなたに何も言わなかったしました
advance--で合意された?

517
00:24:10,099 --> 00:24:11,140
AJAY:事前に何もない。

518
00:24:11,140 --> 00:24:14,730
DAVIDマラン:私はあなたがしたいすべて
今の私を見つけることであり、私たちのために、

519
00:24:14,730 --> 00:24:20,920
本当に、数50、
一歩ずつ。

520
00:24:20,920 --> 00:24:21,830
>> AJAY:ナンバー50?

521
00:24:21,830 --> 00:24:22,580
>> DAVIDマラン:ナンバー50。

522
00:24:22,580 --> 00:24:24,746
そして、あなたは何を明らかにすることができます
これらの各ドアの後ろに

523
00:24:24,746 --> 00:24:27,930
単純に指で触れることによって。

524
00:24:27,930 --> 00:24:31,364
ちくしょう。 [笑い]

525
00:24:31,364 --> 00:24:34,560
>> [拍手]

526
00:24:34,560 --> 00:24:39,540
>> 非常によくやった。

527
00:24:39,540 --> 00:24:40,400
[OK]をクリックします。

528
00:24:40,400 --> 00:24:44,090
私たちは素敵な贈り物を持っている
ここにあなたのための賞。

529
00:24:44,090 --> 00:24:46,520
映画のお好きなものたち
先週議論した。

530
00:24:46,520 --> 00:24:47,362
>> AJAY:ああ、男。

531
00:24:47,362 --> 00:24:49,050
ああ、私はスペースボールを見たことがない。

532
00:24:49,050 --> 00:24:49,520
>> DAVIDマラン:スペースボール。

533
00:24:49,520 --> 00:24:50,140
かしこまりました。

534
00:24:50,140 --> 00:24:53,790
だから一瞬で開催しています。

535
00:24:53,790 --> 00:24:57,430
How--のはこれを作ってみよう
教えやすいmoment--

536
00:24:57,430 --> 00:25:00,412
あなたはどのように行くのでした
番号50を見つける?

537
00:25:00,412 --> 00:25:01,370
AJAY:私はランダムに選んだ。

538
00:25:01,370 --> 00:25:03,420
DAVIDマラン:だからあなたが選んだ
ランダムに幸運。

539
00:25:03,420 --> 00:25:03,790
AJAY:はい。

540
00:25:03,790 --> 00:25:04,456
DAVIDマラン:わかりました。

541
00:25:04,456 --> 00:25:05,050
優秀。

542
00:25:05,050 --> 00:25:08,470
だから今、あなたをしていなかった
他に何、幸運得

543
00:25:08,470 --> 00:25:10,210
これらのドアの後ろに起きているのでしょうか?

544
00:25:10,210 --> 00:25:12,930
だから私は先に行くとした場合
ここでこれらの数字を明らかにし、

545
00:25:12,930 --> 00:25:15,180
彼らは実際にランダムな順序である。

546
00:25:15,180 --> 00:25:17,750
そして、最高のは、あなたは可能性があり
行われ、率直に言って、最終的には、することです、

547
00:25:17,750 --> 00:25:19,410
最悪の場合には、それらをすべてチェックする。

548
00:25:19,410 --> 00:25:23,000
だから、超幸運れる
私たちはアルゴリズムを呼びたいものではありません。

549
00:25:23,000 --> 00:25:24,730
はい、おめでとう。

550
00:25:24,730 --> 00:25:27,010
あなたができればしかし、今、ユーモアに私をlet's--。

551
00:25:27,010 --> 00:25:28,310
それではここで、このタブに行きましょう。

552
00:25:28,310 --> 00:25:31,460
そして、ここでの数字は明らかにしている
ランダムな順序であると思われるもの、

553
00:25:31,460 --> 00:25:32,280
彼らはいた。

554
00:25:32,280 --> 00:25:35,160
しかし、今私が代わりに主張した場合
これらのドアの後ろにその

555
00:25:35,160 --> 00:25:39,070
ソートされている数である。

556
00:25:39,070 --> 00:25:41,780
目標は、今までにもあり
私たちに数50を見つける。

557
00:25:41,780 --> 00:25:45,910
しかし、アルゴリズム的にそれを行うと、
あなたはそれについてどのように行っている私たちに教えてください。

558
00:25:45,910 --> 00:25:48,020
あなたがそれを見つけた場合、あなたは映画をキープ。

559
00:25:48,020 --> 00:25:49,520
あなたは、あなたがそれを返して、​​それを見つけることはありません。

560
00:25:49,520 --> 00:25:52,720

561
00:25:52,720 --> 00:25:58,112
AJAY:だから私は両端をチェックするつもりだ
まず、there's--かどうかを判断する

562
00:25:58,112 --> 00:26:02,048
[笑いと拍手]

563
00:26:02,048 --> 00:26:04,451

564
00:26:04,451 --> 00:26:05,492
DAVIDマラン:ここに行く。

565
00:26:05,492 --> 00:26:17,080

566
00:26:17,080 --> 00:26:21,700
それでは1を見てみましょう
アジャイの前任者、

567
00:26:21,700 --> 00:26:25,450
それほど幸運ではなかったショーン。

568
00:26:25,450 --> 00:26:28,670
[OK]を、ここにあなたの仕事ので、
ショーンは、以下の通りである。

569
00:26:28,670 --> 00:26:32,970
私はこれらの背後に隠されている
ドア数7、

570
00:26:32,970 --> 00:26:37,200
しかし、これらのドアのいくつかで隠れて
同様に他の非負の数である。

571
00:26:37,200 --> 00:26:40,730
そして、あなたの目標は、この考えることです
ちょうど配列として数字の一番上の行。

572
00:26:40,730 --> 00:26:43,590
私たちは作品のちょうど順序だ
その背後にある番号の紙の。

573
00:26:43,590 --> 00:26:47,640
そして、あなたの目標は、上部のみを使用して、ある
ここでアレイは、私に番号7を見つける。

574
00:26:47,640 --> 00:26:51,200
そして、私たちはそれから批評しようとしている
どのようにあなたがそれをやって行く。

575
00:26:51,200 --> 00:26:52,920
、私たちに数7をお願いして下さい。

576
00:26:52,920 --> 00:27:02,570

577
00:27:02,570 --> 00:27:03,070
いいえ

578
00:27:03,070 --> 00:27:06,760

579
00:27:06,760 --> 00:27:08,179
5、19、13。

580
00:27:08,179 --> 00:27:16,752

581
00:27:16,752 --> 00:27:17,835
それはトリックの質問ではありません。

582
00:27:17,835 --> 00:27:21,420

583
00:27:21,420 --> 00:27:21,920
1。

584
00:27:21,920 --> 00:27:26,715

585
00:27:26,715 --> 00:27:29,840
この時点で、あなたのスコアは非常にではありません
良いので、あなたにも続けるかもしれません。

586
00:27:29,840 --> 00:27:32,870

587
00:27:32,870 --> 00:27:33,370
3。

588
00:27:33,370 --> 00:27:38,570

589
00:27:38,570 --> 00:27:39,802
進んでください。

590
00:27:39,802 --> 00:27:42,510
率直に言って、私は助けることは不思議ではないことができ
何をしても考えている。

591
00:27:42,510 --> 00:27:44,990
>> ショーン:私は一番上の行から取ることができます。

592
00:27:44,990 --> 00:27:46,240
DAVIDマラン:唯一の一番上の行。

593
00:27:46,240 --> 00:27:47,281
だから、3左を持っている。

594
00:27:47,281 --> 00:27:48,310
だから私7見つける。

595
00:27:48,310 --> 00:27:54,758

596
00:27:54,758 --> 00:27:59,141
>> [観客は提案を叫ぶ]

597
00:27:59,141 --> 00:28:22,210

598
00:28:22,210 --> 00:28:26,130
だから、それらの両方が驚くべきだった
非常に異なった理由のために。

599
00:28:26,130 --> 00:28:29,150
だから、これはどこに私たち
先ほど中断し、

600
00:28:29,150 --> 00:28:32,530
そしてここで重要な洞察力
これらのドアは番号を有していた

601
00:28:32,530 --> 00:28:37,390
その背後に、理想的に分類したもの
あなたができることであるためにお持ち帰り

602
00:28:37,390 --> 00:28:39,670
根本的に、より良い
この第二のexample--

603
00:28:39,670 --> 00:28:42,380
そして、確かに、それはショーンのだった
乱数で最初の試み

604
00:28:42,380 --> 00:28:45,460
とすぐに同じようにbefore--が、
これらの番号がソートされているように、

605
00:28:45,460 --> 00:28:47,980
電話帳のような多く、
あなたは明らかに何ができますか?

606
00:28:47,980 --> 00:28:50,090
またはどのようにあなたはその知識を活用することができますか?

607
00:28:50,090 --> 00:28:51,530
うん。

608
00:28:51,530 --> 00:28:54,910
>> 聴衆:あなたは[聞こえない]途中で行く。

609
00:28:54,910 --> 00:28:55,660
DAVIDマラン:うん。

610
00:28:55,660 --> 00:28:56,160
その通り。

611
00:28:56,160 --> 00:28:59,680
だから、アジャイの初期本能だった
今思い出すと、両端をチェックする、

612
00:28:59,680 --> 00:29:02,320
そして、私たちは、ソートの仕上がり
すぐに例。

613
00:29:02,320 --> 00:29:05,220
しかし、私たちはこれより多くのことを行うために開始した場合
念入りにそれらの線に沿って、

614
00:29:05,220 --> 00:29:07,860
しかし中におそらく始まる
真ん中、彼らはソートしているので、

615
00:29:07,860 --> 00:29:10,900
とすぐに私たちが明らかにしたよう
数16、したがって、私たちknow--

616
00:29:10,900 --> 00:29:14,850
との私たちthat--正確にやらせる
従って、今日の場合には、その50を知っている、

617
00:29:14,850 --> 00:29:16,080
右になるように持っている。

618
00:29:16,080 --> 00:29:18,735
だから様、0週目における
私たちは半分に電話帳を引き裂いた

619
00:29:18,735 --> 00:29:21,490
との半分を投げた
問題離れて、ここに同じ考え。

620
00:29:21,490 --> 00:29:23,680
私たちは、この半分を投げることができる
問題の離れ。

621
00:29:23,680 --> 00:29:25,730
そして、おそらく何
アルゴリズム的に行う可能性があり、

622
00:29:25,730 --> 00:29:28,710
あなたは50でなければならないことを知っていたら、
右側に、それはどこでもだ場合、

623
00:29:28,710 --> 00:29:31,390
真ん中に、そこに試している
残りのドア。

624
00:29:31,390 --> 00:29:33,450
もちろん、50はより高い
42よりも、私たちはすることができます

625
00:29:33,450 --> 00:29:36,060
この残りを投げる
問題の四分の一の距離、

626
00:29:36,060 --> 00:29:38,510
そして、最後に、同定
50のようなもの。

627
00:29:38,510 --> 00:29:41,050
しかし、単にと同様
電話帳、これらの数字

628
00:29:41,050 --> 00:29:44,560
すでに私たちに与えられた
ソート順、私たちを残し

629
00:29:44,560 --> 00:29:47,450
あなたがどの​​ように疑問を持つ
ソートされた順序に事を得る?

630
00:29:47,450 --> 00:29:49,640
そして、率直に言って、どのようなコストで?

631
00:29:49,640 --> 00:29:51,390
それはあることが一つのことだ
電話帳を手渡した

632
00:29:51,390 --> 00:29:54,810
してから見つけることによってあなたの友人を感心
本当にすぐに電話番号、右?

633
00:29:54,810 --> 00:29:58,520
見つけて32ページを引き裂く
40億のページのうち一人、

634
00:29:58,520 --> 00:30:00,470
私たちは極端な例であると述べた。

635
00:30:00,470 --> 00:30:03,320
しかし、それはどのくらいの時間がかかりました
Verizonは、その電話帳をソートするには?

636
00:30:03,320 --> 00:30:06,170
どのくらいの時間、それは私たちを取るんでした
これらの7つの数字を並べ替えるには?

637
00:30:06,170 --> 00:30:10,110
それが私たちがした質問です
これまで完全に無視。

638
00:30:10,110 --> 00:30:12,330
>> それでは、今、この質問に答えてみましょう。

639
00:30:12,330 --> 00:30:15,920
そして、私たちは、今、すべての映画の外出
私たちは、いくつかのストレスボールを持っている。

640
00:30:15,920 --> 00:30:19,480
たとえば、もし、8人のボランティア
ここに私たちを結ぶ気にしないだろう?

641
00:30:19,480 --> 00:30:24,100
それでは先に行くとしましょう​​、方法について
あなたの4、ここでの3?

642
00:30:24,100 --> 00:30:25,290
いくつかの新しい顔を取得します。

643
00:30:25,290 --> 00:30:27,220
そして、そこには4?

644
00:30:27,220 --> 00:30:30,760
そしてhere--しないバイアスしてみましょうとnow--
ここで端のオーバー数8。

645
00:30:30,760 --> 00:30:32,060
アップさあ。

646
00:30:32,060 --> 00:30:32,560
かしこまりました。

647
00:30:32,560 --> 00:30:37,480
だから、私たちがここに持っているもの
あなたのそれぞれは数値です。

648
00:30:37,480 --> 00:30:40,055
あなたが行きたい場合は
先に、この数値を取る。

649
00:30:40,055 --> 00:30:40,763
あなたの名前は?

650
00:30:40,763 --> 00:30:41,950
>> ARTIE:アーティ。

651
00:30:41,950 --> 00:30:43,100
>> DAVIDマラン:アーティ、大丈夫。

652
00:30:43,100 --> 00:30:44,297
あなたが1番だ。

653
00:30:44,297 --> 00:30:45,310
>> AMIN:アミン。

654
00:30:45,310 --> 00:30:46,060
DAVIDマラン:アミン。

655
00:30:46,060 --> 00:30:46,820
デビッド。

656
00:30:46,820 --> 00:30:47,530
あなたはナンバー2だ。

657
00:30:47,530 --> 00:30:49,100
そして、私の手のように、先に行く
あなた用紙、

658
00:30:49,100 --> 00:30:52,130
音楽の前で自分をラインアップ
そこに同じ順序で立っている。

659
00:30:52,130 --> 00:30:52,660
>> ANDY:こんにちは、アンディ。

660
00:30:52,660 --> 00:30:53,970
>> DAVIDマラン:アンディ、それはあなたを見てうれしいです。

661
00:30:53,970 --> 00:30:54,520
ナンバー3。

662
00:30:54,520 --> 00:30:55,310
>> JACOB:ジェイコブ。

663
00:30:55,310 --> 00:30:56,760
>> DAVIDマラン:ヤコブ、番号4。

664
00:30:56,760 --> 00:30:57,549
ご搭乗ありがとうございます。

665
00:30:57,549 --> 00:30:58,090
GRANT:グラント。

666
00:30:58,090 --> 00:30:58,881
DAVIDマラン:グラント。

667
00:30:58,881 --> 00:31:00,348
番号5。

668
00:31:00,348 --> 00:31:01,200
>> アラナ:アラナ。

669
00:31:01,200 --> 00:31:02,766
>> DAVIDマラン:アラナ、番号6。

670
00:31:02,766 --> 00:31:03,589
>> FRANCES:フランシス。

671
00:31:03,589 --> 00:31:04,880
DAVIDマラン:フランシス、7番。

672
00:31:04,880 --> 00:31:05,200
と?

673
00:31:05,200 --> 00:31:05,830
>> レイチェル:レイチェル。

674
00:31:05,830 --> 00:31:06,815
>> DAVIDマラン:レイチェル、8番。

675
00:31:06,815 --> 00:31:07,100
かしこまりました。

676
00:31:07,100 --> 00:31:08,766
先に行くと、この順序で自分自身を取得。

677
00:31:08,766 --> 00:31:11,440
私は残りの1を入れてみましょう
音楽は場所に立つ。

678
00:31:11,440 --> 00:31:13,670
どこでスタンドが必要なのですか?

679
00:31:13,670 --> 00:31:14,170
[OK]をクリックします。

680
00:31:14,170 --> 00:31:18,710
先に行くとちょうどあなたの数字を入れて
観客はそれらを見ることができ、

681
00:31:18,710 --> 00:31:20,340
音楽は外側を向く立つ。

682
00:31:20,340 --> 00:31:27,240
うまくいけば、私たちの最初の
健全性チェックhere-- 4,2、6。

683
00:31:27,240 --> 00:31:27,890
ああ、ああ。

684
00:31:27,890 --> 00:31:29,070
ちょっと待ってください。

685
00:31:29,070 --> 00:31:31,140
私たちは、8を持っていません。

686
00:31:31,140 --> 00:31:35,180
私はからあなたを立ち退かする必要がある
何とか例。

687
00:31:35,180 --> 00:31:35,680
いいえ

688
00:31:35,680 --> 00:31:36,940
いいえ、それはOKです。

689
00:31:36,940 --> 00:31:37,890
見てみましょう。

690
00:31:37,890 --> 00:31:38,880
私たちは、これを行うことができます。

691
00:31:38,880 --> 00:31:39,440
スタンバイ。

692
00:31:39,440 --> 00:31:43,970

693
00:31:43,970 --> 00:31:45,740
そうしよう。

694
00:31:45,740 --> 00:31:46,800
正しい。

695
00:31:46,800 --> 00:31:47,360
かしこまりました。

696
00:31:47,360 --> 00:31:50,260
だから、今私たちは8,1、3〜7、5を持っている。

697
00:31:50,260 --> 00:31:50,760
[OK]をクリックします。

698
00:31:50,760 --> 00:31:51,360
優秀。

699
00:31:51,360 --> 00:31:54,400
>> だから手元に疑問がでている
どのコスト、およびどのような方法を経由して、

700
00:31:54,400 --> 00:31:58,580
私たちは実際に、ここでこれらの数値を並べ替えることができます
私たちは親切の後方に働くことができるように、

701
00:31:58,580 --> 00:32:02,759
最終的に、そしてdecide--それは本当にある
印象的な、それは本当に効率的である、

702
00:32:02,759 --> 00:32:04,550
私が分裂することができることと
電話帳を征服?

703
00:32:04,550 --> 00:32:06,716
その本当に効率的です
私は分割し、征服することができます

704
00:32:06,716 --> 00:32:08,600
これらのデジタル作品
ボード上の紙、

705
00:32:08,600 --> 00:32:14,500
多分それは私達にコストになるだろう場合は、
時間やエネルギーやCPUサイクルで占い

706
00:32:14,500 --> 00:32:17,340
実際に私たちのデータを取得する
いくつかのソートされた順番に?

707
00:32:17,340 --> 00:32:18,930
それでは、その質問をしましょう​​。

708
00:32:18,930 --> 00:32:22,077
>> したがって、最初のオフ、これらの数字は、
かなりランダムな順序で、

709
00:32:22,077 --> 00:32:24,160
と私は提案するつもりです
つのアルゴリズム、またはプロセス

710
00:32:24,160 --> 00:32:25,970
それによって、私たちは、これらの人たちを並べ替えることができます。

711
00:32:25,970 --> 00:32:28,100
私はアプローチするつもりです
これはかなり単純に。

712
00:32:28,100 --> 00:32:30,730
そして、私は認識するつもりです
それは私のためにたくさんのようなものだという

713
00:32:30,730 --> 00:32:32,890
まわりで私の心をラップする
全データを一度に設定してください。

714
00:32:32,890 --> 00:32:33,640
しかし、あなたは何を知っていますか?

715
00:32:33,640 --> 00:32:37,450
私はいくつかをするつもりだ
非常にシンプルな限界の修正。

716
00:32:37,450 --> 00:32:41,152
場合4および図2は、順不同である
目標は、最大8に1から行くことです。

717
00:32:41,152 --> 00:32:41,860
それで、あなたは何を知っていますか?

718
00:32:41,860 --> 00:32:43,776
私はあなたを持っているつもりです
あなたが切り替えるとみんな、スワップ

719
00:32:43,776 --> 00:32:46,380
物理的な位置と
紙のあなたの作品。

720
00:32:46,380 --> 00:32:47,894
今、図4及び図6に、これらは順序である。

721
00:32:47,894 --> 00:32:49,060
私はそれらのことを残すつもりです。

722
00:32:49,060 --> 00:32:50,227
図6及び図8に示すように、それらが順序である。

723
00:32:50,227 --> 00:32:51,185
あること、それらを残して行く。

724
00:32:51,185 --> 00:32:52,170
順不同8 AND1、。

725
00:32:52,170 --> 00:32:54,790
次の2つのスワップを気にしないだろう場合は。

726
00:32:54,790 --> 00:32:57,300
今、8および図3に示すように、君たちは入れ替えることができれば。

727
00:32:57,300 --> 00:32:59,320
8,7、君たちは入れ替えることができれば。

728
00:32:59,320 --> 00:33:01,790
そして8および図5に示すように、君たちは入れ替えることができれば。

729
00:33:01,790 --> 00:33:03,980
>> 今、私は行っています?

730
00:33:03,980 --> 00:33:05,200
いや、明らかではない。

731
00:33:05,200 --> 00:33:07,880
しかし、私が作った
より良い状況、右か?

732
00:33:07,880 --> 00:33:09,430
8番、もう一度お名前は何でしたか?

733
00:33:09,430 --> 00:33:10,055
>> レイチェル:レイチェル。

734
00:33:10,055 --> 00:33:12,850
DAVIDマラン:だからレイチェルが持っている
効果的にかなり遠くまで泡立て、

735
00:33:12,850 --> 00:33:15,660
の最後にすべての方法
ここで数字の私の配列。

736
00:33:15,660 --> 00:33:17,310
そしてその結果、問題は解決の一種である。

737
00:33:17,310 --> 00:33:21,670
さて、明らかに、2はまだする必要があります
少し移動し、4と6と1。

738
00:33:21,670 --> 00:33:24,420
しかし、私は得ているように見える
ソリューションにもう少し近く。

739
00:33:24,420 --> 00:33:26,790
それでは、この同じを適用できます
再びナイーブヒューリスティック。

740
00:33:26,790 --> 00:33:27,690
2及び図4に示すように、[OK]をクリックします。

741
00:33:27,690 --> 00:33:28,810
4および図6に示すように、[OK]をクリックします。

742
00:33:28,810 --> 00:33:29,930
6、1、MM-mmである。

743
00:33:29,930 --> 00:33:32,230
のスワップをしてみましょう。

744
00:33:32,230 --> 00:33:33,200
6と3、MM-mmである。

745
00:33:33,200 --> 00:33:34,420
のスワップをしてみましょう。

746
00:33:34,420 --> 00:33:35,580
図6、図7はOKです。

747
00:33:35,580 --> 00:33:36,590
7,5、いや。

748
00:33:36,590 --> 00:33:37,790
のスワップをしてみましょう。

749
00:33:37,790 --> 00:33:38,470
そして今、7と8。

750
00:33:38,470 --> 00:33:39,862
そして、あなたの名前が再び何ですか?

751
00:33:39,862 --> 00:33:40,570
FRANCES:フランシス。

752
00:33:40,570 --> 00:33:41,445
DAVIDマラン:フランシス。

753
00:33:41,445 --> 00:33:44,230
だから今フランシスはさらに良いです
位置、今7と8理由

754
00:33:44,230 --> 00:33:46,440
正しく頂上まで泡立てている。

755
00:33:46,440 --> 00:33:47,510
だから2及び図4に示すように、[OK]をクリックします。

756
00:33:47,510 --> 00:33:48,720
4と1、交換しよう。

757
00:33:48,720 --> 00:33:50,410
4,3、交換しよう。

758
00:33:50,410 --> 00:33:51,550
4と6、あなたは大丈夫。

759
00:33:51,550 --> 00:33:53,340
6,5、交​​換しよう。

760
00:33:53,340 --> 00:33:54,590
そして今、それらの人が良いです。

761
00:33:54,590 --> 00:33:55,780
私たちはほとんどがしています。

762
00:33:55,780 --> 00:33:57,706
2と1、順不同で、そのように交換します。

763
00:33:57,706 --> 00:33:59,080
そして今、私は健全性チェックを行うことができます。

764
00:33:59,080 --> 00:34:03,080
2及び3,3及び4,4及び
5,5及び6,6及び7,8。

765
00:34:03,080 --> 00:34:05,060
[OK]を、私たちは完了です。

766
00:34:05,060 --> 00:34:09,310
>> しかし、どのようなコストで私でした
ここでこれらの数字を並べ替える?

767
00:34:09,310 --> 00:34:13,960
さて、どのように多くの手順は、潜在的に私をしました
これらの人たちをソートするとき取る?

768
00:34:13,960 --> 00:34:15,710
さて、私たちは戻ってその質問へ来る。

769
00:34:15,710 --> 00:34:18,030
しかし、率直に言って、あなたが得た場合
それはだ、少し退屈

770
00:34:18,030 --> 00:34:22,270
これではなかったという点で明らかにするようなもの
多分、最も効率的なアルゴリズム。

771
00:34:22,270 --> 00:34:25,230
そして実際、率直に言って、私は汗をかいています
すべてのより多くの前後に歩く。

772
00:34:25,230 --> 00:34:26,639
つまり、特に効率感じませんでした。

773
00:34:26,639 --> 00:34:27,805
それでは、何か他のものを試してみましょう。

774
00:34:27,805 --> 00:34:31,870
君たちはリセットができれば
これらの8つの値に簡単です。

775
00:34:31,870 --> 00:34:32,969
よくできました。

776
00:34:32,969 --> 00:34:36,570
>> ちょうどのために、デジタル的に見てみましょう
私たちが何かをしようとする前に一瞬、

777
00:34:36,570 --> 00:34:38,179
ちょうど何が起こったかで。

778
00:34:38,179 --> 00:34:41,330
ここまでは、次のように表示しようとしている
これらの8つの人間の視覚化

779
00:34:41,330 --> 00:34:44,719
これにより、青と赤
バーは、数を表す。

780
00:34:44,719 --> 00:34:46,670
背の高いバー、
数より大きい。

781
00:34:46,670 --> 00:34:48,510
バーが短いほど、
数が小さい。

782
00:34:48,510 --> 00:34:51,560
そして、何を見に行くているのはである
そのうちの8よりもランダムな順序。

783
00:34:51,560 --> 00:34:55,830
あなたは、これらのバーを参照してくださいとしている
その同じアルゴリズムでソートさばかり、

784
00:34:55,830 --> 00:34:59,890
あるいは、説明書のセットを
私たちは、バブルソート以後呼ぶことにします。

785
00:34:59,890 --> 00:35:04,000
だから、第二またはので、すべて、気付く
二つのバーは、赤で点灯している

786
00:35:04,000 --> 00:35:05,590
コンピュータによって比較されている。

787
00:35:05,590 --> 00:35:08,630
そして、もし大きなバーと
小さなバーは、順不同です

788
00:35:08,630 --> 00:35:11,220
彼らは私のために交換されている。

789
00:35:11,220 --> 00:35:15,120
>> さて、これは信じられないほど退屈です
確かに、これを見て、

790
00:35:15,120 --> 00:35:18,630
非常に長いために、しかし気付く
、右に移動する大きな棒をtakeaway--

791
00:35:18,630 --> 00:35:20,460
左に移動する小さなバー。

792
00:35:20,460 --> 00:35:23,380
では、このプロセスを中断しましょう
これをスピードアップ

793
00:35:23,380 --> 00:35:27,330
はるかに高速であるので、缶に
何の高レベルの感覚を得る、

794
00:35:27,330 --> 00:35:29,970
確かに、バブルソートをやっている。

795
00:35:29,970 --> 00:35:33,150
実際、最大バブリングだ
リストの右側に、

796
00:35:33,150 --> 00:35:35,260
または配列、大きなバー。

797
00:35:35,260 --> 00:35:40,020
逆に、小さなバーがある
ダウン左に自分の道をバブリング、

798
00:35:40,020 --> 00:35:42,950
速いペースではあるが
私たちは以前と比べて。

799
00:35:42,950 --> 00:35:45,850
だから、人間と見ることが難しく、
しかし、視覚的にそれは確かに何

800
00:35:45,850 --> 00:35:46,540
起こっていた。

801
00:35:46,540 --> 00:35:49,110
>> しかし、ここでは基本的に試してみましょう
異なるアプローチになりました。

802
00:35:49,110 --> 00:35:52,387
それでは別のを試してみましょう
私たちはあなたを持っていることによって、アルゴリズム

803
00:35:52,387 --> 00:35:59,640
人はこれらのオリジナルでスタート
この順序がここにいた位置。

804
00:35:59,640 --> 00:36:00,827
そして今度は、先に行きましょう。

805
00:36:00,827 --> 00:36:02,910
そして、私は何かをするつもりだ
さらに簡単な、右か?

806
00:36:02,910 --> 00:36:06,710
振り返ってみると、再びペアワイズスワッピング
そして再び、ほとんど少し賢い。

807
00:36:06,710 --> 00:36:10,460
さんはもっと単純に物事をやってみましょう、
どこに私はこれらの人たちをソートする場合、

808
00:36:10,460 --> 00:36:12,560
私は見ているだけキープしましょう
最小の要素のために。

809
00:36:12,560 --> 00:36:14,570
だから今は、4です
私が見てきた最小数。

810
00:36:14,570 --> 00:36:15,695
私はそれを覚えているつもりです。

811
00:36:15,695 --> 00:36:17,750
いいえ、2が優れている、それを覚えています。

812
00:36:17,750 --> 00:36:20,730
図1はさらに小さい。

813
00:36:20,730 --> 00:36:21,970
3、7、5。

814
00:36:21,970 --> 00:36:22,470
[OK]をクリックします。

815
00:36:22,470 --> 00:36:23,750
選ぶ - あなたの名前は再び何ですか?

816
00:36:23,750 --> 00:36:24,400
>> ARTIE:アーティ。

817
00:36:24,400 --> 00:36:24,610
>> DAVIDマラン:アーティ。

818
00:36:24,610 --> 00:36:25,460
だから、アーティは、先に行く。

819
00:36:25,460 --> 00:36:27,043
私はラインのあなたを引っ張るつもりです。

820
00:36:27,043 --> 00:36:28,400
あなたがここに戻ってくることができれば。

821
00:36:28,400 --> 00:36:30,790
そして、私は彼のためにスペースを作る必要があります。

822
00:36:30,790 --> 00:36:32,040
ここでは決定点を持っている。

823
00:36:32,040 --> 00:36:36,000
どうやってここにアーティための余地を作るかもしれない
数字の1が所属先頭に?

824
00:36:36,000 --> 00:36:36,770
>> 聴衆:シフト。

825
00:36:36,770 --> 00:36:38,950
>> DAVIDマラン:OK、私たち
皆をシフトできた。

826
00:36:38,950 --> 00:36:40,860
しかし、最適化を提案する。

827
00:36:40,860 --> 00:36:43,410
それはちょっと迷惑な感じ
私は4人に依頼するための

828
00:36:43,410 --> 00:36:44,620
すべての方法を下に移動します。

829
00:36:44,620 --> 00:36:45,520
私は他に何ができますか?

830
00:36:45,520 --> 00:36:46,360
>> 聴衆:それらを切り替えます。

831
00:36:46,360 --> 00:36:46,850
>> DAVIDマラン:それらを切り替えます。

832
00:36:46,850 --> 00:36:47,900
そして、あなたの名前が再び何ですか?

833
00:36:47,900 --> 00:36:48,441
>> JACOB:ジェイコブ。

834
00:36:48,441 --> 00:36:50,330
DAVIDマラン:ヤコブは、移動します。

835
00:36:50,330 --> 00:36:54,440
はるかに効率的なだけで持っている
アーティとジェイコブスワップの場所、

836
00:36:54,440 --> 00:36:56,710
強制とは対照的に、
これらの人たちの4つのすべての、

837
00:36:56,710 --> 00:36:58,734
に、どうもありがとうございました
それらの正しい位置。

838
00:36:58,734 --> 00:37:01,150
今何アーティ約うれしいです、
彼は正しい位置にあります。

839
00:37:01,150 --> 00:37:02,060
それでは、もう一度、これをやってみましょう。

840
00:37:02,060 --> 00:37:03,730
2、それは私が見てきた最小数です。

841
00:37:03,730 --> 00:37:05,690
3、7、5。

842
00:37:05,690 --> 00:37:06,190
[OK]をクリックします。

843
00:37:06,190 --> 00:37:07,467
2は間違いなく最も小さい。

844
00:37:07,467 --> 00:37:08,550
すべての作業を行う必要はありません。

845
00:37:08,550 --> 00:37:09,320
それでは、もう一度それをやってみましょう。

846
00:37:09,320 --> 00:37:10,070
6。

847
00:37:10,070 --> 00:37:10,640
最小?

848
00:37:10,640 --> 00:37:11,140
8。

849
00:37:11,140 --> 00:37:11,590
いや。

850
00:37:11,590 --> 00:37:11,720
4?

851
00:37:11,720 --> 00:37:12,220
ああ。

852
00:37:12,220 --> 00:37:13,420
私は4を覚えてみましょう。

853
00:37:13,420 --> 00:37:13,950
3。

854
00:37:13,950 --> 00:37:15,110
私は3を覚えてみましょう。

855
00:37:15,110 --> 00:37:16,080
7,5。

856
00:37:16,080 --> 00:37:18,490
私がした最小数
このパスで見は3です。

857
00:37:18,490 --> 00:37:20,340
あなたが出来ると思います。

858
00:37:20,340 --> 00:37:21,986
どこであなたを置くつもりですか?

859
00:37:21,986 --> 00:37:22,860
そして、あなたの名前は何ですか?

860
00:37:22,860 --> 00:37:23,530
>> アラナ:アラナ。

861
00:37:23,530 --> 00:37:25,780
>> DAVIDマラン:アラナ、私たちはしている
あなたを立ち退かしているつもり。

862
00:37:25,780 --> 00:37:28,670
しかし、それは、より効率的である
2人だけを交換するために、

863
00:37:28,670 --> 00:37:31,850
複数の人を持っているよりも、
実際にオーバー回避する。

864
00:37:31,850 --> 00:37:32,850
それでは、もう一度これをやらせる。

865
00:37:32,850 --> 00:37:34,980
私は4を選択し、そのように出来るつもりです。

866
00:37:34,980 --> 00:37:36,540
誰が移動するために起こっているの?

867
00:37:36,540 --> 00:37:37,750
もちろん、数字の8、。

868
00:37:37,750 --> 00:37:40,260
私は今、5番を見つけた場合は、出来る。

869
00:37:40,260 --> 00:37:42,104
ナンバー8は再び追い出さを取得するつもりだ。

870
00:37:42,104 --> 00:37:43,770
私は今場所で6番を見つけるつもりです。

871
00:37:43,770 --> 00:37:44,410
代わりに7。

872
00:37:44,410 --> 00:37:45,080
代わりに8。

873
00:37:45,080 --> 00:37:48,590
>> 私たちが今やったことある
選択ソートと呼ばれるもの、

874
00:37:48,590 --> 00:37:52,560
私たちはこれを視覚化した場合と、それはだ
ちょっと違う感じだろう。

875
00:37:52,560 --> 00:37:56,800
それでは先に行こうと、これから
ここではメニュー、このvisualization--

876
00:37:56,800 --> 00:38:02,920
それでは、Firefoxを是非to--これを変更してみましょう。

877
00:38:02,920 --> 00:38:07,610
それでは選択ソートにこれを変更してみましょう。

878
00:38:07,610 --> 00:38:11,830
そして、それでは前と同じように、それをスピードアップさせ、
そして今可視化を開始します。

879
00:38:11,830 --> 00:38:13,990
そして、このアルゴリズムはあります
それとは異なる感触。

880
00:38:13,990 --> 00:38:16,480
各反復では、率直に言って、
それはさらに簡単です。

881
00:38:16,480 --> 00:38:18,385
私は最小の要素を選択することだ。

882
00:38:18,385 --> 00:38:21,510
今、率直に言って、私はその小さな幸運
時間、という点では、超高速にソート。

883
00:38:21,510 --> 00:38:22,660
要素がランダムであった。

884
00:38:22,660 --> 00:38:25,520
私たちは最終的にはよようにそれは、ありません
基本的に速く、ご覧ください。

885
00:38:25,520 --> 00:38:29,400
しかし、ここで3番目と最後を見てみましょう
何が起こっているのかを、ここでアプローチする。

886
00:38:29,400 --> 00:38:36,230
それでは、先に行くとあなたたちをリセットしてみましょう
最後に1回はここで、この順になるように。

887
00:38:36,230 --> 00:38:38,450
>> そして今、私はするつもりだ
もう少し賢いこと、

888
00:38:38,450 --> 00:38:40,220
ちょうど私たちのアルゴリズムを完成します。

889
00:38:40,220 --> 00:38:41,230
私はこれを行うつもりです。

890
00:38:41,230 --> 00:38:43,140
私は行かないつもりです
前後にそんなに。

891
00:38:43,140 --> 00:38:44,900
率直に言って、私は疲れている
このすべてトラバース。

892
00:38:44,900 --> 00:38:47,691
私はちょうど私がものを取るつもりだ
リストの最初に与えられた、

893
00:38:47,691 --> 00:38:49,460
と私はソートするつもりです
その場で、その。

894
00:38:49,460 --> 00:38:50,140
そこでここでは、ある。

895
00:38:50,140 --> 00:38:51,030
番号4。

896
00:38:51,030 --> 00:38:53,680
私は番号を挿入するつもりです
ソートされたリストに4。

897
00:38:53,680 --> 00:38:54,180
完了。

898
00:38:54,180 --> 00:38:58,300
私は今主張し、ちょうどこの多くを作るために
明確な、私のリストのこの部分がソートされます。

899
00:38:58,300 --> 00:39:02,610
それは確かに愚かな主張のようなものだが、
4は、サイズ1のリストにソートされます。

900
00:39:02,610 --> 00:39:04,210
今、私は2番を取るつもりです。

901
00:39:04,210 --> 00:39:07,670
ナンバー2は、私は今に行くよ
適切な場所に挿入する。

902
00:39:07,670 --> 00:39:08,680
だからここで図2は、属しているのでしょうか?

903
00:39:08,680 --> 00:39:09,824
明らかに、こっちに。

904
00:39:09,824 --> 00:39:11,490
だから先に行くと、あなたは可能性があれば、戻って移動。

905
00:39:11,490 --> 00:39:14,406
そして、なぜあなたたちはただ取ることはありません
あなたの音楽はあなたと、この時間を立っている。

906
00:39:14,406 --> 00:39:17,020
そして、強制的にしてみましょうあなたを挿入
リストの先頭に。

907
00:39:17,020 --> 00:39:17,936
だから、もう少し作業。

908
00:39:17,936 --> 00:39:20,890
私の周りヤコブを移動しなければならなかった、
そしてあなたの名前は何ですか?

909
00:39:20,890 --> 00:39:21,420
>> AMIN:アミン。

910
00:39:21,420 --> 00:39:22,270
>> DAVIDマラン:アミン。

911
00:39:22,270 --> 00:39:24,350
しかし、少なくとも、私は前後に行きませんでした。

912
00:39:24,350 --> 00:39:25,739
私が行くように私は物事を取っている。

913
00:39:25,739 --> 00:39:27,530
私はそれらを挿入しています
適切な場所にある。

914
00:39:27,530 --> 00:39:29,220
図6に示すように、これは実際には非常に簡単です。

915
00:39:29,220 --> 00:39:31,510
あなたがいる場合のは、あそこにあなたを挿入してみましょう
少しだけ上に移動したかった。

916
00:39:31,510 --> 00:39:32,870
数字の8、また非常に簡単。

917
00:39:32,870 --> 00:39:33,741
右あそこ。

918
00:39:33,741 --> 00:39:34,240
ちくしょう。

919
00:39:34,240 --> 00:39:37,590
ナンバー1私達はできないだけで
ここではアミンとのスワップ、

920
00:39:37,590 --> 00:39:39,340
それが起こっているので、
台無し次まで。

921
00:39:39,340 --> 00:39:40,660
だから私たちはもう少し賢い必要があります。

922
00:39:40,660 --> 00:39:42,770
だから、アーティ、あなたができれば
一瞬にバックアップします。

923
00:39:42,770 --> 00:39:46,550
それでは先に行くと、今シフトしましょう​​、
これまでのアルゴリズムとは異なり、

924
00:39:46,550 --> 00:39:50,910
アーティの余地を作るために
右ここ先頭に。

925
00:39:50,910 --> 00:39:54,690
だから、一日の終わりに、私は一種の私
私が前に避けたいことやって。

926
00:39:54,690 --> 00:39:57,770
だから、私のアルゴリズムでは、ソートされ
の、知的に、逆に

927
00:39:57,770 --> 00:39:59,070
それは、もともとあったものから。

928
00:39:59,070 --> 00:40:01,240
私はちょうどシフトをやってる
別のポイントで。

929
00:40:01,240 --> 00:40:02,291
今私は3にいる。

930
00:40:02,291 --> 00:40:02,790
いまいましい、ああ。

931
00:40:02,790 --> 00:40:04,039
私たちは、再び多くの作業を行う必要があります。

932
00:40:04,039 --> 00:40:05,060
それでは、あなたを押し出してみましょう。

933
00:40:05,060 --> 00:40:09,360
OH  - ああ4--、6、の8を動かしてみようと
図3は、すぐそこに行くつもりされている。

934
00:40:09,360 --> 00:40:11,490
だから、少なくとも若干の節約今回。

935
00:40:11,490 --> 00:40:13,100
7、あまりにも多くの仕事を行うことができます。

936
00:40:13,100 --> 00:40:15,370
あなたがポップしたいのであれば
背中のはあなたを挿入してみましょう。

937
00:40:15,370 --> 00:40:17,440
そして最後に、5、よろしければ
バックポップしたい、私たち

938
00:40:17,440 --> 00:40:22,610
あなたをシフトする必要がある、あなた、
5時までには、所定の位置にある。

939
00:40:22,610 --> 00:40:25,670
>> だから今でこれを見るために
グラフィカルにハイレベル、

940
00:40:25,670 --> 00:40:31,080
それでは、このアルゴリズムをやらせる
ビジュアつの追加の時間。

941
00:40:31,080 --> 00:40:33,580
だから、これは私たちは挿入​​ソートを呼び出すものとします。

942
00:40:33,580 --> 00:40:37,700
私たちは、同じようにそれを実行しよう
高速で、ここでそれを起動してください。

943
00:40:37,700 --> 00:40:39,580
そして、それは、あまりにも、別の感じを持っています。

944
00:40:39,580 --> 00:40:42,180
これは、一種の良くなってきたと
より良いが、それは完璧ということはない

945
00:40:42,180 --> 00:40:44,630
私はで行くと、これらのギャップを滑らかになるまで。

946
00:40:44,630 --> 00:40:47,860
ので、もう一度、私は取っているもの
私は右に左から与えられています。

947
00:40:47,860 --> 00:40:50,350
だから私はそれほど幸運で取得していない
そのすべてが完璧だった。

948
00:40:50,350 --> 00:40:54,190
私たちは、これらの小さなを持っていた理由です
私たちは時間をかけて固定mispositions。

949
00:40:54,190 --> 00:40:58,890
>> だから、これらのアルゴリズムのすべてがいるように見える
わずかに異なるペースで走行。

950
00:40:58,890 --> 00:41:02,030
実際には、これを使用して、と言うだろう
最高やこれまでの最速?

951
00:41:02,030 --> 00:41:03,450
バブルソート、最初の?

952
00:41:03,450 --> 00:41:05,000
選択ソート、第二?

953
00:41:05,000 --> 00:41:08,450
挿入ソート、第三?

954
00:41:08,450 --> 00:41:10,710
私はいくつかの選択ソートを聞く。

955
00:41:10,710 --> 00:41:13,280
その他の考え?

956
00:41:13,280 --> 00:41:16,880
>> だから、ことが判明
これらのアルゴリズムのすべて

957
00:41:16,880 --> 00:41:22,400
として基本的に同じように効率的である
同じように、逆に、各other--か

958
00:41:22,400 --> 00:41:25,980
、互いに同じ非効率
私たちは基本的に行うことができますので、

959
00:41:25,980 --> 00:41:28,120
すべての3つのよりはまし
これらのアルゴリズム。

960
00:41:28,120 --> 00:41:29,990
そして、それはあまりにも、白い嘘のビットです。

961
00:41:29,990 --> 00:41:32,580
私は効率的と言うとき
あるいは非効率的として、

962
00:41:32,580 --> 00:41:35,040
それは、少なくとものためだ
n個の超大型値。

963
00:41:35,040 --> 00:41:38,450
ここではわずか8人を持っている場合、
画面上または多分50かそこらのバー、

964
00:41:38,450 --> 00:41:41,645
あなたは絶対に違いがわかります
これらの3つのアルゴリズムの中で。

965
00:41:41,645 --> 00:41:44,020
しかし、nは、人の数は、
または番号の数、

966
00:41:44,020 --> 00:41:46,350
または電話の人数
ブック、またはWebページの数

967
00:41:46,350 --> 00:41:48,230
Googleのデータベースにある
、どんどん大きくなっ

968
00:41:48,230 --> 00:41:51,650
私たちは、これらの3つのすべてがわかります
アルゴリズムは、実際にはかなり劣る。

969
00:41:51,650 --> 00:41:54,060
そして、私たちは基本的に行うことができます
それよりも優れています。

970
00:41:54,060 --> 00:41:56,830
>> それでは最後に、見てみましょう、
何これらのアルゴリズムはともかくで

971
00:41:56,830 --> 00:41:59,520
のように聞こえる
いくつかの他の状況

972
00:41:59,520 --> 00:42:03,550
同様にこの経由で
ここで可視化

973
00:42:03,550 --> 00:42:06,860
それが私たちをご紹介します
多くのアルゴリズム。

974
00:42:06,860 --> 00:42:10,330
それでは先に行くとお祝いしましょう
ここに私たちの参加者、その全員

975
00:42:10,330 --> 00:42:11,690
非常によく自分自身を選別した。

976
00:42:11,690 --> 00:42:15,124
あなたが別れの贈り物を考えているなら。

977
00:42:15,124 --> 00:42:16,540
あなたにもあなたの番号を維持することができます。

978
00:42:16,540 --> 00:42:19,460

979
00:42:19,460 --> 00:42:22,520
そして、あなたは何が表示されます、
というか、今、聞く

980
00:42:22,520 --> 00:42:25,710
として私たちは音を置くということです
これらのバーのそれぞれに

981
00:42:25,710 --> 00:42:28,660
そして、ソフトウェアに関連付けます
音の異なる周波数、

982
00:42:28,660 --> 00:42:33,970
あなたはより多くのaudiolyあなたの心をラップすることができます
これらのものの何それぞれの周りに

983
00:42:33,970 --> 00:42:34,470
のように見える。

984
00:42:34,470 --> 00:42:39,325
挿入ソートで最初のもの

985
00:42:39,325 --> 00:42:44,275
>> [TONES]

986
00:42:44,275 --> 00:42:47,245

987
00:42:47,245 --> 00:42:49,720
>> これはバブルソートです。

988
00:42:49,720 --> 00:42:54,175
>> [TONES]

989
00:42:54,175 --> 00:43:17,250

990
00:43:17,250 --> 00:43:18,222
>> 選択ソート。

991
00:43:18,222 --> 00:43:22,596
>> [TONES]

992
00:43:22,596 --> 00:43:33,570

993
00:43:33,570 --> 00:43:35,150
>> マージソートと呼ばれるもの。

994
00:43:35,150 --> 00:43:38,140
>> [TONES]

995
00:43:38,140 --> 00:43:49,510

996
00:43:49,510 --> 00:43:51,278
>> Gnomeのソート。

997
00:43:51,278 --> 00:43:56,390
>> [TONES]

998
00:43:56,390 --> 00:44:08,240

999
00:44:08,240 --> 00:44:09,430
>> つまり、CS50はこれで終わりです。

1000
00:44:09,430 --> 00:44:13,360
私たちは、水曜日にお会いします。

1001
00:44:13,360 --> 00:44:16,671
>> ナレーター:そして今、「ディープ
祈るファーナムによる思考」。

1002
00:44:16,671 --> 00:44:19,910

1003
00:44:19,910 --> 00:44:21,590
なぜループのため?

1004
00:44:21,590 --> 00:44:23,200
どうしてそれを改善する?

1005
00:44:23,200 --> 00:44:25,970
私は5ループを作ると思います。

1006
00:44:25,970 --> 00:44:28,720
>> [笑い]